イタリアで新型コロナ死者数がなぜ爆増しているの?医療体制の崩壊!

竹内涼真 吉谷彩子 金銭トラブル フライデー新型コロナウイルス

イタリアでは、新型コロナウイルスの死者が日に日に増え、3月20日には死者が627人にものぼりました。合計死者数は4000人を超える状況になっています。中国を超えました。

感染者数も47,000人を超えるイタリア。なぜこんなにも死者数が多いのでしょうか。

イタリアで新型コロナ死者数が爆増している訳は?

イタリアでは、医療機関が崩壊してしまいました。医療機器も足りなければ、医者も足りていません。看護師も医療従事者が足りていません。

さらに、呼吸器も足りません。

新型コロナウイルスはご存知の通り、肺炎です。重症化すると呼吸困難に陥ります。しかし、呼吸器が足りないのです。

そこでイタリアの医療機関が取った対策は、60歳以上の人には呼吸器を付けない、ということです。高齢化の進むイタリア。65歳以上の割合は、22.8%にのぼります。(ちなみに日本は28.4%)

高齢者がコロナウイルスを発症しやすく、重症化しやすい中、十分な手当てをしてもらえない状況にあるのです。

元々中国との交流も深いイタリア。かつ、国の財政難で医療体制も崩壊しかけていたところに、今回のコロナウイルスが。

現在のイタリアの医者は、中高年者が中心です。しかし、今回のことで法改正が行われ、まだ医者の資格を持たない人も医療従事者に加えることになりました。

イタリアで新型コロナ死者数が爆増している訳は?3Dプリンターの使い方

イタリアで画期的なアイデアが!人工呼吸器をなんと3Dプリンターで増産したのです。


(引用:https://www.facebook.com

医療機器を作るメーカーは、迅速に大量の呼吸器のパーツを作るのは難しいと難色を示しました。そこで病院は、3Dプリンターの企業へ問い合わせたところ、ほんの数時間内に見事作り上げました。

このパーツのおかげで、当日中に10人の命が救われたのです。素晴らしいアイデアと、対応した企業も素晴らしいですね!

イタリアで新型コロナ死者数がなぜ爆増しているの?医療体制の崩壊!まとめ

美しい街並み、歴史的建造物を多く持つイタリアに憧れを抱く方も多いと思います。イタリアでのコロナ収束と国の立て直しを見守りたいと思います。

もちろん日本の収束は言うまでもありませんが。このようなアイデアと迅速な対応は参考になるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました