【ヒロアカ】エンデヴァーの考察まとめ-死亡説やかっこいい必殺技も紹介-

『僕のヒーローアカデミア』に登場する豪炎をまとうヒーロー「エンデヴァー」。

「平和の象徴」であるオールマイトにコンプレックスを抱きながらも、強大な力と実力を誇る現役No.1ヒーローです。

今回はそんな彼のプロフィールから死亡説、必殺技まで考察していきたいと思います。

  1. エンデヴァーのプロフィールがわかる
  2. エンデヴァーが死亡したのかわかる
  3. エンデヴァーのかっこいい必殺技がわかる
  4. エンデヴァーの息子や家族との関係がわかる
  5. エンデヴァーのかっこよさやかわいさがわかる

【ヒロアカ】そもそもエンデヴァーってだれ?

そもそもエンデヴァーとは誰でしょう。

エンデヴァーは炎を操る現役No.1ヒーローです。

非常に優秀ながらも「平和の象徴」であるオールマイトが引退するまで万年二番手のヒーローでした。

そんな彼は、すさまじい上昇志向の持ち主であるためコンプレックスを抱き続けます。

最強ヒーローながらも苦労人であるエンデヴァーのプロフィールを見ていきましょう!

エンデヴァーのプロフィール

それではエンデヴァーの詳しいプロフィールをご紹介します。

ヒーロー名 エンデヴァー
本名 轟炎司(とどろきえんじ)
個性 ヘルフレイム
誕生日 8月8日
年齢 45歳
身長 195cm
体重 118kg
血液型 AB型
出身地 静岡県あたり
好物 葛餅

エンデヴァーは炎系の個性では最強クラスですがオーバーヒートという弱点を持っています。

炎が自身の体温を上昇させ、身体機能を下げてしまうというものです。

【ヒロアカ】エンデヴァーは死亡したって本当?

エンデヴァーは現時点では生存しています。

『僕のヒーローアカデミア』は現在33巻まで発刊されていますが、これまでも熾烈な戦いが続いているので今後死亡してしまう可能性もあります。

  • エンデヴァーの死亡説①︰VS.ハイエンド脳無
  • エンデヴァーの死亡説②︰VS.死柄木
  • エンデヴァーの死亡説③︰VS.荼毘

それでは、上記3つの場面について解説していきます。

エンデヴァーの死亡説①︰VS.ハイエンド脳無

結論から言うとエンデヴァーはハイエンド脳無戦では死亡していません

「脳無(のうむ)」とは『僕のヒーローアカデミア』の世界における敵「敵(ヴィラン)連合」の作る戦闘用人造人間です。

高い戦闘力を持つ脳無のなかでも最高位の戦闘力と知性を持つハイエンド脳無。

名実ともにNo.1となったエンデヴァーはホークスの地元福岡でハイエンド脳無と戦闘となりますが、エンデヴァーほどの上位のプロヒーローでも苦戦を強いられます。

何度も身体を再生するハイエンドに対して、自身をも焼く諸刃の剣の炎で戦い続けるエンデヴァー。

中継で見守る国民たちもエンデヴァーの死を覚悟しましたが、痛みで意識を繋ぎとめたエンデヴァーは、ホークスや地元のヒーローの助けもあり、ついに勝利をおさめます。

エンデヴァーの死亡説②︰VS.死柄木

結論から言うと、死柄木弔戦でもエンデヴァーは死亡していません

個性に対する身体的な限界ともいえる枷を超越した死柄木弔(しがらきとむら)とエンデヴァーは相対します。

そして、オール・フォー・ワンの持てる全ての個性を使えるようになった死柄木はエンデヴァーの攻撃をものともしません。

しかし、唯一オールフォーワンの手中におさまらなかった力「ワン・フォー・オール」を求めて死柄木はエンデヴァーとの戦闘を離脱し、主人公・緑谷出久(みどりやいずく)のもとへ向かいます。

その後も一対一の戦いにはならなかったため、エンデヴァーは超越者となった死柄木弔とまともに戦うことはありませんでした。

エンデヴァーの死亡説③︰VS.荼毘

結論から言えば、エンデヴァーは荼毘との戦いで死亡してはいません

しかし、社会的に死亡してしまったとも言えるかもしれません

荼毘はエンデヴァーの第一子・燈矢(とうや)であることが明らかになりました。

燈矢はエンデヴァーの炎の個性を色濃く受け継ぎながらも母・冷(れい)の虚弱な身体を受け継ぎ、自身の個性に身体が耐えきれない状態でした。

そのうちに両親の個性をしっかりと受け継いだ「最高傑作」である息子・轟焦凍(とどろきしょうと)が誕生し、エンデヴァーもとい父・炎司は燈矢のヒーローになるという夢を否定し、燈矢の方を見なくなっていきます。

荼毘はその恨みの炎をもってヴィランとしてエンデヴァーや焦凍を圧倒します。

荼毘の手加減で一命を取り留めるエンデヴァーですが、轟家の過去を荼毘に全国放送され、心身ともに負傷し、世間からの支持も失います。

 

