【エロい】激しいレイプシーンが観られる映画の人気おすすめランキング20選【閲覧注意】

AV作品でも存在するレイプというジャンル。

AVの場合には演技力なのかは不明ですが、ある意味安心してみることができます。

それは作品として作成される段階である程度の線が引かれるからですね。

実はそのレイプシーンに関しては、AV作品以上のリアリティで視聴できる場合があります。それが映画作品です。

映画の場合には、よりリアリティを求める必要がありその結果、演技をしている女優さん自体がトラウマになるほどのレイプシーンを観られることが多いです。

そこで今回はそんなレイプシーンが凄い・激しい作品を20タイトル紹介と軽い説明などをしていきますので、もし興味がある方はぜひ参考にしてから視聴してください。

編集部おすすめのレイプシーンが凄い映画おすすめを3つ紹介!

作品名 上映時間 エロさ おすすめ度
甘い鞭 118分 ★★★★★ ★★★★★
冷たい熱帯魚 146分 ★★★★☆ ★★★★★
私は絶対許さない 119分 ★★★★☆ ★★★★☆

※配信状況の詳細はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

レイプシーンが凄い映画とは?

AVの場合にレイプとなると作品全体で女優さんが男優にレイプされるという形で最初から最後まで収録されています。

しかし今回紹介するレイプシーンが凄い映画作品の場合には基本物語が主役になっていてレイプ自体はその物語のエッセンスとして入っています。

そのレイプに関しては作品ごとに激しさなど全て違うので視聴する時に基準が無いため選ぶのが難しいと思います。

そういった方にも選びやすく紹介していますのでレイプシーンに興味がある方は参考にしやすい様に作成しました。

レイプシーンが凄い映画の特徴と歴史も紹介

何故こういったレイプシーンが収録された作品が映画として発表されているのか。

AVなどでは需要があるジャンルに関してはかなり力を入れて製作をし作品を増やしていきます。

しかしレイプというジャンルは比較的少なく、その大半はSMとしての作品が多めになっています。

需要自体がそれほどない可能性が高いジャンルのレイプですが何故高い製作費をかけて映画作品にするのか。

その理由などを色々な角度から考えると答えが見えてきます。

レイプシーンが凄い映画の特徴

Sっ気が強い方はAVでSM作品を見ると思うのですが、満足できないといった方には凄くハマる可能性が高いジャンルの作品になっています。

エロというよりも過激といった表現が一番ピッタリハマるので、AVのSM作品で物足りなくなってきたという方はこのレイプシーンが凄い映画作品を一度視聴してみるのはおすすめです。

その過激の加減が年齢制限である程度分かりますので、作品紹介の所でR指定の表記があるので無しから入ってどのくらいかを調べながら視聴してみてください。

レイプシーンが凄い映画の歴史

レイプシーンが作品の中に挿入されている物はかなり昔から存在はしています。

個人的な主観になってしまうとは思いますが、それは女性被害を無くすためと考えています。

こういったレイプ作品を世に送り出すことで、どういった感情になりその後のケアなどを映画作品であれば広げることができるためです。

一種のエロとして作品にしている物も存在はしていますが、大半はそういったレイプによる心の被害を減らしたいという事から作品として世の中に残っているのだと思います。

レイプシーンが凄い映画のおすすめ比較一覧

作品名 舞台 製造年 対象年齢 エロさ おすすめ度
ザ・レイプ 報復を誓う 1982年 無し ★★★☆☆ ★★★★☆
怒り 殺人事件 2016年 R-12 ★★★☆☆ ★★★☆☆
わらの犬 気弱な学者 1971年 無し ★★★☆☆ ★★★☆☆
私は絶対許さない 孤独な女子中学生 2018年 R-18 ★★★★☆ ★★★★☆
人妻セカンドバージン 私を襲って下さい 冷めてしまった夫婦 2013年 R-18 ★★★★☆ ★★★☆☆
ドラゴン・タトゥーの女 謎の事件を追う 2011年 R-15 ★★★★☆ ★★★☆☆
ビビアン・スーの桃色天使 多額の借金 1994年 R-18 ★★★★★ ★★★★★
甘い鞭 もう1人の自分との決別 2013年 R-18 ★★★★☆ ★★★★★
nude AV女優誕生 2010年 R-15 ★★★★☆ ★★★☆☆
女教師 隠ぺい体質の学校 1977年 R-18 ★★★☆☆ ★★★☆☆
名もなき復讐 不可抗力の事件 2015年 無し ★★★☆☆ ★★★☆☆
ビューティフル・カップル 復讐の心理 レイプされた夫婦の復讐 2019年 無し ★★★☆☆ ★★★☆☆
私の奴隷になりなさい 過去の秘密 2012年 R-15 ★★★★☆ ★★★★★
冷たい熱帯魚 裏ビジネス 2011年 R-18 ★★★★★ ★★★★☆
リップスティック レイプ裁判 1976年 R-18 ★★★☆☆ ★★★☆☆
時計じかけのオレンジ 自由な男の実験 1971年 R-18 ★★★☆☆ ★★★★☆
告発の行方 真実を突き止める 1988年 R-18 ★★★★☆ ★★★★☆
アレックス レイプの復讐 2002年 R-18 ★★★★☆ ★★★☆☆
ボーイズ・ドント・クライ 性同一性障害の女性 1999年 R-12 ★★★☆☆ ★★★☆☆
ラスト・タンゴ・イン・パリ 不思議な繋がり 1972年 R-18 ★★★☆☆ ★★★☆☆

