中国の濡れ場がエロい映画おすすめ20選-成人指定あり-

今回の記事では、エロい中国映画のおすすめ20作品を紹介していきます。

中国で放映された、もしくはされている成人指定が入った作品を見た事があるでしょうか。

日本のエロい映画と比較すると、エロさと過激さは中国の方が過激な事が多いです。

予算の関係などもあるとは思いますが、無理にエロを結び付けずに自然な流れでエロが入っている作品が多いので一つの作品としての完成度を高く感じます。

勿論その中で日本の方がエロく、尚且つ過激な物もありますが、決して引けを取らない完成度な事は間違いありません。

しかし、情報が少ないためにスルーしてしまっていることもあると思います。

そこで、本記事ではエロい中国の成人指定の作品で厳選をしたものを紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

【おすすめの濡れ場がエロい中国映画を3つ紹介】

作品名 上映時間 エロさ おすすめ度
ビビアン・スーの桃色天使 100分 ★★★★★ ★★★★★
天安門、恋人たち 140分 ★★★★☆ ★★★★☆
ラスト、コーション 158分 ★★★★☆ ★★★★☆

この記事をまとめると

  • 中国のエロい映画とは何かが分かる
  • 中国のエロい映画のおすすめ一覧を紹介
  • 中国映画の濡れ場を紹介

中国のエロい映画とは?


