アニメ『シャドウバース』6話ネタバレ「強さの理由」

アニメシャドウバース 6話 ネタバレシャドウバース

アニメシャドバの6話では、久々にルシアが登場しますよ。

ルシアがバトルした相手は…。

6話ネタバレ「強さの理由」いってみましょう!

スポンサーリンク 

アニメ『シャドウバース』6話ネタバレ「強さの理由」

(引用:シャドウバース公式Twitter

夜那月ルシアと竜ヶ崎ヒイロが通学路ですれ違った。

うつむいて悩みがちなルシアに対して、元気溌剌のヒイロ。対極的な二人が描かれる。

早速スマホを取り出して、「シャドバしようぜ」と呼びかけるヒイロに対し、

スマホを取り出して、「こんな時間だけど良いの?」と時計を見せるルシア。

時刻は8:25

ヤベェ〜!遅刻だ!と走り出すヒイロ。

を、双眼鏡で観察していたのは、カイだった。

カイは、ルシアの調査をしているそう。ルシアに負けたことが悔しくて、調査しているだとか。「超天才改め、天才ですから」といつもの決め台詞。

ところで、なんでカイは遅刻しそうなのにそんなことしているのか?

なぜなら、「創立記念日だから」

ルシアの学校

ルシアは授業を受けている。

それを学校の外から木を上から観察しているカイ。ルシアもカイと同じで学校の授業には興味がない、と。そんなことはどうでもいいヒイロ。早くルシアとシャドバがしたくて、カイと待っている。

ルシアは、文武両道だった。

ようやく授業が終わった。

放課後

喜び勇んで校門で待つヒイロを、教室の窓から見るルシア。しかし、「君とバトルするにはまだ早い」と呟き、裏門から出ていくルシア。

そこには、牙倉セイヤが立っていた。牙倉タクマの兄でシャドバのプロプレイヤーだ。タクマは以前ルシアにシャドバに負けた。

タクマは以前荒れていたが、シャドバで負けたことによって良いように変わったらしい。なので、セイヤはルシアにお礼を言いにきたのと、バトルを申し出た。

セイヤは勘違いしている。タクマがバトルして変わった相手は、ルシアではない、ヒイロだ。

ヒイロの名前は出さずにそのことをルシアは伝えた。

とはいえ、バトルは始まった。

スポンサーリンク 

バトル序盤

セイヤはスペルカード。土の魔片

ルシアは蠢き死霊をプレイ。

互いに1ポイントずつ。

セイヤは、サニー、ルーンガーディアンをプレイ。土の秘術の能力。


(引用:シャドウバース公式Twitter

ルシアは、鋭利なひと突きでルーンガーディアンを破壊し、蠢き死霊でリーダーを攻撃した。

バトル中盤

セイヤが確実にルシアを追い詰める。

しかし、ルシアに好機が。

ルシアの手元には、フォレストバットが4体揃った。セイヤに反撃し、体力を4奪った。

セイヤは、グレートマジシャンを進化させた。相手の体力3以下のフォロワーを一体消滅させる。さらに、土の秘術を使い、自分のフォロワーにすることができる。

(引用:シャドウバース公式Twitter

セイヤのターン。しかし、ルシアを復讐状態にしないために途中で攻撃は止めた。

バトル後半

(引用:シャドウバース公式Twitter

しかし、次のルシアのターンではフォレストバット4体を出し、自らを攻撃させた。結果、ルシアは復讐状態になった。

ルシアは、セイヤに「プロは確かに強いが、強いだけだ」と言った。ルシアの心の中にはヒイロとの熱いバトルがある。淡々と進むバトルはいよいよ大詰め。

ダークエンペラーを出現。

セイヤのターンでは、一気にルシアの体力を5奪った。さらに体力が5あるフォロワーが3体。

しかし、ここでは終わらないルシア。群れ出す飢餓。さらにけつがの女帝、フォレストバットの総攻撃!

ルシアの勝利。

スポンサーリンク 

招待状

セイヤは、ルシアに完敗だと言い、胸元に楽しいバトルのお礼を入れておいたと伝え去っていった。

ルシアの胸元には、「招待状」が入っていた。

招待状を見て、ヒイロとのバトルにふさわしい舞台だとつぶやくルシアだった。

その夜

(引用:シャドウバース公式Twitter

病院の一室で、ベッドに横たわる少女がいた。ルシアの妹シオリだった。シオリを心配して毎晩見舞いにくるルシア。

治療費を心配して病院を移るというシオリを、「お金は僕が何とかする」と言って抱きしめるルシアだった。

スポンサーリンク 
タイトルとURLをコピーしました