レイプシーンが凄い映画おすすめランキングを紹介

ここからはレイプシーンが凄い映画を紹介していくのですが、元々の女優の好みや激しさ、そしてエロシーンの数など選ぶポイントは人によって違います。

その中で順位を決めることはかなり難しいため、順位ではなく作品を紹介しながら3つのポイントに関して評価を付けているので参考にしてみてください。

そのポイントエロシーンの濃さ・多さ、そして物語としてのストーリーを評価しています。

レイプシーンが凄い映画その1.『ザ・レイプ』見事にレイプシーンを演じ切る女優の作品

製作年 1982年
監督 東陽一
対象年齢 レイティング無し
濡れ場を披露しているキャスト 田中裕子
作品時間 100分
エロいシーンの濃さ ★★★★☆
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント レイプシーンのリアリティ

終電で駅に着いた路子は恋人との情事の後だったが故にけだるさを残しながらも家に急いでいた。

その途中に物陰に停車されていた車の中から以前顔を合わせた事がある中古車販売のセールスマンが降りる。

家まで送ろうと誘われるも断るのだが、背後から男が襲う。

抵抗するも車内に押し込み空地へと移動し、お腹を殴り意識が薄れゆく。抗うのだが力で勝てず無残にも裸にされレイプされてしまう。

傷心した路子に対して忘れる様に恋人と愛し合うのだが、ふと言われた「あの時も良かった?」と。この一言に衝撃を受け、闘う決心をした。

レイプシーンが凄い映画『ザ・レイプ』のエロいシーンを解説

©東映
すぐそこでレイプが行われている感覚になる作品

演技には到底見えないほどのレイプシーンでハラハラしてしまいます。

抵抗の仕方や声などは実際にレイプされている様に思えてしまうほどです。

服を引きちぎられ脱がされる所までの抵抗から、挿入された後の絶望感などレイプを経験したことがあるように感じるシーンで、絶望感からの無抵抗になりながらの時間が過ぎ去るのを待つ表情の切なさには脱帽です。

レイプシーンが凄い映画その2.『甘い鞭』AVのレイプでは勝てない作品

製作年 2013年
監督 石井隆
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト 間宮夕貴
作品時間 118分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント AVのレイプを更に過激にしたようなシーン

近所に住む男に高校生の奈緒子は拉致され監禁生活を送っていた。その期間は一か月。

その間弄ばれ続けたのだが、隙を見つけ男性を殺害することでこの地獄の様な生活を抜けだすことに成功する。

しかし、その事がトラウマになっているのも事実で成長するも消えることが無い記憶として生活をしていた。

そんな彼女も不妊治療の専門医として活躍し、美貌を兼ね備える顔を持っていたのだが、実は彼女にはもう一つの顔が存在する。

それがSMクラブでのM嬢として売れっ子のセリカ。

様々な欲望が交錯しながら運命へと導く夜に予想もできなかった惨劇が生まれてしまう…。

レイプシーンが凄い映画『甘い鞭』のエロいシーンを解説

©角川書店
AV以上に過激なレイプ作品

壇蜜さんに注目が集まる濡れ場かもしれませんが、この作品でのレイプシーンは高校生役の間宮夕貴さんが迫真の演技をしています。

レイプシーンだけでもかなりの演技なのですが、SM風のプレイでも壇蜜さんを凌駕しているのではというほどの演技で興奮する人にはかなり刺さるシーンのオンパレードです。

本気でベルトを使用しての叩かれている場面は表情を見ても分かるほどなため、レイプシーンもかなりリアルに近い表情をしています。

レイプシーンが凄い映画その3.『私は絶対許さない』孤独感を見事に出した女優の作品

製作年 2018年
監督 和田秀樹
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト 西川可奈子
作品時間 119分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント 諦めてしまっている表情を見せるレイプシーン

田舎で育った中学3年生の葉子は、メガネで目立たぬ女の子。

父や母などと一緒に平凡に暮らしていたのだがある日がきっかけで葉子はズタズタになってしまう。

それは年末に起こってしまった。若い男達にレイプされてしまうのだ。

元旦に傷だらけで帰宅するも家族は冷たく突き放す事で葉子は天涯孤独と言った気持ちになってしまう。

そして意外な人物と繋がることで葉子はある決意をする。それはレイプされた男たちへの復讐だった。

援助交際をすることで自立した生活を手にするため学校でいじめがあってもこの地獄の様な日々から抜け出すために…。

レイプシーンが凄い映画『私は絶対許さない』のエロいシーンを解説

©緑鐵
代わる代わる交代するレイプ作品

イメージでレイプは複数で行われるように想像してしまうことが多いと思います。

しかし、この作品では5人からレイプをされてしまう少女の絶望しながら時間が経過し終わることだけを望んでいるように思えてしまいます。

レイプシーンのリアリティが凄いのですが、この役どころでは中学3年生なのですが演じている西川可奈子さんは大人の魅力あふれる歳だったため、妙にいやらしさを感じてしまうことは間違いありません。

レイプシーンが凄い映画その4.『私の奴隷になりなさい』見るならR-18作品

製作年 2012年
監督 亀井亨
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト 壇蜜
作品時間 111分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント R-18作品でしか見れないレイプシーン

出版社の先輩である香奈を初めて見た時から夢中になっていた。

人妻でありながら清楚なのに男を強烈に気つける妖艶な魅力を持っている香奈にアタックするも相手にされない…。

そんな彼女から急にメールで今夜セックスをしましょうと誘われてしまうのだ。

戸惑うも憧れていた女性とのセックスは麻薬の様に離れられず、行為だけの関係にどんどんのめり込んでいく。

そして彼女の家に招待された時に見つけたDVDを見つけ映像を見ていると…。

レイプシーンが凄い映画『私の奴隷になりなさい』のエロいシーンを解説

©角川映画
R-18のみに収録されているレイプ作品

R-15作品で一度世に出回ったのですが、R-18で新たに出された事でカットされていたシーンを見ることができます。

調教シーンなどもかなりエロさが増しているのでこの作品を見るならR-18で見るべきです。

そしてレイプシーンはこのR-18でしか見ることができないので、壇蜜さんが「レイプされているシーンを期待していたのに」という方はかなりいやらしいので見るべき作品になっています。

レイプシーンが凄い映画その5.『人妻セカンドバージン 私を襲って下さい』AV女優のレイプシーンを見ることができる作品

製作年 2013年
監督 城定秀夫
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト 七海なな
作品時間 64分
エロいシーンの濃さ ★★★★☆
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント 元セクシー女優のレイプシーン

専業主婦として幸せな生活を送っている麻子。結婚してから喘息持ちな事と不妊症であることが発覚してしまったために夫婦仲は冷めていってしまった。

夫婦の会話がほぼなくなってしまったために夜の生活を一切ない状態に。

会社に向かう時に靴ベラを渡しても顔を見ることさえもない。

すでに旦那は妻として興味を亡くしていた事もあり同僚との浮気をしていたのだが麻子はその事を知っていた。

近所の高校生が挨拶をしてくれるも近所のおばさんと言われている始末。

そんな麻子の楽しみが、廃工場の中で不良のカップルが薬を決めながらセックスをしている光景を除くことだった。

レイプシーンが凄い映画『人妻セカンドバージン 私を襲って下さい』のエロいシーンを解説

©新日本映像
見せることができるAV女優ならではのレイプ作品

家に押し入られなすすべなくレイプされる七海ななさんですが、やはりAVでの出演歴があるので見せることも心得ていますね。

見る物の興奮を誘う表情などは間違いなく置かされている様に見えてしまいます。

この作品では七海ななさんのレイプシーンだけではなく他のAVに出演していた方のセックスも見ることができるので、レイプシーンにあまり免疫がなく見るのが辛いと言った方は他の濡れ場でもしっかり興奮できるのでおすすめです。

レイプシーンが凄い映画その6.『ドラゴン・タトゥーの女』物語も楽しめる作品

製作年 2011年
監督 デビッド・フィンチャー
対象年齢 R-15
濡れ場を披露しているキャスト ルーニー・マーラ
作品時間 158分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント 逃げられない寝バック

財界汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損で敗訴したミカエルは落ち込む日々を送っていた。

そんな彼の元に財閥の元会長から依頼が舞い込む。

その依頼は親族の娘が失踪した事件の真相究明で殺害を疑っていた。

40年も昔の事件で一族が住んでいた島から痕跡を一切残さずに消えた少女。

成功した一族の成功の影にミカエルは気が付くのだが決定的な手がかりが見つからない…。

その姿に一族の弁護士から情報収集能力がかなり高い人物を紹介される。

その人物がリスベットと言って病気を患っている様に見える外見をしていた。

この事件に異常なまでの関心を持ち徐々に事件の真相に近づいていく。

レイプシーンが凄い映画『ドラゴン・タトゥーの女』のエロいシーンを解説

©ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
SMを絡めた王道に見えてしまうレイプ作品

レイプというと行動をさせない様にするために手足を縛ったりすることが多く見受けられ少しSMの要素を垣間見ることができます

。このドラゴン・タトゥーの女でも例外ではなく縛られている状態での抵抗を見ることができます。

やがてその抵抗が無駄に思えてくると時間が早く過ぎて欲しいと言った諦めの表情に変化していきます。

その表情に犯している男は優越感を見せながら腰を振っている。

レイプされている側は受け入れるしかないと言った表情を見せることに。

レイプシーンが凄い映画その7.『ビビアン・スーの天使と悪魔』天使が穢される作品

製作年 1995年
監督 フー・リー
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト ビビアン・スー
作品時間 95分
エロいシーンの濃さ ★★★★☆
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント デビュー間もないビビアン・スーのレイプシーン

株の取引きに失敗してしまい、会社に大損害を与えてしまったチージエは追われる身になってしまった…。

恋人であるシャオシャンを連れて逃亡を続けるのだが、そこで出会う女性を利用しようと考える。

その女性は富豪の未亡人であるモンホン。

チージエに出会い、彼に亡き旦那の姿がダブって見えてしまうのだった。

そのことを利用して財産を持つモンホンに近づいて行った。

毎晩熱い夜を過ごしていたチージエとモンホンの姿を覗いてしまったシャオシュンは構ってもらえない事もあり体が疼いてしまう…。

レイプシーンが凄い映画『ビビアン・スーの天使と悪魔』のエロいシーンを解説

©クロックワークス/ツイン
アイドル時代のビビアン・スーのおっぱいを見ることができる作品

レイプシーン以外で濡れ場があるのですが、やはり本命はビビアン・スーのレイプシーンだと思います。

この当時かなり若かったこともあり肌感など健康的でありながらそのエロさとのギャップが大きく興奮します。

ずぶぬれのビビアン・スーも見ていたいのですが、その後に待っているのはレイプシーン。

可愛いからこそより可愛そうに感じてしまうシーンです。

そこに目をつぶると綺麗なおっぱいで乳首の色なども綺麗で堪りません。

アイドル時代のビビアン・スーの貴重な濡れ場を見ることができるおすすめ作品です。

レイプシーンが凄い映画その8.『冷たい熱帯魚』濃厚すぎる濡れ場とレイプ作品

製作年 2011年
監督 園子温
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト 神楽坂恵
作品時間 146分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント リアルに感じる挿入しているシーン

主人公である社本信行はできるだけ平穏に暮らす事を考えていた。

彼には娘と妻がいるのだが、2人は知が繋がっていないこともあり溝が存在していたのに見て見ぬふりをしていた事が災いし、娘が万引きをしてしまう。

万引きしたスーパーで彼を救う男性が村田。

この村田が店長に懇願し許す事になり大型熱帯魚店を経営していた村田は娘をバイトとして迎え入れる。

社本はその恩を感じ村田と奥さんの夫婦との交流が始まり、しばらくするとある提案をされる。

その提案とは利益の大きい高級な魚の取引だった。

村田の裏の顔を知ってしまった社本は、引き返す事ができなくなっていく…。

レイプシーンが凄い映画『冷たい熱帯魚』のエロいシーンを解説

©日活
SMも一緒に見ることができる作品

この作品の濡れ場の殆どがレイプ、もしくはそれに近い物が殆どです。

その中でも神楽坂恵さんの押し倒され挿入されるレイプはかなり迫真の演技です。

そしてその後のセックスでのシーンは演技ではなく本当にセックスをしているように思えます。

体の密着度や抵抗の仕方を見る限り「演技ではなく本当にしているのでは?」と思えるほどの濡れ場になっています。

レイプシーンが凄い映画その9.『nude』AV嬢の自伝作品

製作年 2010年
監督 小沼雄一
対象年齢 R-15
濡れ場を披露しているキャスト 渡辺奈緒子
作品時間 106分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント 切なさを感じてしまうレイプシーン

新潟県で高校を卒業したひろみ。彼女は女優になりたいという夢を抱き上京する。

生活のため働くのだが、そんなある日スカウトマンから声をかけられスカウトされることに。

夢への第一歩を踏み出せたひろみはヌードモデルにチャレンジすることを決める。

その決意の強さが良かったのか、徐々に演技をこなす仕事が増えてくる。

そういった経緯からさらに女優になりたいという気持ちが以前よりも大きくなっていくのだが…。

レイプシーンが凄い映画『nude』のエロいシーンを解説

©アルシネテラン
疑似レイプがレイプに昇華する作品

本当の意味でのレイプシーンでは無いのですが、物語の流れの中でAVの撮影が行われます。

その撮影がレイプシーンになっているのです。

そしてそのレイプシーンがかなりの物で涙を流す姿などはまさにレイプをされている女性に見えてしまいます。

そして力ない声での殺して…というセリフはまさにレイプ被害を受けている女性にすら見えてしまうほどです。

レイプシーンが凄い映画その10.『怒り』有名い女優がトラウマになってしまう作品

製作年 2016年
監督 李相日
対象年齢 R-12
濡れ場を披露しているキャスト 広瀬すず
作品時間 142分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント まさかの女優広瀬すずさんがレイプシーンに

夏のある日に奇妙な夫婦殺人事件が起こった。

窓を閉められ蒸し風呂状態の殺害現場である血文字が残されていた、その文字は怒。

犯人は整形をし逃亡を続けるのだが足取りが掴めないでいた。

事件発生から1年が過ぎ、素性の知れない3人が現れ警察の新しい手配写真に似ている人物が。

同居も始め、関係が深くなるも不振な行動に優馬は疑い始める。他の2人の行動にも疑問が付きまとうのだが…。

好きになってしまった人物が果たして殺人を犯したのだろうか?しかし信じたい気持ちが最悪の結末を迎えることに…。

レイプシーンが凄い映画『怒り』のエロいシーンを解説

©東宝
有名女優の心を犯した作品

まさかの女優である広瀬すずさんがレイプシーンを演じるとは想像もできないと思いますが、実際に撮影が終了した後はしばらく人に近づくこおtすら抵抗があったほどと。

本当にレイプをされた女性だともっと心に傷を作ってしまうのではと思いますが、この作品での広瀬すずさんのレイプシーンでは自由が利かない状態でパンツを無理やり脱がされ、そしてそのパンツを引きちぎられてしまいレイプされるという物です。

例え演技だとしても目の前でこんなことをされてはと思ってしまいますね。

レイプシーンが凄い映画その11.『告発の行方』リアル過ぎるレイプシーンを見れる作品

製作年 1988年
監督 ジョナサン・カプラン
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト ジョディ・フォスター
作品時間 111分
エロいシーンの濃さ ★★★★★
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント 本物の事件の映像に見えるほどのリアリティ

ある日の夜公衆電話から警察に店でレイプが起きたので助けてほしいと連絡が来る。

その電話をした男性の後から女性が飛び出し通りがかりの車に助けを求めた。

その女性はサラと言いお酒に酔い麻薬を吸っていたところに3人からレイプをされたという。

検事はこの事件の捜査をするも加害者は合意の上での出来事と主張する、

それに対抗したいサラだが有利になる証拠を持っていなかった。

そういった経緯もあり検事は司法取引に応じるのだが、その事実を知ったサラは傷つき自傷行為を行ってしまう。

検事はその姿を見た事で再捜査を始めるのだが…

レイプシーンが凄い映画『告発の行方』のエロいシーンを解説

©パラマウント映画 UIP
男性が次々と変わるレイプ作品

女性一人では複数の男性の力に屈するのは当たり前ですが、この作品のレイプシーンでもやはり複数の男性が協力して抵抗すらさせないようにしています。

口をふさがれ助けを求めることができない絶望が表情に現れ抵抗しようにも力の差は歴然です。

1人が終わると次の男にと時間が早く過ぎ去ることを願うだけという表情をしながらレイプされている女性を演じています。

レイプシーンが凄い映画その12.『アレックス』レイプされながら恐怖に支配されている作品

製作年 2002年
監督 ギャスパー・ノエ
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト モニカ・ベルッチ
作品時間 98分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★☆☆☆
ストーリー ★★★★★
おすすめポイント 普通のレイプシーンを凌駕するほどの映像
男性が身体を貪り合う秘密のゲイクラブで事件は起きた。
そのクラブでテニアという男性が消火器を使って顔面を殴られ、更に潰されるという物だった。
犯人はピエールとマルキュスという名の2人の男性。
この2人はテニアに対して行ったのは衝動的な物で報復でもあった。
この事件の事の発端はアレックスという名前の女性の身に起きてはいけない惨劇から始まっていた。

レイプシーンが凄い映画『アレックス』のエロいシーンを解説

©コムストック
伝染する恐怖からレイプされる作品

圧倒的力の前では身動きをすることすらままなりません。

女性が暴力を受けている場面を見た女性は間違いなく立ちすくむでしょう。

矛先が変わった時に恐怖から逃げ出す事ができないという夜も体を動かす事もできないほどで、ナイフを見せつけられたらどうすることもできず押し倒されレイプされてしまう。

一度挿入することで男性自体の意識が変わった時に抵抗できるチャンスと見て叫ぼうとしても口を抑えられてしまい絶望の表情に変わります。

早く男性が終了することと現実から離れている様な表情をリアルに再現された作品です。

レイプシーンが凄い映画その13.『ボーイズ・ドント・クライ』複雑な気持ちになる作品

製作年 1999年
監督 キンバリー・ピアース
対象年齢 R-12
濡れ場を披露しているキャスト ヒラリー・スワンク
作品時間 119分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★☆☆☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント 少し変わったレイプ

20才のブランドンは男装をして小さな町のフォールズタウンに向かう。

そこで知り合ったジョンとトムの仲間のラナに出会い恋に落ちる。

ジョンは元は詐欺師でラナの母親の愛人なのだが、ラナに対して密かに思いを寄せていた。

トムは暴力的な男。以前車を盗んだことで逮捕された経験があるブランドンはこの2人とは微妙な距離感を保っていた。

しかし裁判所から召喚命令を背き免許書から本人とバレてしまい拘留させられてしまう。

面会に訪れたラナはブランドンから性同一性障害であることを打ち明けられる。

ブランドンを愛しているラナはその事を受け入れるのだが周りの人間を逆の反応をしていた。

新聞でブランドンが女性であることを知った町の人間は変態扱いをされる。

レイプシーンが凄い映画『ボーイズ・ドント・クライ』のエロいシーンを解説

©20世紀フォックス映画
精神と体を同時に犯される作品

物語に出ているブランドンは性同一性障害を持っているため気持ちは男で体は女性です。

今まで紹介したレイプシーンとは若干違う事がこの作品ではしっかりと表現されています。

女性という事を確認するために下着を脱がした後、気もちは男性でも力は女性のため抗う事もできません。

そこで絶望を味わってしまいます。

男性が男性にレイプされているという感覚と同時に女性としても犯されているといった二つの屈辱を味わっている表情は他の作品には無い物です。

レイプシーンが凄い映画その14.『ラスト・タンゴ・イン・パリ』激しさに心が変わる作品

製作年 1972年
監督 ベルナルド・ベルトルッチ
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト マリア・シュナイダー
作品時間 129分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめポイント レイプから始まる体の結びつき

中年男性のポールはアパートの空き部屋で偶然に若い女性のジャンヌに出会う。

そして偶然に出会ったその後にいきなりジャンヌをレイプする。

しかし2人はその事に対して変に意識しない様何事もなかった様に別れてしまう。

そんなジャンヌには婚約者がいたのだが、その一方のポールは結婚をしていたが妻が自殺をした事で仁背に対して絶望していた…。

そんあ2人は別れた後もレイプがあったアパートの空き部屋で会い続け、互いの肉体を求め合う日々に。

レイプシーンが凄い映画『ラスト・タンゴ・イン・パリ』のエロいシーンを解説

©コピアポア・フィルム
女優も知らなかったアイテムを使ってのレイプ作品

気持ちが無い状態でのセックスとレイプは同じように女性は受け付けることをしません。

この作品ではその事を強調するようなレイプシーンを収録しています。

始まりは女性を無理やりうつぶせにし、挿入を試みるのが一般的。

この時点で女性が濡れていることは基本ないことを想定しているのかバターの油分を利用してズボンを脱がせ寝バックでレイプします。

抵抗するも寝バックは身動きが殆ど取れず、両手の自由を奪われ抵抗するも効果が殆どありません。

そのことで絶望するジャンヌの表情は無に近い状態に。

レイプシーンが凄い映画その15.『ビューティフル・カップル 復讐の心理』全面で恐怖支配を感じる作品

製作年 2019年
監督 スベン・タディッケン
対象年齢 レイティング無し
濡れ場を披露しているキャスト ルイーゼ・ハイヤー
作品時間 98分
エロいシーンの濃さ ★★★★☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント 恐怖すら感じるレイプ

バカンスに訪れたマルテとリヴは楽しんでいたのにも関わらずいきなり奈落の底に叩き落される。

海辺にあったコテージで、理由もなしに襲われたからだ。

愛する人が目の前で穢された。

穢した犯人はその後も何事もなかった様に平穏な暮らしを送っていたのだが、その姿を目撃してしまいます。

2年が経過し忌まわしい出来事と決別しようと頑張っていた。

2人の絆を強く事件を乗り越えられるところだったのだが…。

レイプシーンが凄い映画『ビューティフル・カップル 復讐の心理』のエロいシーンを解説

©クロックワークス
男性までもがレイプされてしまう作品

この作品ではレイプに発展するまでにかなりの恐怖を植え付けられると思います。

力でねじ伏せる様に夫婦にセックスを強要するも面白くないという理由から旦那を拘束し奥さんをレイプするといった物です。

この時点でかなり恐怖を感じているためかその表情は恐怖しか感じていません。

そしてそのままレイプシーンが流れます。

ことが終わると旦那を解放するのですが、2人は恐怖を感じて震えているのですが、もはや旦那さんもレイプを受けた様になっています。

レイプシーンが凄い映画その16.『時計じかけのオレンジ』独特な世界観をみることができる作品

製作年 1971年
監督 スタンリー・キューブリック
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト エイドリアン・コリ
作品時間 137分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント レイプがあまり頭に入らなくなるシチュエーション

不良グループのナンバー1のアレックス。毎日の様に喧嘩などの暴力やセックスに明け暮れていた。

しかし、そんな毎日を楽しんでいたアレックスにもその生活に終止符を打つときがやってくる。

とある殺人事件があり、アレックスの仲間が裏切ったことによって投獄させられてしまうのだ。

彼は獄中で攻撃性を無くす洗脳の実験台に立たされることになるのだが…。

レイプシーンが凄い映画『時計じかけのオレンジ』のエロいシーンを解説

©ワーナー・ブラザース映画
視聴注意なレイプ作品

作品自体のセックスシーンがかなり多めな作品になっています。

今までレイプシーンがある作品を沢山見てきた人でもこの作品を超える物は中々無いといっても過言ではないほどです。

レイプをしながら歌を口ずさんでいる男性には罪悪感などが一切なくさも当たり前の様に女性に対してレイプを行っています。

作品全体が独特な雰囲気があるため、そのシーンすら違和感を感じなくなっている様に感じる作品です。

レイプシーンが凄い映画その17.『リップスティック』狂気に抵抗できずレイプされてしまう作品

製作年 1976年
監督 ラモント・ジョンソン
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト マーゴ・ヘミングウェイ
作品時間 89分
エロいシーンの濃さ ★★★★☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント 狂気を感じるレイプシーン

モデルをしていた美人なクリスが音楽教師の男性にレイプをされてしまう。

クリスはこの事を告訴するのだが、裁判はただ彼女にとって屈辱的なだけで意味をなさなかった。

そして審理がレイプをした音楽教師に有利になり始めたタイミングでクリスの妹にまで手を出しレイプをする。

クリスは裁判で決着を考えることをやめて、別の方法で解決を考え銃を手にしこの音楽教師に対して復讐を決意し…。

レイプシーンが凄い映画『リップスティック』のエロいシーンを解説

©東宝東和
心まで犯されている作品

レイプはスタンダードな流れで女性が犯されるのですが、レイプする男性の狂気を感じる作品。

女性をただレイプするだけではなく抵抗する心の気持ちさえも犯すと言った表現がぴったりです。

暴力的なシーンが多いのでレイプシーンだけを見るのは中々難しい作品です。

レイプは寝バックの状態で続けているのですが、やはりこの体制では女性は絶望を味わうのは間違いなく、抵抗すること自体を諦めてしまいます。

レイプシーンが凄い映画その18.『名もなき復讐』胸が締め付けられるレイプシーン作品

製作年 2015年
監督 アン・ヨンフン
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト シン・ヒョンビン
作品時間 109分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★★☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント 何度も行われるレイプシーン