中国でのエロ映画は、日本のAVやエロ作品と比べクオリティが高い物が多いです。

ただやみくもにエロシーンを入れる様な作りではなく、物語の中に溶け込むようにエロシーンが入っていることが中国映画の特徴。

そのため、過激さが強い作品ほどエロさの過激度が高かったりして、これはAVなのでは?と思ってしまうような作品がとにかく多いです。

劇場で放映するのに、成人指定が入って当然と言える作品が多いのが中国のエロ映画の特徴にもなっています。

中国のエロい映画の特徴と歴史も紹介

中国と言うと時代物の作品が多いイメージがあると思うのですが、実際エロ映画でも時代物の作品は多いです。

しかし、それだけではなく近代的な作品もしっかりと作られているので、普段日本のエロ作品を見ている人でも何の違和感もなく見る事ができるでしょう。

時代物でもそれほど違和感を感じないで見れる作品も多いので、エロを楽しむと言った面で考えてもそれほど気にならないと思います。

中国のエロい映画の特徴


中国でのエロ映画の特徴は、時代物のシェアがそれなりにある事とリアリティがかなりあるということ。

濡れ場など本来ならしていないはずなのにも関わらず、間違いなくやってるでしょ?と言えるほどの表情や動きをしています。

過激すぎる作品がかなり多いので、日本のAVに慣れてしまっている人でも物足りなさを感じる事はありません。

もう一つの大きな特徴は、エロさだけを求めてはいない作品作り。

流れに関係なくエロを入れるのではなく、違和感が無い作品を作っていたらエロがあったと言う内容になっています。

中国のエロい映画の歴史


中国と日本ではエロい映画が意外かもしれませんが、基準に差がかなりあったりします。

日本の方が激しい作品が多いと思われるかも知れません。

ですが、かなりエロい作品でも一般作として扱われる事が多く、日本ではR指定が入ったりする作品が実は多かったりします。

中国のエロ映画のおすすめ比較一覧


これから紹介していくおすすめのエロい中国映画の一覧を表にまとめました。

作品名 対象 エロさ おすすめ度
バストロイド 香港大作戦!! 笑えるエロ好き向け ★★★★☆ ★★★★☆
パリ、ただよう花 物語重視のエロ好き向け ★★★☆☆ ★★★★☆
SEX&禅 往年のAVファン向け ★★★★★ ★★★★☆
一路向西 木崎ジェシカファン向け ★★★★☆ ★★★★★
ロスト・イン・北京 過激なエロが好きな人向け ★★★★☆ ★★★☆☆
二重生活 背徳感のある濡れ場が好きな方向け ★★★☆☆ ★★★☆☆
ラスト、コーション ドSな人向け ★★★★★ ★★★★☆
真説 エロティック・ゴースト・ストーリー劇場版 アクションなどが好きな人向け ★★★★☆ ★★★★★
王妃の紋章 おっぱいが特に好きな人向け ★★★☆☆ ★★★★☆
ビビアン・スーの天使の戯れ 豊満ボディが苦手な人向け ★★★★★ ★★★★★
愛さずにいられない 盛り上がる濡れ場が好きな人向け ★★☆☆☆ ★★★☆☆
軍中楽園 甘い濡れ場が好きな人向け ★★★☆☆ ★★★★☆
禁室培欲 香港情夜 若いおっぱいが好きな人向け ★★★★★ ★★★★☆
スプリング・フィーバー 同姓愛に興味がある人向け ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
ビビアン・スーの桃色天使 可愛い子が好きな人向け ★★★★☆ ★★★★★
金瓶梅 若菜ひかる・上原カエラファン向け ★★★★☆ ★★★★☆
第3の愛 キスが好きな人向け ★★★☆☆ ★★☆☆☆
西瓜 マニアックなエロが好きな方向け ★★★☆☆ ★★★★☆
天安門、恋人たち 濃いエロ作品好き向け ★★★★★ ★★★★☆
ロングデイズ・ジャーニー キスが好きな人向け ★★☆☆☆ ★★★★☆

中国の濡れ場がエロいおすすめ映画のランキング20選を紹介

イメージ

中国でのエロ映画でおすすめのアダルト・エロ映画のランキングを紹介していくのですが、女優の好みや激しさ、そしてエロシーンの数など選ぶポイントは人によって違います。

今回は総合的に判断し、女優の名前やエロシーンの濃さや量などポイントを付けていますので参考にしてみてください。

中国のエロい映画その1.『ビビアン・スーの桃色天使』アジアの妖精のヌード

©︎クロックワークス/ツイン
製作年 1994年
監督 チュー・イェンピン
濡れ場を披露しているキャスト ビビアン・スー
作品時間 100分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★★
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント エロを求めるビビアン・スー

1人の青年が叔父さんの代わりに罪をかぶり服役する事になってしまった。

そこの看守の理不尽な暴力にも我慢をし、耐え抜き彼はようやく出所する事ができました。

出所後、彼は幼馴染のウィニーに再開し、無事に結婚をする事に。しかし彼は過去に何度も受けた虐待経験がトラウマになってしまい、ウィニーとの性行為ができない。

耐える事を沢山してきてようやく幸せを掴む事ができた彼はいったいこの後どうすれば…。

中国映画『ビビアン・スーの桃色天使』の濡れ場を解説

ビビアンスー桃色天使
©︎クロックワークス/ツイン
可愛い乳首のビビアン・スーが濡れ場に

優しいキスから始まり首筋や鎖骨を愛撫するシーンですでに興奮するのでは?

そしてビビアン・スーの服を脱がした瞬間に現れるのは決して大きくないおっぱい。しかし小ぶりでも綺麗なおっぱいはエロさ十分。

見た目は華奢で受け身だけに思わせながらも、気持ちの高まりによって積極的に動くビビアン・スーの姿に大興奮。体型に見合うような小さな声の喘ぎはいけないエロさを醸し出しています。

小さい体に何故か母性を感じながらも攻めているのに、徐々に責められる様になっていく姿を他では見る事はできないエロく興奮する作品です。

中国のエロい映画その2.『ラスト、コーション』スパイでも心を殺せず愛情が

©︎ワイズポリシー
製作年 2007年
監督 アン・リー
濡れ場を披露しているキャスト タン・ウェイ
作品時間 158分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★★
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント SM寄りな濡れ場

物語の舞台は1940年代の上海。その頃日本軍の占領下にあった。

女スパイとして活躍しているワン(タン・ウェイ)は仕事を頼まれる。仕事の内容は大臣の暗殺を計画している青年イー(トニー・レオン)に近づく事。

近づく事に成功し、愛人として事情を重ねる事でワンはあってはならない感情が心に芽生え始める。

イーに対して徐々に孤独を抱えている姿に惹かれていってしまったのだ。

中国映画『ラスト、コーション』の濡れ場を解説

©︎ワイズポリシー
過激なSMの濡れ場に興奮

濡れ場の大半が過激すぎて、AVなのかな?と思える作品です。

エロ作品として限界を超えている様に感じるのですが、そのため興奮するシーンが多数存在します。

特にドSとして作品を見る方にはストライクな濡れ場なので、特におすすめですがそうでない方でもエロさに耐えられれば興奮間違いなし。

ねじ伏せるようなセックスを見る事ができる作品です。

中国のエロい映画その3.『バストロイド 香港大作戦!!』神おっぱいを堪能できる作品

©︎ ゴールデン・ハーベスト
製作年 1991年
監督 ジェイミー・ラク
濡れ場を披露しているキャスト エイミー・イップ
作品時間 94分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★★★
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント 性に目覚めるアンドロイド

