ハイキュー名言ランキング!!元気をもらえる名言を一気に紹介

ハイキュー名言ランキングハイキュー!!

ハイキューは、たくさんの名言が散らばっていて、明日を生きる私たちにきっと勇気を与えてくれること間違いなしです!トップ10をこれから発表しますが、どれもいい名言ばかりなので、飛ばさずに全部読んでくださいね。

ハイキュー名言ランキング!!元気をもらえる名言を一気に紹介

では、独断と偏見でベスト10を発表していきます。ハイキュー!!ファンの方なら、絶対に共感してもらえると思います。

10位

「不利とか不向きとか関係ないんだ」

主人公・日向のセリフです。高身長な人が有利なバレーボールの世界で、背が低い日向が難しいと分かっていても、それでも困難に立ち向かっていく、そんな言葉です。

私たちは、「自分には向いていないから、苦手だから」と諦めようとしがちです。

しかし、日向にとって、根本的にバレーボールが好きで、”小さな巨人”に憧れがあるからこそ、不利だと思っても、誰よりも努力しているのだと思います。

それは、なかなか出来ることではありません。この言葉は、彼のように不利とか向いていないとか、そうゆうのを一切考えないで努力してみようかな、と背中を押してくれるセリフですね。

9位

”その瞬間”が有るか無いかだ」

この言葉は、ファンにはたまらない言葉の1つだと思います。これは木兎の言葉で、烏野高校・月島がなんのためにバレーをやるのかを聞いた時のセリフです。

”その瞬間”というのは、バレーボールで自分がやってやったぞ、バレーにハマったという瞬間のことで、そこまで自分はバレーに真剣に向き合い、努力をしたのかということです。

自分はなんのためにこれをやっているのか、意義がわからなった人に、強く刺さる言葉ではないのでしょうか。すぐにやめようと思うのではなく、努力をしてから考えろっということですね。なんとも彼らしいセリフです。

8位

才能は開花させるもの、センスは磨くもの」

これは、及川先輩の名言です。

自分に才能がないと思っている人…それは、及川先輩に言わせてみたら開花させるまで努力したのか、ということです。センスがないと悩んでいる人も同様です。

この言葉は、そうやって悩むくらいなら努力をしろと言われている感じがしますね。

7位

「交替させられた時のことはなあ 交替させられた時に考えろ!!」

これは烏野高校・田中先輩の言葉です。日向が初の練習試合でレギュラーに選ばれて、嬉しいと思う反面、期待に応えなきゃと頑張るも、全てが空振りになり交代させられるかもと怯えるシーンからの、このセリフです。

 

このセリフは、人によっては無鉄砲な言葉かもしれません。でも起きてもないのに、失敗したらどうしようって不安がっても意味がないってことだと思います。不安で緊張しがちな人にとって、この言葉はすごく心に響きますよね。

6位

どんなにスパイクが決まんなくたって責めるつもりなんか微塵も無え だけど勝手に諦めんのは許さねえよ。他の奴がどう思うかなんて関係ねぇよ」

これは、西谷が発する言葉。エースが試合で、伊達工業にことごとくスパイクを止められ、これ以上やってもダメだとやけになっていた時にかけた一言です。

 

一見、バレーだけに言っていることに思えますが、それは私たちにも言えることで、前に進むために行い失敗してもいいが、それさえしないことがダメということの意味に捉えることができます。

失敗続きでへこたれそうになっても、日々試行錯誤する姿勢は忘れるなという言葉が私たちに響きますね。

5位

どこにも行けない奴が他人の挑戦を笑う”誰もやっていない事”は”誰もできない事”である」

これは鵜飼(元)監督のセリフです。日向が高校を卒業後にブラジルに修行しにいくことを相談した際に、父である鵜飼が言った言葉。

 

みんなと違うことをする人は、みんなから変人だと嫌悪されがちです。が、この言葉を聞けば、「みんなにはいろんな道があって、それはたとえ人とは違う道だったとしてもそれは間違いではない」ということを意味しています。

誰かしろみんな、後悔を抱えていて、あの時こうすればよかったと嘆くかもしれません。でもこの言葉に出会えばきっと、その後悔から解放されるかもしれませんね。

4位

回り道には回り道にしか咲いてない花があんだからさ”

田中の姉が日向にいうセリフ。日向がテストの補習で東京遠征に後から合流することになり、落ち込んでいる日向にかけた言葉です。

 

誰しも自分が決めた夢やその道が報われるわけではなく、本当にこの道でいいのか悩んでいる時に、こんな言葉に出会えたら、すごく救われと思います。

また、自分が努力しても失敗して、上手くいかなくて、どうしようも無いっていう状況にいる人にも言える言葉じゃないでしょうか。

3位

村人Bには村人Bの良さがあるんだよ”

主人公・日向が自分には取り柄がないと悩む谷地さんに対していう言葉です。村人Bという表現は、谷地さんが学校などの劇で主人公にはなれずいつも村人Bをしていたということから、この言葉を用いています。

 

この「村人B」という言葉が、すごく絶妙ですよね。

誰もが周りと比べて、どうしても自信を無くしたりすると思います。それでも、他にはない、君なりの良さがあるんだというこのセリフはすごく心に響く言葉で、感動的です。

2位

食え。食え。少しずつ。でも確実に……強くなれ。”

鵜飼(現)監督の言葉で、試合で負けた烏野高校が、選手たちにかけた言葉です。何気ない一言に思えるかもしれません。

でもこれは、”今はとりあえず食べて、それを繰り返すことで、少しずつ力にして強くなれ”という意味です。つまり一瞬で強くなれるものではなく、日々の積み重ねが大切だということです。

人はすぐに強くなりたい、ああなりたいと思うけれど、それは日々の努力でしかなれないというのを痛感させられますよね。

1位

自分より優れた何かを持っている人間は生まれた時点で自分とは違っている。それを覆すことなど、どんな努力、工夫、仲間をもってしても不可能だ。そう嘆くのは全ての正しい努力をしてからで遅くない。自分は天才とは違うからと嘆き、諦めることより、自分の力はこんなものではないと信じて、ひたすらに真っ直ぐに道をすすんでいくことは辛く苦しい道であるかもしれないけれど。”

長文になってしまいましたが、この言葉は、ファンにとって一番印象に残っている言葉なのではないでしょうか。

この言葉を発したのは、なんと及川先輩です。下から猛スピードで迫ってくる”才能の塊”である影山と自分を比較して放った言葉です。

確かに生まれた時点で、自分より優れたものを持っている人がいてそれを嘆き、何もしないのはおかしいとそう訴えかけるようなそんな言葉ですね。

諦めるよりも自分を決めつけるよりも進む方が容易いことではないけれど、そのほうがずっといいというのは心にグッとくるものがありますよね。

ハイキュー!!を無料視聴であなたにとっての名言を見つけよう

ハイキュー名言ランキング!!元気をもらえる名言を一気に紹介まとめ

いかがでしたか?どれもグッとくる言葉ばかりで、これらの言葉が漫画のセリフとして出てきた時にはすごく心が熱くなりました。

わたしは特に、3位の「村人Bには村人Bの良さがあるんだよ」という言葉が一番好きで、この絶妙な言葉のチョイスとこの表現の仕方がお気に入りです。

漫画の中では、他にも名言がたくさんあるので、自分に刺さる名言を探してみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました