【リゼロ】嫉妬の魔女の正体は?エミリアと同一人物と言われる理由を解説

【Re:ゼロから始める異世界生活】は、ダークファンタジーの名作として人気を集めています。

読者やファンからは『リゼロ』という愛称で略されいます。

そんなリゼロに登場するキャラクラー『嫉妬の魔女』は、アニメ2期で登場してから注目を集めていました。

嫉妬の魔女の正体や、エミリアとの関係について疑問を抱いてる読者も多いでしょう。

ここでは嫉妬の魔女の正体や、エミリアとの関係を詳しく解説していきます。

  1. 嫉妬の魔女のプロフィール
  2. 嫉妬の魔女の正体は?
  3. 嫉妬の魔女とエミリアは同一人物なのか

※本記事では一部ネタバレが含まれます。

【リゼロ】そもそも嫉妬の魔女とは

【リゼロ】のアニメ2期で登場した『嫉妬の魔女』は、作中にも登場する7人の魔女の1人です。

『七大魔女』の中でも、最も強いと言われています。

親竜王国ルグニカを滅ぶす寸前まで追い込んだ過去を持っているので、現在も国民からは嫌われています。

可愛い見た目の少女からは、想像できないかなり残酷な描写ですね。

嫉妬の魔女のプロフィール

7大魔女最強である嫉妬の悪魔のプロフィールはこちらです。

魔女の種類 嫉妬の魔女
名前 サテラ
容姿 銀髪・紫紺(しこん)の瞳・ハーフエルフ
初登場 アニメ2期 35話

嫉妬の魔女は『裏ヒロイン』とも呼ばれています

リゼロのストーリーではかなり重要人物の1人です。

アニメ2期で初登場した時に、服に黄色いバラが描かれていました。

その黄色いバラの花言葉は【嫉妬】で、アニメならではの表現がされているようです。

小説・漫画ではなかなか表現出来ないので、アニメを見るときには黄色いバラに注目してみてください。

【リゼロ】嫉妬の魔女の正体は?

【リゼロ】をまだ見始めた人や、アニメ・漫画派の人は嫉妬の魔女の正体が不明でしょう。

小説からのファンでも正体について疑問を抱いている人も多いはずです。

ここでは嫉妬の悪魔の正体を紹介していきます。

  • 正体はサテラ
  • 二重人格

順番に説明していきます。

正体はサテラ

嫉妬の魔女の正体は『サテラ』という少女です。

七大魔女の中でも1番強く、尚且つ大罪を犯したことによって人々からは恐れられています。

七大魔女は嫉妬の他にも【色欲・傲慢・強欲・憤怒・怠惰・暴食】の魔女が存在していました。

嫉妬の魔女サテラは他6人の魔女を滅ぼしてしまうほどの実力を持っています。

王国を半壊滅状態にしたことによって、人々は『銀の髪のハーフエルフ』に対して嫌な感情を抱いてます。

サテラはヒロインのエミリアと容姿などが似ているのが特徴です。

エミリアに似ていることもあり裏ヒロインと呼ばれているのかもしれませんね!

二重人格

嫉妬の魔女サテラは『二重人格』として作中では描かれています。

少しややこしいですが『嫉妬の魔女』と『サテラ』の別人格というわけです。

なぜ二重人格なのかは、サテラが『魔女因子』を取り込んだことがきっかけで嫉妬の魔女が誕生しているからです。

この時、サテラと魔女因子の相性が悪かったことで適合はできず、二重人格になりました。

なの王国をほぼ壊滅にしたのは『嫉妬の魔女』なので、サテラが半壊滅にした訳ではありません。

サテラの人格は狂気さはあまりないので、普通に会話できます。

少し困惑してしまう設定になっていますが、リゼロの作中ではかなり重要になっているようです。

【リゼロ】嫉妬の魔女・サテラとエミリアが同一人物だと言われる理由

リゼロではヒロインのエミリアと、サテラの容姿がかなり似ています。

考察好きな読者からは2人は同一人物なのではないかと話題になっていました。

背格好から声までも似ているので、同一人物で描かれているようですね。

ここでは2人が同一人物だと言われている理由を紹介していきます。

  • 理由①:容姿がにそっくり
  • 理由②:声優が同じ

順番に説明していきます。

理由①:容姿がそっくり

サテラとエミリアが同一人物だと言われる1つ目の理由は『容姿がそっくりである』からです。

2人とも『ハーフエルフ』であることが大きく関係しています。

さらに銀色の髪の毛や、紫紺に輝く瞳が一緒なので、2人の容姿はかなり似ています。

リゼロの作中でハーフエルフは他にも登場するので、この2人の容姿を何らかの理由で似せた可能性が考えられますね。

ただストーリーで、サテラはエミリアを殺害しています。。

もし同一人物だとすると、自分が自分を殺していることになるのでおかしいですよね。

なので、2人は同一人物ではない可能性も十分にあることがわかります。

理由②:声優が同じ

嫉妬の魔女サテラとエミリアが同一人物だと言われる2つ目の理由は『声優が同じである』からです。

リゼロのアニメでは2人は同じ声優が担当しています。

2人の声優しているのは『高橋李依』です。

アニメの声優ではメインとモブを兼任することは時々あります。

ですが、リゼロの作中で重要人物なこともあり、必然的に同じ声優にしたのかもしれません。

2人は容姿が似ている上に声まで同じとなると、同一人物であることが考えられます。

ただ上記で説明した通り、サテラはエミリアを殺しているので、今後2人の共通点が出てくるのかもしれませんね。

【リゼロ】嫉妬の魔女・サテラがエミリアの母親と言われる理由

リゼロのヒロインである『エミリア』は、嫉妬の魔女サテラにそっくりです。

そんなエミリアやサテラは作中ではかなりの重要人物になっていますが、謎が多くあります。

その謎の1つでエミリアの母親が嫉妬の魔女なのでは?とファンの間では考察されていました。

ここでは嫉妬の魔女サテラが母親と言われている理由を解説していきます。

  • 理由①:ハーフエルフ
  • 理由②:容姿も同じ

順番に説明していきます。

理由①:ハーフエルフ

嫉妬の魔女サテラがエミリアの母親と言われる1つ目の理由は『ハーフエルフ』です。

ハーフエルフは2人の他にもたくさん登場します。

ですが、2人は銀色の髪に紫紺の瞳と、共通点も多く体格もそっくりです。

ですが、2人ともハーフエルフとなると種族的にサテラが母親なのはありません。

もしエミリアがサテラの子どもだとすると、エミリアは【クォーター】になります。

2人ともハーフエルフですが、サテラが母親であるとしたら矛盾が生じるのであり得ないでしょう。

もしかしたらサテラではなく『嫉妬の魔女』の子どももあり得るかもしれませんね!

理由②:容姿も同じ

嫉妬の魔女サテラがエミリアの母親と言われる2つ目の理由は『2人の容姿が同じであるからです。

上記で解説したように嫉妬の魔女サテラとエミリアは、背格好や特徴までそっくりなキャラクターになっています。

エミリアはリゼロの初期から登場していますが、アニメ2期でサテラが登場した時にエミリアと声も同じで驚いたフェンも多いはずです。

サテラとエミリアは容姿だけではなく、声まで一緒だったので母親なのではないかと言われています。

2人ともハーフエルフなので、ステラが母親であることはないでしょう。

ただ容姿も声も一緒となると、今後どのように進んでいくのかが楽しみですね!

【リゼロ】嫉妬の魔女がスバルに死に戻りの力を与えた理由は?