中東のとある国で王子が誘拐されてしまう。

その犯人はアンドロイドの計画を作ったのにも関わらず採用されなかった日本人の山本。

山本が作ったアンドロイドに記憶をコピーさせ彼は自殺をしてしまうのだが、このアンドロイドが殺人アンドロイドとしてよみがえる。

このアンドロイドに対抗して女性科学者が王子を誘拐された時に撃たれた女性刑事をアンドロイドとして改造したロボットで対抗していく。

中国映画『バストロイド 香港大作戦!!』の濡れ場を解説

©︎ ゴールデン・ハーベスト
おっぱいをかなり見る事ができる作品

ポロリと言うペースでは無い位簡単におっぱいを見る事ができる作品です。

チラリズムが好きな人にはおすすめできないのですが、大きさや形が良いおっぱいが見れれば良いと言う方にはかなりおすすめ。

何故かロボットとして新たな命を吹き込まれた女性ロボットが、男性に興味を持ち売春婦を経験してみたかったと言うのは中々な発言です。

その結果おとり捜査を名乗り出て、性の喜びを知る所では何とも言えない感覚になりその後に興奮が高まっていきます。

中国のエロい映画その4.『ロスト・イン・北京』ファン・ビンビンのレイプシーンは必見

©︎オリオフィルムズ
製作年 2007年
監督 リー・ユー
濡れ場を披露しているキャスト ファン・ビンビン
作品時間 109分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント 迫力のあるレイプシーン

北京のマッサージ店で働く人妻のピングォは店の社長には結婚している事を内緒にしている。

そんなある日友達の相談を受けお酒も入り、お店で寝てしまう…。

社長がいるのにも関わらず寝てしまい、レイプされるのだがその現場を旦那が目撃していた。

この事もあったのだが、ピングォは妊娠するのだが、旦那はレイプの事を利用し社長を脅す事になる。

実際は自分の子供だが血液型を偽っていたのだった…。

中国映画『ロスト・イン・北京』の濡れ場を解説

©︎オリオフィルムズ
本当にしてるでしょ?と疑う本気の濡れ場

始めのレイプシーンだけではなく、濡れ場を沢山見る事ができるこの作品ですが、やはり一番興奮するのはレイプシーンです。

声を出させないために口をふさぐシーンは本当はしてるの?と疑いたくなるレベルです。

男優も女優のこの表情を見たら間違いなく興奮もするでしょうし、本当にしていても違和感が無い濡れ場になっています。AVの様な濡れ場がある作品ですが、これでエロ映画なのにはびっくりです。

中国のエロい映画その5.『天安門、恋人たち』濡れ場だらけの作品

©︎ ダゲレオ出版
製作年 2006年
監督 ロウ・イエ
濡れ場を披露しているキャスト グオ・シャオドン
作品時間 140分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★★
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント 恋人同士の性の密度

物語の舞台は1987年の中国。北京の大学で出会った余紅(ハオ・レイ)と周偉(グオ・シャオドン)は恋に落ちてしまう。

しかしそれから数年後に世界的に有名な『天安門事件』が起こる事より2人の意思とは関係なく離ればなれになる事に。

そして数年後、2人は再開を果たすのだが、時の経過は残酷な結末を見せる。既に人妻として生活をしていたのだ。しかし、この再開が…

中国映画『天安門、恋人たち』の濡れ場を解説

©︎ ダゲレオ出版
多数の女性の演技をする中、胸が露わに

主演のハオ・レイが照れることなくさらけ出すおっぱいの迫力に興奮を覚えると思いますが、友人役で出演している女優さんもかなり激しい濡れ場やおつぱいを堪能させてくれる作品です。

作中には2人の濡れ場がかなりの時間をしめるため、問題作として世に出たのですが、男性にとってはこういったエロはかなり大切です。

おとなしい中国のエロ作品事情ですが、この作品はかなりエロい興奮できるエロ映画です。

序盤だけを見て物足りなさを感じるかもしれませんが、作品が展開していくほどにエロさが増していきますので安心してください。

中国のエロい映画その6.『禁室培欲 香港情夜』伊藤かなの禁断のヌード

©︎アートポート
製作年 2002年
監督 サム・レオン
濡れ場を披露しているキャスト 伊藤かな
作品時間 96分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント 元ジュニアアイドルのヌード