射撃の代表候補として活躍していたジウンの両親が交通事故により他界してしまう。

彼女自身も事故での後遺症により言語障害になってしまい、射撃の道を閉ざされてしまう。

その後に工場で働く事になるのだが、無気力に生きていた彼女が帰宅をしている時3人の男性から襲われてしまう

。廃墟に連れ込まれ何度も犯され男達が去った後に絶望の淵に立たされる。

警察に行くも邪険に扱われ憔悴しきった彼女にさらなる不幸がやってくる。

このタイミングで男性に襲われてしまうのだ。

しかし彼女は残っていた力を振り絞ることで回避できたのだが、誤ってその男を…。

レイプシーンが凄い映画『名もなき復讐』のエロいシーンを解説

©「反逆の韓国ノワール2016」上映委員会
抵抗したくても声が出ない恐怖が再現された作品

元々声を出せない状態で男性にレイプされそうになっても助けを呼ぶ事ができない。

そしてその人数が複数いる状態では諦めたくなくても諦めてしまう。

そんな状況でできることは感情を殺すこと。

しかしそれができないわけですから嫌がり抵抗します。

力なき女性に対して笑いながら行われるこの作品のレイプシーンは見ていてあまり気分の良い物では無いかもしれません。

レイプシーンが凄い映画その19.『女教師』レイプ以外にも問題がある作品

製作年 1977年
監督 田中登
対象年齢 R-18
濡れ場を披露しているキャスト 永島暎子
作品時間 100分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント 抵抗できない状況のレイプ

埼玉県で中学校の教師をしていた節子。

ある日ピアノを練習している時に5人の生徒にレイプをされてしまう。

この事を教師たちに話したのだが、事なかれ主義である教頭や他の教師たちはできるだけ大きくならない様に収拾に動き出す。

できるだけ問題にしたくない他の教職員によって捏造され、レイプに関しては節子から誘ったという事実とは違う形で解決された。

このこともあり婚約をしていたのだが、その婚約者は節子から離れたしまう…。

レイプシーンが凄い映画『女教師』のエロいシーンを解説

©日活
紙袋をかぶせられレイプされる作品

教室に入り頭に袋をかぶせられ誰にレイプされているかわからない状況はただ恐怖でしかないです。

そんな状態で複数の男性からレイプされ、そしていつ終わるかわからないのは生きながら殺されていくように感じます。

抵抗しようにも複数の人間に抑えられては諦める様にすることで自分に嘘をつくしかなくなってしまいますね。

レイプシーンが凄い映画その20.『わらの犬』キスの意味が分かる作品

製作年 1971年
監督 サム・ペキンパー
対象年齢 レイティング無し
濡れ場を披露しているキャスト ケイト・ボスワース
作品時間 115分
エロいシーンの濃さ ★★★☆☆
エロいシーンの多さ ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
おすすめポイント 抵抗虚しくレイプされてしまう

数学者のデイビットとエイミ―夫妻はアメリカを離れエイミーの故郷であるイギリスの片田舎に越して来た。

いざ暮らし始めると嫌がらせを受ける日々。

文句を言う様にエイミーに言われても元々気弱なデイビットには言い返すことができない。

そんなある日、精神薄弱者のヘンリーを匿った事が気に入らない若者から攻撃を受けてしまう。

知人の仲裁も入ったのだが、もみ合った挙句に射殺されてしまった…。

その場面を見たデイビットの中で何かがはじけ飛んでしまった。

恐怖に怯えてしまったエイミーが止める様にしても構わず彼の暴走を止めることができない…。

レイプシーンが凄い映画『わらの犬』のエロいシーンを解説

©20世紀フォックス
気持ちが繋がらない事が理解できる作品

レイプをしているシーンでキスをする場面がありますが、大半の場合女性は嫌がります。

「男性は無理やりしようとするのは征服感を欲しているのでは」と思えるほど無理やりキスをしながら正常位をすることが殆どです。

この作品でも暴力をふるいながら抵抗する女性に対して無理やり服を脱がせキスをしています。

そのシーンがよりレイプをされている様に見えてしまうのは、やはりキスがキーポイントになっているようですね。

レイプシーンが凄い映画は軽い気持ちでは見ない!

今回紹介したレイプシーンが凄い映画作品では対象年齢を見てから作品を視聴することをおすすめします。

年齢制限が無い作品は他のR-18作品と比較した場合にエグさが弱めになっているからです。

レイプシーンが凄い映画を見る場合には気持ちに従って視聴をやめることも大事なので気をつけてください。

やはり基本的には愛のあるセックスでは抜く際には気持ち良く抜けます。

しかしレイプシーンの場合にはその感情部分がマイナスな物だけになっているため気持ち良くなることはかなり難しいです。

マイナスの感情が多くなってしまったら視聴をやめる様にしてください。