全国小中高休校?!学力低下が心配!自宅学習はどうする?

竹内涼真 吉谷彩子 金銭トラブル フライデー新型コロナウイルス

ついに全国の小中高学校の休校が要請されましたね。このニュースに、我が家の小学生は大喜びです。でも親とすれば、いきなり3学期が終わって大丈夫?勉強はどうなるの?と不安になりますよね。

休みといっても、お出かけするわけにも行かないし、かと言って子供が家でダラダラするのも嫌です。そこで我が家で考えたのは、自宅で子供が進んで勉強してくれる方法はないかな?です。

スポンサーリンク 

全国小中高休校?!いきなりの休みで勉強は大丈夫?学力低下を防ぐ

いきなりの長期休み。急なので、学校の先生も自宅学習の準備を仕切れないのでは?と思います。では、親として子供の学力低下を防ぐためにどうすればいいのでしょうか。

塾に行かせる

塾の春季講習を考えました。でも今の状態じゃ開講されるか分かりませんよね。それに、開講されるとしても前倒しとか難しそうです。

また、各企業も在宅ワークを推進したり、時差出勤をしたりといった動きが増えています。そもそも人材の確保も難しいのでは?と。そうなると、人が介する方法では難しいのではないか、と考えました。

問題集やドリルをさせる

今のうちに本屋さんに走って、問題集やドリルを買い込もうか、とも思います。もしくは、Amazon.co.jp(アマゾン)で取り寄せるか。

でも、本屋さんもAmazon.co.jp(アマゾン)も人を介することには変わりがないので、いつどうなるかは分かりません。

あと、問題集やドリルは結局親が付きっきりになったり、採点をする必要があります。特に我が家は低学年なので、採点は必須です。これも一案としてはアリだと思いますが、ちょっと気が重い。

タブレット教材

今CMなどでよく見かけるタブレット教材はどうだろうか?と調べてみました。

  • スマイルゼミ
  • 進研ゼミ
  • すらら
  • デキタス
  • RISU

少し調べただけでも、結構種類があるんだな、と思いました。どの教材も魅力的です。やはりタブレット教材の良い所は、子供の苦手分野に対してコンピューターが判断して克服してくれるところかなと思います。

それに、学校で習っていないところの先取りができたり。親が付いていなくても自動採点(ここ重要)だし、教えてくれるし。かなり前のめりになって調べてみました。

そこで気づいたのが、タブレット教材にも専用タブレットが必要なものと、自宅にあるiPadやAndroidで対応できるものがある、ということ。

専用タブレットという響きにはとても魅力を感じるのですが、結局発送してもらわないと自宅には届きません。先ほども書きましたが、今のご時世、人が介するサービスはどうなるか分かりません。

そこで私が絞ったのが、「すらら」と「デキタス」。

この2社は、自宅にあるタブレットとWi-Fiの環境ですぐに始めることができます。

子供は、ホームページの雰囲気だけですでに「デキタスが良い」と言っております。確かにポップな雰囲気で楽しそう。こんな雰囲気↓

小中学生対象の通信教育【デキタス】誕生♪

 

 

 

 

 

なんと、3月入会で、すっごくお得なキャンペーンをやっているじゃないですか。1ヶ月の受講料で3ヶ月使えるの?!ということで、早速無料体験に申し込んでみました。

見た目はポップですが、学習ページはシンプルで集中しやすいんじゃないかなー、と親としては思いました。

しかも、小学1・2年は国語・算数・生活の3科目で1ヶ月3000円(税抜き)。小学3〜6年生は国語、算数、英語、理科、社会で1ヶ月3000円(税抜き)。安さに驚きました。

ユーザーさんの口コミを見ても、悪くはなさそうだし、とりあえず無料体験が5日間あるので様子を見てみようと思います。長ーい春休みが終わっても、子供が続けたいと言えば、新学年になるし続けてもいいのかな、と思います。

スポンサーリンク 

全国小中高休校?!いきなりの休みで勉強は大丈夫?学力低下を防ぐ

我が家はタブレット教材に行き着きました。最初はタブレットを持てることが嬉しくて、毎日頑張ってくれると思います。少しでも3学期の学習をフォローできたらいいな、と思います。

スポンサーリンク 
タイトルとURLをコピーしました