愛は母と暮らす女子高生で父親は女を作り家を出て、母親は酒におぼれている。孤独な愛は修学旅行で訪れた香港でも一人。

深夜にこっそりとホテルを抜け出し、繁華街を彷徨った後タクシーに乗り込むのだが何故か車は郊外へと向かう…。

到着した一軒家に下され運転手は愛を上に押し込み怒鳴りつけ裸に。まるで家畜の様な扱いをされた後に鎖でつながれ監禁されてしまう。

翌朝愛の失踪に気が付いた担任は香港に残り愛を探すのだが…。

中国映画『禁室培欲 香港情夜』の濡れ場を解説

©︎アートポート
元ジュニアアイドルの伊藤かなヌード

この当時の年齢の場合に日本では問題がある為、香港での発表という事になった作品。

当時17歳だった伊藤かなですが、体も張りがあってこんな体をさらしても良いのかと心とは裏腹に興奮します。

しっかりと乳首が見える濡れ場もあり、エロさに若さが混じっている作品。

濡れ場もしっかりと多めなので安心できます。

中国のエロい映画その7.『真説 エロティック・ゴースト・ストーリー劇場版』エロ過ぎる過激な作品

©︎イメージファクトリー・アイエム
製作年 1992年
監督 ガイ・ライ
濡れ場を披露しているキャスト 陳寶蓮
作品時間 88分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント AVに近い作品

朱仲には婚約者がいたのだがある壁画を見たい瞬間に描かれていた女性に心を奪われてしまう。

彼はどうしてもその描かれた女性に合うために和尚に自分を絵の中に入れてくれと言われ、和尚はとある術を使う事で彼を壁画の中に入れる事に成功。

そして壁画の女性に合うのだが悪人の頭目に使えている事もあり、壁画に侵入した事が分かってしまうと攻撃を受けてしまうのだが、その壁画から脱出する。

壁画に彼女を残したままなのが気になり再度戻ろうとするのだが……。

中国映画『真説 エロティック・ゴースト・ストーリー劇場版』の濡れ場を解説

©︎イメージファクトリー・アイエム
©︎イメージファクトリー・アイエム
焦らす演技に興奮が高まる作品

この作品で香港では脱ぐ事に対して抵抗がある女性が多く、こういった作品が出る事が少なかったりします。

本作品では脱ぐことに関して問題の無い香港女優である陳寶蓮を起用した事で濡れ場の撮影ができた作品。

日本のアダルト作品と比べかなり大人しめに作られる事が多い作品ばかりの中、よくここまでしてくれたと思える濡れ場を見る事ができます。

始めは恥じらいから来るものなのか抵抗をしている様に演技なのかもしれませんがそれが興奮する要因になっています。

中国のエロい映画その8.『金瓶梅』アクロバティックなエロなどあり見る物を離さない

©︎トルネード・フィルム/MAXAM
製作年 2008年
監督 チン・マンケイ
濡れ場を披露しているキャスト 若菜ひかる・上原カエラ
作品時間 93分
エロいシーンの濃さ ★★★★☆
エロいシーンの多さ ★★★★★
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント セクシー女優

宗の時代に大富豪の家に生まれた西門慶は父親の部屋に忍び込み春画を見ては生への興味を大きくしていました。

自分の母親と父親との交わる姿を見てどんどん彼の中で性への関心が強くなります。

屋敷にやってきた家庭教師の紫煙を好きになり思いを募らせていました。

やがてその思いが届いたのか、紫煙との初体験を経験した後にも毎日愛し合う。

しかし紫煙は急に置手紙を残し姿を消してしまう…。

中国映画『金瓶梅』の濡れ場を解説

©︎トルネード・フィルム/MAXAM
日本のセクシー女優が出演しているエロシーン多数作品

とにかく主人公がエロいのか濡れ場がかなりあるエロ作品です。

しかしその濡れ場も適当ではなく熱を感じるので、興奮する場面が大半なのでまちがいないエロ作品。

過激さもあり、声を押し殺したようなリアリティに聴覚から入るエロさもあります。

濡れ場のパターンもかなりあるので、AVと勘違いするエロ作品になっています。

もしかするとAVを超えているかもしれません。

中国のエロい映画その9.『ビビアン・スーの天使の戯れ』ビビアン・スーの綺麗な裸体が見れる

©︎クロックワークス/ツイン
製作年 1994年
監督 チュー・イェンピン
濡れ場を披露しているキャスト ビビアン・スー
作品時間 88分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント ビビアン・スーのレイプシーン

