【チェンソーマン】東山コベニの強さとは?性格や登場シーンも紹介

この記事では、漫画「チェンソーマン」に登場するキャラクターである「東山コベニ」について解説します。

東山コベニは、主要キャラも容赦なく退場するチェンソーマンにおいて、数少ない第1部完結時点での生き残りです。

今回はそんなコベニの性格や能力・活躍シーンについて解説していきます。

現在連載中の第2部で登場する可能性や、人気投票で上位に食い込んだ彼女の愛車についても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

  1. 東山コベニについて
  2. 東山コベニの能力、強さ
  3. 東山コベニの登場シーン
  4. 東山コベニに関する疑問

※この記事にはチェンソーマンのネタバレが含まれていますので、気になる方はご注意ください。

【チェンソーマン】そもそも東山コベニってどんなキャラ?

「東山コベニってどんなキャラ?」「チェンソーマン本編でどんな活躍をするの?」

そんな疑問にお答えするため、本項では彼女のプロフィールについて解説します。

東山コベニのプロフィール

東山コベニのプロフィールは以下の通りです。

名前 東山コベニ
バディ 荒井ヒロカズ→暴力の魔人
契約悪魔 不明(本人曰く秘密)
性格 引っ込み思案

チェンソーマン本編において、悪意を持って人を襲う「悪魔」に対処するための職業・デビルハンターの仕事をしています。

コベニはその中でもとくに討伐が難しい悪魔を担当する「公安対魔特異4課」に所属。

対悪魔討伐のため特別な訓練を積んだ人物です。

あまり裕福な環境で育ったわけではなく、趣味は美味しいものを食べること。

初登場は「永遠の悪魔編」からで、戦闘ではあまり頼りになりませんが、悪運は強いのか同僚や上司が死んでいく中なんとか命だけは助かりました。

契約悪魔は不明

東山コベニの契約悪魔は第1部が終了した段階でも不明です。

契約悪魔とは、デビルハンターが悪魔と戦うために悪魔の力を借りる行為を指します。

悪魔から力を借りた人間は、代償として特定の行為をしなければならなかったり、寿命を支払う必要があります。

本編ではデビルハンターは「狐の悪魔」や「石の悪魔」など、悪魔の力を行使して悪魔に対抗していましたが、コベニがどんな悪魔と契約していたかは判明しませんでした。

コベニは自分の契約悪魔に関して「秘密」と発言しており、何か人前では言えない悪魔だったのかもしれません。

【チェンソーマン】東山コベニの強さ

次に、東山コベニの強さについて解説していきましょう。

人間を容易く引きちぎる力を持つ悪魔に対抗するためには、並の実力では太刀打ちできません。

コベニがどんな力を持っているのか、詳しく見ていきます。

高い身体能力

コベニは高い身体能力を持っています。

コベニを鍛えたデビルハンターの姫野は彼女を「引っ込み思案だけどかなり動ける」と評価していました。

小柄な体格で素早く行動でき、背後から忍び寄って相手を拘束するなど、スピードに秀でています。

他にもヘビの悪魔と契約した沢渡の攻撃を避けて悪魔人間のサムライソードの腕を切り落とすなど、身体能力の高さを見せています。

契約悪魔の力で戦うデビルハンターが多い中、コベニはおそらく自前の身体能力で悪魔の力に対抗できる能力の持ち主です。

バディに戦闘を任せることが多い

高い身体能力を持つコベニですが、バディに戦闘を任せることが多く、自分からはあまり戦いません。

これは性格によるもので、前述した通り先輩の姫野からも「動きはいいけど引っ込み思案な性格が……」と暗に指摘されています。

彼女がまともに戦闘したのはサムライソード・沢渡と戦ったときくらいで、他の場面では現場にはいるものの、怯えていたり命乞いしたりしていました。

近くに頼りになる人がいればそもそも本気を出さない・出せないのがコベニの弱点です。

東山コベニの性格

強さだけでなく、性格についても見ていきましょう。

コベニの性格は死と隣り合わせのデビルハンターには一見向いていないような、臆病な性格です。

詳しく解説していきます。

引っ込み思案

コベニは臆病・怖がり、引っ込み思案な性格です。