エンデヴァーには多くのかっこいい必殺技があります。
『僕のヒーローアカデミア』では世界総人口の8割が「個性」という超常的な能力を持っていて、ヒーローたちは「個性」を使って戦います。
エンデヴァーは豪炎をまとい司る「ヘルフレイム」という個性の持ち主で、炎を使ったかっこいい必殺技を持っています。
  • 赫灼熱拳ジェットバーン(かくしゃくねっけんじぇっとばーん)
  • 赫灼熱拳ヘルスパイダー(かくしゃくねっけんへるすぱいだあ)
  • プロミネンスバーン
  • PLUS ULTRA プロミネンスバーン(ぷるすうるとら ぷろみねんすばーん)
  • バニシングフィスト
  • ヘルカーティン

ここでは、上位6点におけるエンデヴァーの必殺技を見ていきましょう。

プロミネンスバーン(ぷろみねんすばあん)

PLUS ULTRA プロミネンスバーン(ぷるすうるとら ぷろみねんすばあん)

PLUS ULTRA プロミネンスバーン(ぷるすうるとら ぷろみねんすばーん)はひとつ前に紹介したプロミネンスバーンの上位互換で、エンデヴァーの最高火力技です。

周囲への被害を考慮して最大火力を出せずにいたエンデヴァーをホークスが空中へ放ったことで実現しました。
その凄まじい火力はハイエンド脳無の再生速度を凌駕し、エンデヴァーを勝利に導きます。
しかし、その強大な技は自らをも傷つける諸刃の剣でもあります。

バニシングフィスト(ばにしんぐふぃすと)

バニシングフィストは死柄木との戦いで登場した大技です。
拳に炎を集中させ渾身の一撃を相手に食らわせます。
「banishing(払い除ける)」という説もありましたが、英語版にて「vanishing(消える、見えなくなる)」であると判明しました。

ヘルカーティン(へるかあてぃん)

ヘルカーティンは同じく死柄木との戦いで登場しました。
幕のように広域にひろげられた炎で敵を包囲します。

【ヒロアカ】エンデヴァーの現在と今後の活躍を考察!

エンデヴァーは現在、荼毘が轟家の過去を告白したことでエンデヴァーは市民からもヴィランからも戦いの元凶として非難されるようになってしまいました。
エンデヴァーは間違いも多くあったものの、あくまで燈矢を息子として大切に思っていましたし、荼毘の積年の恨みを目の当たりにした後で「息子と戦うことはできない」と弱音を吐いてしまいます。
そのようななか、轟家は「家族みんなの問題」として一致団結し、エンデヴァーはもう一度プロヒーローとして歩み始めます。
33巻の現在では、自身こそが死柄木の狙いであると雄英高校を離れた主人公・緑谷出久とともに新たな戦いへ向かっています。
エンデヴァーは焦凍とともに荼毘とどのような決着をつけることができるのか。もう一度名実伴うNo.1ヒーローとして活躍できるのか。
エンデヴァー、そして轟家の行末が気になるところですね。

【ヒロアカ】エンデヴァーについての疑問

ここでは以下の3つのエンデヴァーについての疑問について考察していきます。

  • エンデヴァーの過去がかわいそうって本当?
  • エンデヴァーのかわいい一面はある?
  • エンデヴァーはいいやつ?

上記3点の疑問に回答します。

エンデヴァーの過去がわいそうって本当?

ここまででもエンデヴァーが苦難のヒーローであることはわかりましたが、エンデヴァーはかわいそうなのでしょうか?
エンデヴァーは20歳でプロヒーローになり、人並み外れた努力を重ねてきました。
しかし、それはむしろ「平和の象徴」オールマイトとの才能差を感じさせる行為となり、万年No.2のコンプレックスに苛まれます。

しまいには、自身の弱点を克服した子どもを持つため、「個性」で配偶者を選別する「個性婚」にて妻・冷と結婚しました。甲斐あって主人公・出久のクラスメイトでもある息子の焦凍はかなりの優秀ぶりを見せます。

しかし、思い入れが強すぎるエンデヴァーの教育は、身体を蝕むほど冷を悩ませ、一家は崩壊していきます。

エンデヴァーのかわいい一面はある?

それではエンデヴァーにはかわいい一面もあるのでしょうか?

オールマイト引退後、名実ともにNo.1となったエンデヴァーは心を入れ替え家族との仲も徐々に良くなっていきます。

息子の焦凍をスマホの待ち受けにするなどのかなりの親バカぶりはエンデヴァーのかわいい一面かもしれません。

焦凍が出久たちクラスメイトを連れてインターン に来た際も、面と向かって「一人で来てほしかった」と言うなど、デレる一面も。
かっこいいヒーロー・エンデヴァーですが、轟炎司という一人の人間としてはチャーミングなのかもしれません。

エンデヴァーはいいやつ?

いいやつか悪いやつかは読者によって大きく分かれるのではないでしょうか。

才能のある息子に自身の夢を押し付け、人間扱いでないような訓練を強いてきたのも事実ですし、ヒーロー職の傍ら一家を振り回し崩壊させたのも事実です。

一方でヒーローとして多くの人々を救ってきたのも事実ですし、本当は家族を愛している(しかもかなり)のも事実です。

一元的ではない複雑な人間性こそがエンデヴァーの魅力と言えるでしょう。

まとめ:ヒロアカにおける苦悩のヒーロー・エンデヴァーを応援したい

ここまで、エンデヴァーのプロフィールや死亡説などを解説しました。

非常に複雑なエンデヴァーは、だからこそとても人間らしく『僕のヒーローアカデミア』の登場人物のなかでも味わい深い人物です。

家族や親子といった難しい問題を抱えているからこそヒーローとしてさらに輝けることが期待できそうです。

彼の今後の活動が楽しみですね!