小さい頃から仲の良かった三人は香港の表舞台に出る事はなかった。
裏社会でのみ生きる事ができる三人はある日兄貴分のレイが抗争を起こした事をきっかけに、キットだけ台湾を逃げる様に離れる事になってしまう。
それから15年が経過しキットは香港に戻ります。
そしてあの時に別れた2人も大きく成長していました。
一人は表には出れない社会で大物になり、彼の娘とも無事再開する事に……。

中国映画『ビビアン・スーの天使の戯れ』の濡れ場を解説

ビビアン・スーの天使の戯れ
©︎クロックワークス/ツイン
ビビアン・スーがレイプされる濡れ場

明るい照明ではないのですがビビアン・スーが男の上にまたがり騎乗位で腰を振るシーンに興奮。

ボディラインも痩せていて綺麗なので多少暗くても認識できます。

ディープキスもエロく変わりたいと思いが出てくるくらいの興奮があるのに、その後に体を丁寧に舐め始めます。

そして正常位では過激な濡れ場を披露してくれるのですが、最大の濡れ場はビビアン・スーがレイプされるシーン。

この作品で興奮しない人はいないと思えるエロ作品です。

中国のエロい映画その10.『軍中楽園』大人な濡れ場に大興奮

©︎太秦
製作年 2014年
監督 ニウ・チェンザー
濡れ場を披露しているキャスト レージナ・ワン
作品時間 133分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント 甘いセックス

軍に入隊した台湾出身のルオ・バオタイ(イーサン・ルアン)はエリート舞台のフロッグマン舞台に配属されるのだが、泳ぐことができない事が判明すると、今度は特約茶室と言う軍中楽園を管理する。

管理する軍中楽園とは慰安所で、彼はここで影がある女性と奇妙な運命の出会いを果たす。

彼女の背負っている物が分かった時に彼の取る行動は…。

中国映画『軍中楽園』の濡れ場を解説

©︎太秦
甘い包み込むような濡れ場に徐々に興奮が

軍人が娼婦と絡む作品なのですが、この濡れ場がとにかく愛を感じるような濡れ場で甘い雰囲気を醸し出しています。

その事もあって興奮もいきなりピークに来るような感じではなく徐々に蓄積していくような感じ。

だからこそ喘ぎ声が作られたように感じず、リアルさが凄い喘ぎ声を聞く事ができますので視覚だけではなく聴覚でもエロさを実感できます。

エロさだけで見たら弱いかもしれませんが、濃厚さという点で言ったらかなりクオリティの高いエロ作品です。

中国のエロい映画その11.『パリ、ただよう花』ビッチから一途になると濡れ場も変わる

©︎アップリンク
製作年 2011年
監督 ロウ・イエ
濡れ場を披露しているキャスト コリーヌ・ヤム
作品時間 105分
エロいシーンの濃さ ★★★★☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント ギャップエロ

花(コリーヌ・ヤン)は教師をしているのだが、北京を離れパリに行く。

しかし、勝手がわからないパリでアパートから学校を行き来していたのだが何故か次から次へと男性に関係を持ってしまう。

そんな花だが、ある日衝撃的な出会いをする。

彼はマチューと言い花は電撃が走るような感覚になり、すぐ恋に落ちてしまう。

そこからはビッチの様な生活から一転マチューと激しく体を求める様になっていく。

中国映画『パリ、ただよう花』の濡れ場を解説

©︎アップリンク
ビッチな性格から一途になり濃厚な濡れ場が

一回限りの体の関係が当たり前になっていた花の濡れ場と一変し愛のある絡みは濃さを増します。

やはり一夜の快楽を楽しんでいる濡れ場は楽しむ感じと言ったところで濃厚さはどちらかと言えば感じにくいです。

しかし、愛する男性に抱かれていると言う気持ちの入った濡れ場はかなり濃く興奮できるエロさがある作品。

多めのエロシーンで満足もできますが、やはり濃いエロには勝てないです。

中国のエロい映画その12.『SEX&禅』神おっぱいと日本人セクシー女優の共演

©︎ツイン
製作年 1991年
監督 マイケル・マック
濡れ場を披露しているキャスト エイミー・イップ
作品時間 95分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント アクロバットな濡れ場