パニックになりやすく、死に近い状況に置かれると喚き出す、パニック映画ならすぐに死んでしまいそうなキャラクターをしています。

永遠の悪魔編では自分の命を守るためにデンジを殺そうとするなど、人間らしい弱さを抱えている人物。

恐怖心を力に変えてパワーアップする悪魔とは、相性が悪い性格と言えるでしょう。

コベニは臆病な性格もあって、高い身体能力をあまり活かせないザンネンな子なのです。

デビルハンターの仕事を常にやめたがっている

デビルハンターの仕事を辞めたがっていて「辞めたい」と口にすることが多いです。

コベニに向いていないように見えるデビルハンターの仕事ですが、この仕事は彼女が望んで選んだわけではありません。

優秀な兄だけは大学に行かせたいという親の都合でデビルハンターの仕事を選ばされ、他の選択肢が風俗しかなかったのです。

自分から望んで公安に入ったわけではないので、仕事へのモチベーションも低く、自分からあまり動きません。

しかし「ボーナスが近いから」という理由で公安に残ったり、結構図太い性格をしています。

死と隣り合わせの公安に、給料のために残るコベニは「頭のネジが飛んだヤツが才能ある」デビルハンターにある意味向いた人材なのかもしれません。

東山コベニの登場シーン

コベニは「チェンソーマン」のかなり初期から登場するキャラクターです。

活躍シーンも多いので、以下の4つに分けて紹介していきましょう。

  • 登場シーン①:永遠の悪魔編
  • 登場シーン②:特異4課襲撃編
  • 登場シーン③:デンジ争奪戦編
  • 登場シーン④:支配の悪魔編

それでは解説します。

登場シーン①:永遠の悪魔編

特異4課の新人として同僚の荒井ヒロカズと共に初登場。

上司からは「かなり動ける」と評価されていたコベニですが、不死身の能力を持つ永遠の悪魔には対抗できませんでした。

永遠の悪魔の空間に閉じ込められて、餓死するのを待つだけになり錯乱。

永遠の悪魔のターゲット・デンジを殺害して異空間から出て助かろうとします。

結論としては、悪魔はデンジの奇策によって倒されたので、この章でコベニに目立った活躍はありませんでした。

その後はデンジを殺そうとした罪悪感から公安を辞めようとします。

錯乱して暴走しかけたコベニですが、罪悪感を感じているので悪い人間ではないことがわかりますね。

登場シーン②:特異4課襲撃編

他の公安と同様、襲撃にあい銃で撃たれます。

その際にバディの荒井に庇われ、荒井は死亡するもののコベニの命は助かりました。

その後はデンジを連れ去ろうとするサムライソードと沢渡の2人と戦い、デンジを救出する活躍を見せます。

永遠の悪魔との戦いでは活かせなかった戦闘能力の高さを、ここで披露できたのです。

そして公安を辞めるか迷ったコベニですが、結局「ボーナスが近いから」という理由で残ることになります。

登場シーン③:デンジ争奪戦編

コベニ本人はリアクション要因でしか活躍しませんでしたが、この編で登場した彼女の車が大活躍。

給料で車を購入したコベニですが、パワーの気まぐれで運転を奪われます。

パワーが運転するコベニの車は公安のメンバーにぶつかる事故を起こし、公安に化けていた敵(と巻き込まれたデンジ)を倒す大金星をあげました。

その後は他の公安メンバーと共に地獄に送られ、闇の悪魔に腕を飛ばされます。

動けないコベニにバディの暴力の魔人は拘束具のマスクをとってもらい、隠れるよう促しました。

しかし超越者の闇の悪魔には敵わず、暴力の魔人はバラバラにされ殺されてしまいます。

マキマの活躍で地獄から帰還した後は、切断された腕は元に戻ったものの、ショックで公安を辞めました。

登場シーン④:支配の悪魔編

デビルハンターを退職したコベニは、ハンバーガー店の店員になっていました。

しかしコベニが働き始めた「ファミリーバーガー」はパワハラが公然とまかり通るブラック企業。

コベニはそこで馴染めずに小さく助けを求めます。

すると暴走状態のチェンソーマンが襲来、騒動を引き起こしました。

ハンバーガーを食べたいチェンソーマンにハンバーガーを持っていき誤ってこける、強制的にデートとしてダンスゲームをやらされるなど、チェンソーマンに振り回されるコベニ。

