「リモート合コン」を成功させるマニュアル!落とし穴はここだ!

リモート合コン 成功マニュアルトレンド

外出自粛が続いて、「合コンができない」という悩みは、リモート合コンで解決です。リモート合コンの良さはお互いの部屋が見れたり、飲み代が節約できるところですよね。

男性陣は特に、出費を抑えることができて嬉しいのではないでしょうか。しかし、良いことづくめのリモート合コンにも落とし穴があります。先に穴を塞いで成功させましょう!マニュアルを伝授いたします。

スポンサーリンク 

「リモート合コン」を成功させるマニュアル!落とし穴はここだ!

リモート合コンの準備は早めに取り掛かりましょう。直前に慌ててしまっては、楽しさも半減してしまいます。

座る位置をチェック

部屋のどの場所に座るかは、意外と重要なポイントです。顔映りが悪いと、それだけで「初めまして」の相手に敬遠されてしまいます。

明るく、背景になる壁にも注意が必要です。

マイクの音量を上げておく

普段はヘッドホンを使用している方も、リモート合コンではヘッドホンは外しましょう。そのため、パソコンのマイク音量は最大限上げておくことが大切です。

相手から「え?聞こえない」と言われないように気をつけましょう。

ZOOMは部屋を2つ以上用意しておく

今爆発的に利用者が増えているZOOM。リモート合コンもZOOMを使用する人が多いです。しかし、ZOOMは無料使用の場合、40分でトークルームから一旦出る必要があります。

そのため、すぐに移動できるようにもう一つの部屋を用意しておくのがスマートです。

部屋を移動する際に、何らかの言い訳を付けて離脱されやすい。部屋を移動する直前は宴会を盛り上げておこう。

部屋を片付けておく

リモート合コンの利点でもあり、欠点でもあるのが、お互いの部屋が見えること。リモート合コンの文化として、部屋の中を案内するというものがあります。

この時に、センスの良い家具や小物をさり気なくアピールできればポイントが上がる。しかし、逆に散らかっていたり、見せたくないものが置かれていると慌てるハメに。

どのアプリを使う?

リモート合コンを開催する上で、どのアプリを使うかも悩むところですね。それぞれのメリットデメリットを紹介します。

ZOOM

今リモート合コンで一番使われているのが、ZOOMです。メリットは、簡単に皆んなが参加できること。幹事がトークルームを作り、そのURLを皆んながクリックするだけで参加することができます。

デメリットは、40分で一旦退席をしないといけないこと。それに、URLさえ分かれば誰でも入ることができるので、気付けば知らない参加者がいるかもしれません。

Skype

オンライン通話といえばSkypeですよね。メリットは、4時間まで無料でトークルームにいることができます。

デメリットは、事前にお互いのIDを交換していくおく必要があるので、初めての人が集う合コンには不向きなところがあります。

LINEビデオ通話

スマホがあれば、誰でもすぐに始めることができます。また、参加者のLINE連絡先を取得できるので、気に入った子にすぐ連絡することができます。

しかし、初めて会う知らない人にLINEを知られたくないと思う女性は多く、参加のハードルを上げてしまいます。

Googleハングアウト

実は一番おすすめなのが、Googleハングアウトです。知名度は低いですが、URLをクリックすれば参加できて、時間制限も無し!さらに10人まで同時に接続できるという優れものです。

ただ、有料化の噂もあるので使えるうちに使っておきたいですね。

「リモート合コン」を成功させよう!

どんな環境下でも結ばれるカップルは結ばれる!と思いますが、少しでもチャンスを増やすため、ちょっとした工夫でリモート合コンを楽しんでくださいね!

もし、つまらなかったら「ごめん、ネットの調子が悪いみたい」と言って離脱もできますよ。

タイトルとURLをコピーしました