優秀な学者であるメイは性の探求心も立派な青年。

名家の娘である玉香を娶った彼は、新妻を快楽に溺れる様な女性にする。その後メイはチョイから絹布店の女房を紹介されるのだが。

こっそりと家を覗きに行くのだが、そこで目にした物は旦那の驚くべき絶倫さ。

そんな刺激を受けたメイは、チョイからあれが馬並みになったら女を紹介すると言われ奮闘する…。

中国映画『SEX&禅』の濡れ場を解説

©︎ツイン
濡れ場が多く、日本人のセクシー女優が

往年の日本人セクシー女優が出演しているのですが、迎え撃つ中国側も神のおっぱいを持つエイミー・イップが参戦しています。

日本のセクシー女優も負けるわけにはいかないと奮闘するのですが、正直エロ映画と言うよりもAV作品なのではと言う疑問が浮かぶレベルの濡れ場です。

女優のレベルの高さに興奮は間違いないですし、濡れ場においてはプロフェッショナルが出ているので、エロさも備えた作品です。

中国のエロい映画その13.『西瓜』ミュージカルもエロ要素が加わると激しい作品に

©︎プレノンアッシュ
製作年 2005年
監督 ツァイ・ミンリャン
濡れ場を披露しているキャスト 夜桜すもも
作品時間 112分
エロいシーンの濃さ ★★★★☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント スイカをつっこむ

台湾の街では極度の水不足に悩まされていた。その水不足に対して飲料として重宝され奨励されていたのが西瓜ジュース。

その台湾で腕時計を売る仕事をしていたシャオカンはAV男優として転身していた。

当時彼から腕時計を購入したことがある女性・シャンチー。

そんな彼女と偶然にも再開をするのだが、この出会いをきっかけにし、2人は徐々に惹かれるのだが、シャオカンは今の職業を知られる事に抵抗がある…

中国映画『西瓜』の濡れ場を解説

©︎プレノンアッシュ
エロミュージカルだが描写がエロい

仰向けで無抵抗になって万歳をしている女性の口に、西瓜をガンガン入れているシーンはある意味レイプ。

西瓜の汁がこぼれている姿をみて、この時点でエロさを感じるのですが、西瓜をお互いの性器にとらえているような妄想が広がります。

女性に濡れ場での西瓜を舌先を這わせる事で、徐々に興奮する感じはなかなか味わう事ができません。

そして女性の股間に西瓜を置き、いじくり倒す事で色々な妄想に繋がるエロ作品です。

中国のエロい映画その14.『一路向西』日本人セクシー女優と香港のセクシーなおっぱい女優の共演

©︎China 3D Digital Distribution
製作年 2012年
監督 マーク・ウー
濡れ場を披露しているキャスト 王李丹(ワン・リー・ダン)
作品時間 119分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント 中国の神のおっぱいを見れる

しつけが厳しい家庭で育った向西。内向的な性格で中学の頃の友達は王静だけだった。

そんな王静の助けを得る事で片思いだったズーイとキャンプに出掛ける。何とか童貞を捨てるも、その相手が実はズーイではなく違う女子生徒だった事が分かりショックを受ける。

時間が経過し、留学先で女性と付き合ったり帰国後も他の女性と付き合うも満足ができない。しかし王静の紹介でされたお店で小思に出会い、セックスのすばらしさを知る事になる。

性的な満足を得る事ができたが、心は香港帰国後付き合っていたゼータにあるのだが、果たして彼が選ぶのは?