終盤ではチェンソーマンとマキマに振り回され続けたコベニですが、悩むデンジに間接的にマキマ討伐のヒントを与えるシーンもありました。

その後はマキマとの決戦には参加せず、生き残っています。

【チェンソーマン】東山コベニに関する一問一答

ここでは、コベニに関する疑問について回答していきます。

コベニに関する疑問は以下の通りです。

  • 人気投票で7位にランクインしたコベニの愛車とは?
  • 東山コベニはどの悪魔と契約している可能性がある?
  • 東山コベニは第2部には登場する?

一つずつ解説します。

人気投票で7位にランクインしたコベニの愛車とは?

デンジ争奪戦で活躍したコベニの愛車は、その活躍ぶりから第1回の人気投票で8位のコベニより高順位の7位にランクインしています。

コベニの愛車はコベニが自分が働いた給料で購入したもので、自分の車を持って嬉しがっていたコベニでしたが、横暴なパワーに理不尽に奪われてしまいました。

コベニの愛車(コベニカー)の出番をまとめると以下になります。

  • 誤って人身事故を起こし敵の刺客(とデンジ)を轢き殺す(車体が大きくへこむ)
  • ビルから落下する岸辺とアルドを受け止めるクッションになる(車体はさらにボコボコに)
  • デンジが人形の悪魔との戦いでコベニカーを思い切り投げつけ、ガソリンに引火して大炎上(車はオシャカに)

デンジ争奪戦で最初から最後まで大活躍したコベニカーは、持ち主より存在感を見せ、見事7位にランクインしたのです。

この事態に作者も「昔に面白半分で漫画やゲームの人気投票の際、変なキャラクターに投票してたツケが回ってきた」とコメントを寄せていました。

東山コベニはどの悪魔と契約している可能性がある?

コベニの契約している悪魔は不明で、そもそも悪魔と契約しているかどうかも謎のままです。

初期の頃は戦闘時に包丁を握っていたことから「包丁の悪魔」と契約しているのではないかと予想されていました。

岸辺が「ナイフの悪魔」と契約していたので、包丁の悪魔もいないことはなさそうだからです。

ただし包丁の悪魔と契約しているとして、悪魔の力の片鱗くらいは見せそうですし、秘密にする意図も分かりません。

コベニはわざわざ契約悪魔について「秘密」と回答しているので、何か隠し事があったのかもしれませんね。

東山コベニは第2部には登場する?

コベニは第1部で生き残っているので、第2部に登場する可能性は大いにあります。

ただし第2部は「学生編」なので、舞台が高校となる関係上第1部時点で20歳だったコベニがメインで登場するのは望み薄です。

第1部では何度も死にかけたコベニでしたが、悪運が強かったのか生存しているので、またリアクション要因として活躍してくれるかもしれません。

なかなか死なない、悪魔に追われる被害者役として出番があるかもしれないので、第2部でのコベニ再登場に期待したいところです。

まとめ:第1部での数少ない生き残り・コベニの再登場に期待しよう!

「チェンソーマン」のキャラクター・東山コベニについて解説しました。

本記事の内容をまとめると以下になります。

  • 東山コベニは公安のデビルハンター。臆病な性格だが素早く戦闘能力は高い
  • 東山コベニは第1部の序盤から登場。全編に渡って活躍する
  • コベニの愛車・コベニカーは本編での活躍ぶりからコアな人気がある

第1部で生き残ったコベニは、現在(2022年9月時点)連載中の第2部ではまだ未登場です。

契約悪魔がまだ不明という伏線も残しているので、彼女が再登場する可能性は高いでしょう。

再登場したときは、また良いリアクションを見せてくれそうなので、第2部でのコベニの活躍に期待です!