ジェット風船が禁止?!セリーグの風船売上は?勝手に試算してみた

新型コロナウイルス

コロナウイルスの関係でプロ野球球団がジェット風船を禁止、自粛する動きになっていますね。そのニュースを見て、ふと、風船業者にどれ程の打撃があるのか気になりました。

で、勝手に考えてみました。

スポンサーリンク 

セリーグの風船売上は?勝手に試算

1袋に4つ程入って200〜300円で販売されています。各球団ごとに調べてみました。

阪神タイガース

甲子園ジェット風船

ジェット風船といえば、阪神タイガースを思い浮かべる方も多いはず。甲子園名物とも言われていますね。

阪神タイガースジェット風船で販売されています。他にも種類は有りますが、ベーシックなこちらで試算してみたいと思います。220円です。

甲子園球場の収容人数は約47,000人です。恐らくほとんどが阪神ファンだと思うので、1試合の客数を4万人と過程します。1年間に70試合程有りますね。

ただ、家族や友人で観戦している場合、1袋をシェアすると思うので、勝手に客数の7割が購入と仮定してみます(何の根拠も有りませんので悪しからず)。

28,000人 × 70試合 × 220円 = 431,200,000円

風船だけで4億超え…。すごいですね。

広島カープ

広島カープジェット風船

ジェット風船を初めに飛ばしたのは、広島カープだと言われています。そんな御本家ジェット風船球団。

広島カープのジェット風船。鯉が印字されていますね。300円。

マツダスタジアムの収容人数は33,000人です。そして、マツダスタジアムもほとんどが広島ファンですよね。仮に28,000人と仮定します。年間試合数は同じく70試合です。

そして、やはり1袋をシェアすることを考えて、何の根拠もなく70%が購入すると仮定します。

19,600人 × 70試合 × 300円 = 411,600,000円

同じく4億超えです。

横浜DeNAベイスターズ

横浜スタジアムジェット風船

次に横浜DeNAベイスターズを試算します。ベイスターズでは、4本300円で販売されています。外野席では無料配布していると言う情報も有りますが。

年間客数は、2,027,922人(2018年)です。ベイスターズファンを仮に140万人と仮定してみます。そして、そのうちの6割が購入したとすると、

840,000人 × 300円 = 252,000,000円

読売ジャイアンツ

ジャイアンツのホームスタジアムである東京ドームは、ジェット風船が禁止されています。なので巨人はジェット風船は無しです。たまに2軍や3軍の試合で配布されるようです。

ヤクルトスワローズ

ヤクルト応援
(引用:http://blog.livedoor.jp/)

ヤクルトスワローズのホームスタジアムである明治神宮野球場は、ジェット風船の使用が禁止されています。なので、ヤクルトファンはジェット風船を使用しません。

ヤクルトと言えば、傘を使っての東京音頭ですよね。こんな口コミが。

ジェット風船が落ちてくるのを傘を使って避けている、と。ユーモアが有りますね。

中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズのホームであるナゴヤドームは、ジェット風船が禁止されています。ただ、年に数回あるイベントデーでは、ジェット風船が配布されます。2019年は3回有りました。

ジェット風船が禁止?!セリーグの風船売上は?勝手に試算してみた結果

セリーグでは、3球団がジェット風船を使って応援していると言うことで、その総額は1,094,800,000円でした。約11億円。もし、全面禁止になれば、11億円の売上が無くなるんですね。

今回は、何の根拠もなく、勝手な仮定で試算してみましたが、おおよその感じは伝わったかな、と思います。次回、パリーグも試算してみようと思います。

スポンサーリンク 

コメント

タイトルとURLをコピーしました