中国映画『一路向西』の濡れ場を解説

©︎China 3D Digital Distribution
多数の女性の演技をする中、胸が露わに

香港では軽めのエロ映画の方が受ける傾向にあるのですが、作中のエロさはその中でも期待できる物になっています。

暗くなる要素など無く、明るいエロ作品なので安心してください。日本でも有名なセクシー女優も参加していますし、香港では神のおっぱいと称される女優さんがしっかりと激しい濡れ場を披露しています。

エロさは過激なので、香港では家族では見る事ができない作品。形や大きさに驚く女優さんのおっぱいを是非堪能してください。

中国のエロい映画その15.『王妃の紋章』窮屈なおっぱいに新たなエロを感じる作品

©︎ワーナー・ブラザース映画
製作年 2006年
監督 チャン・イーモウ
濡れ場を披露しているキャスト コン・リー
作品時間 114分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント 窮屈そうなおっぱい

10世紀の唐時代の中国での物語。美しい王妃(コン・リー)はである彼女は、血がつながっていない自身の子供に当たる皇太子と秘密の関係を持っていた。

王妃はその事は皇太子と自分以外誰も知らないと思って毎日を過ごしていたのだが。しかしこの秘密を王は知っていた。

それでも重要節を祝おうと派手に儀式を開くのですが、その儀式の最中で突如として多くの兵士が場内に姿を現す…。

中国映画『王妃の紋章』の濡れ場を解説

©︎ワーナー・ブラザース映画
沢山のおっぱい

本作品は濡れ場と言うレベルのシーンがありません。

しかしおっぱいの数はかなりあり、その形や締め付けれ感などはかなり興奮します。

普段これほどのおっぱいを見る事はありませんからね。揺れるおっぱいや窮屈に見えパンパンになっえおっぱいにエロさを感じます。

作品中このいっぱいのおっぱいを眺める事ができるエロ作品です。

中国のエロい映画その16.『ロングデイズ・ジャーニー』濃厚なキスはエロさが凄い

©︎リアリーライクフィルムズ、miramiru
製作年 2018年
監督 ビー・ガン
濡れ場を披露しているキャスト タン・ウェイ
作品時間 138分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント エロさが高いキスシーン

父親が死んでしまっt事をきっかけに、何年もの間近づく事をしなかった故郷へ戻ったルオ・本有は幼馴染の白猫の死をふと思いだす。

それと同時に彼の心をずっととらえて離す事が無かった女性のイメージが付きまとう…。

香港で有名女優を名乗るワンー・チーウェンに女性の面影を追い求める。

そして彼は現実うと記憶と夢が交差するたびに出る事を決める。

中国映画『ロングデイズ・ジャーニー』の濡れ場を解説

©︎リアリーライクフィルムズ、miramiru
頭の中をかき乱す濃厚なキスシーン

とにかくこの作品のキスシーンは一度見たらなかなか頭から離れない程印象的でエロさを感じる物があります。

脳をかき乱すと言っても良い位な興奮を覚える事は間違いないでしょう。

ただくちびるだけのキスではなく、頬や顔面をゆっくりとなでる様にするキスには過激な裸の濡れ場でなくても興奮する事を再確認させる物があります。

中国のエロい映画その17.『愛さずにいられない』濡れ場もシチュエーションでかなりエロさが増す

©︎日本スカイウェイ
製作年 2005年
監督 ジャン・チョン
濡れ場を披露しているキャスト ロザムンド・クワン
作品時間 101分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント シャワーに濡れながらのシーン

主人公のエニーは美しく数多くの男性との恋愛をし、周囲から羨望を集める存在。

しかし結婚したのは、パッとしない男性で娘を授かってからと言う物質素な生活を送っていた。そんな主婦業をしているエニーのできる贅沢が若い頃にカットモデルをしていた美容室に向かう事。

昔の華やかで美しかった頃をキープしようとすることで自分を持つ事ができる。しかしそこで出会ってしまったカリスマ美容師の阿華に恋をしてしまいあってはならない関係になってしまう…。

中国映画『愛さずにいられない』の濡れ場を解説

©︎日本スカイウェイ
シャワーに濡れている事で濡れ場がより興奮する

エニーの誕生日にカリスマ美容師の阿華はシャンプーの約束をし、そのシャンプーの手つきでエニーは違った感情が高まってくるのだが、次第に気持ちが高ぶってしまう。

我慢できなくなったアニーは阿華の首を掴んでキスをするのだがそこまでの葛藤が解き放たれた瞬間のシーンに興奮します。その後2人はシャワーのお湯に濡れながら求め合うのですが、この時のお湯に濡れている状態がエロさをより高めてくれています。

感情の高まりも手伝い抑えきれない性欲に興奮度はかなりの物に。

中国のエロい映画その18.『第3の愛』純愛を感じる事でキスがよりエロく見える演技

©︎ツイン
製作年 2016年
監督 イ・ジェハン
濡れ場を披露しているキャスト リウ・イーフェイ
作品時間 113分
エロいシーンの濃さ ★★☆☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント キスシーン

財閥の御曹司であるリン・チージョンは、飛行機のなかで号泣する女性に出会う。その数日後に彼の元に抗議をするためにやってきたのが、飛行機で号泣していたゾウ・ユー。
別の日には労災金に関して騒動が起きた時にも担当弁護士として彼女が現れる。数々の偶然から派生する奇跡に2人はやがて恋に落ちてしまう…。

様々な困難が待ち受けるなか2人の愛の行方はいったい。

中国映画『第3の愛』の濡れ場を解説

©︎ツイン
淡いキスシーンにエロさを

本作品では、殆ど裸が出る事はありません。

しかし、ヒロインのリウ・イーフェイが弁護士をいう事もありたいとなスーツを着ています。美人な方のこういった体にフィットしたスーツには独特な色気を感じてしまいます。
その点で普段注視してみる事ができないスーツに興奮してしまいますね。

そしてキスシーンもお互いの事が好きでたまらないからこそ醸し出す空気感に満足。

中国のエロい映画その19.『スプリング・フィーバー』絵画のようなエロさを感じる作品

©︎アップリンク
製作年 2010年
監督 ロウ・イエ
濡れ場を披露しているキャスト チェン・スーチョン
作品時間 115分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント 芸術的なエロさ

旦那であるワン・ピンに対して浮気をの可能性を疑い探偵に調査を依頼する女性教師をしているリン・シュエ。

その後探偵からの報告は浮気をしているとの事だった…。

しかし相手はジャン・チェンと言う青年。

この事から今まで表に出る事はなかった夫の隠れた部分をしってしまい、夫婦関係は破綻してしまい、ワンとジャンの関係が冷え込む。

しかし調査をしていた探偵が徐々にジャンに惹かれ始め…。

中国映画『スプリング・フィーバー』の濡れ場を解説

©︎アップリンク
男性同士でもエロさを感じる芸術性

この作品で女性に対してのエロさを求める場合には、おすすめできないのですが、男性同士の絡みでも芸術性を感じる作品になっています。

いきなり激しさを感じる濡れ場ですが、これも男性同士です。しかし初めはエロではなく芸術的な何かを感じ、徐々にエロを意識させてくる、そんな感覚を味わう事ができる作品です。

男性も女性でも見る物を惹きつける色気のあるエロさを醸し出している作品です。

中国のエロい映画その20.『二重生活』不倫は良くない物だが、エロさは本物

©︎アップリンク
製作年 2012年
監督 ロウ・イエ
濡れ場を披露しているキャスト チャン・ファンユアン
作品時間 98分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント ホテルでの濡れ場

可愛い子供にやさしい旦那。そして2人で経営する会社も順調で何も不自由な事などないルージェ。

そしてもう1人の女性サンチーは愛人として息子とつつましく生活をしながらもいつかは本妻になる事を誓っている。

流されるままに2人の女性との家庭を持ち、生活する男ヨンチャオ。

均衡が保たれていた時は問題が無かったのだが、少しだけ亀裂が入る事で簡単に崩壊する。

中国映画『二重生活』の濡れ場を解説

©︎アップリンク
浮気の背徳感を感じるエロさ

男性であれば妄想の領域で行ってしまう事を映画化した作品で、その欲望に上手く刺激をされ興奮する作品になっています。

元々家庭が二つある男でいつも浮気をしている気分で抱いているがどこかに背徳感をもって女性と行為をしている。そんな相手に本妻になるために本気で向かう愛人や、それだけではなく女子大生にまで手を出している彼の魅力に女性の表情はエロそのもの。

本気の相手の濡れ場もあり、逆の立場だったらと考えると興奮する事は間違いない作品です。

中国のエロい映画の濡れ場を楽しもう


キスだけでも興奮できる作品を作っている中国の作品にはとても凄さを感じます。

歴史物もスケールを大きくした作品を違和感なく映像化し、流れに逆らわないエロを入れてくる中国のエロ映画。

その内容はソフトな物からハードな物まで色々ありますが、実際その作品に合っているレベルのエロさや過激さを入れているのが凄い所です。

エロさを前に出しただけの作品では、訴えたい内容が入ってきません。

作中の濡れ場に興奮できる物をこれからも期待したいと思える中国のエロ作品です。