サテラは主人公・スバルに死に戻り』の能力を与えています。

死に戻りとはもし死んでしまってもセーブポイントまで生き返る能力で、最悪の能力であると言われています。

読者はなぜ嫉妬の魔女がチートレベルの力を与えたのか気になるでしょう。

ここではサテラが死に戻りの力を与えた理由を紹介していきます。

  • スバルのことを愛しているから
  • スバルに死んで欲しくないから
  • 嫉妬の魔女・サテラ自身を殺してもらうため

順番に説明していきます。

スバルのことを愛しているから

1つ目の理由は『スバルのことを愛している』からです。

スバルを愛している明確な理由は不明ですが、みんなから忌み嫌われているハーフエルフを偏見視していないからだと思われます。

400年も前から存在している嫉妬の魔女からすると、スバルの性格に惹かれるのも必然ですね。

そしてリゼロの小説でスバルを愛しすぎて、膨大な量の「愛してる」スバルへの感情で表現されています。

名前の通り『嫉妬』の度合いが狂っていることがわかりますね。

サテラは「気に入っている」「好き」を通り越して、狂気的に「愛している」からこそのプレゼントなのでしょう。

スバルに死んで欲しくないから

2つ目の理由は『スバルに死んで欲しくない』からです。

サテラは400年前の『フリューゲル』とスバルを重ねています。

フリューゲルが亡くなったことの悲しみで、魔女を殺し、世界を半壊させてしまっていました。

そこに現れたスバルを失いたくないと考えて、無理に魔女因子を取り入れています。

もう2度と愛した人に死んで欲しくない思いで、死に戻りの力を与えたようです。

嫉妬の魔女・サテラ自身を殺してもらうため

最後の理由は『自分を殺してもらうため』です。

なぜ自らをスバルに始末してほしいと思っているのかというと、過去に犯したことが原因のようです。

サテラは自分のせいでハーフエルフが無差別に嫌われるくらいなら、早く消えたいと考えているみたいです。

どうせ殺されるならスバルがいいと考えているのかもしれませんね。

なので自分を殺してもらう前に、スバルが死んでしまっては困るので死に戻りの力を与えています。

口外しなければ危険な目に遭うことは無いのでかなりチートな力ですね。

【リゼロ】嫉妬の魔女に関する一問一答

 

嫉妬の魔女サテラの正体や、スバルとの関係について紹介していきました。

嫉妬の魔女サテラのことを知った上で、きっと疑問に感じていることもあるはずです。

あの時のあのシーンの嫉妬の魔女は?など色々と疑問もあるでしょう。

ここでは嫉妬の魔女サテラについての疑問を詳しく解説していきます。

  • スバルが死に戻りを口外することが許されない理由は?
  • エミリアがサテラと名乗った理由は?
  • 嫉妬の魔女をラインハルトはどっちが強い?

順番に説明していきます。

スバルが死に戻りを口外することが許されない理由は?

スバルが死に戻りを他人に口外することが許されない理由は『嫉妬』のせいです。

サテラは名前である通り『嫉妬の魔女』なので、愛しているスバルに嫉妬してしまうので口外はできません。

スバルは死に戻りの力を他人と話そうとすると心臓が痛みます。

そしてスバルに死に戻りの力があることを聞いてしまった人は死んでしまいます。

死に戻りの力はサテラとスバルの2人だけしか知らない秘密だと考えているため「その秘密をバラすなんて…」と嫉妬してしまっているようです。

『嫉妬の魔女』の人格の時はスバルが何を話しても「愛してる」としか答えないため、普通に会話が困難です。

狂気的にスバルのことを愛していることが伝わってきますね。

エミリアがサテラと名乗っていた理由は?

エミリアがサテラと名乗っていた理由は『スバルを遠ざけるため』です。

嫉妬の魔女サテラと似ていることで、周りからは嫌われています。

スバルと関わってしまうと、スバルにまで迷惑かけてしまうと思ったので、サテラであると名乗ったようです。

こうすることによってスバルも、エミリアから距離を置いてくれると考えていました。

ですが、スバルは嫉妬の魔女サテラの存在自体を知らなかったので、あまり効果はありませんでした。

スバルのことを傷つけたくないエミリアの辛い決断が伝わってきたシーンですね!

嫉妬の魔女とラインハルトはどっちが強い?

嫉妬の魔女サテラとラインハルトは強さだけを見ると、ラインハルトの方が上でしょう。

リゼロの作者・長月達平さんによるとディスガイア(上限レベル9999)とFF(上限レベル120)くらいの力の差がありようです。

もし2人が戦うとなったら嫉妬の魔女が負ける可能性が高いですが、かなりの長期戦になることが予想されます。

なぜなら嫉妬の魔女サテラとラインハルトは相性が良くないからです。

なので、嫉妬の魔女サテラよりもラインハルトの方が強いでしょう。

まとめ:嫉妬の魔女の正体を理解してリゼロをもっと楽しもう!

今回は【リゼロ】嫉妬の魔女サテラの正体やヒロイン・エミリアと同一人物についてまとめました。

  • 嫉妬の魔女の正体は『サテラ』
  • 嫉妬の魔女サテラは二重人格
  • エミリアとは同一人物である可能性は低い
  • サテラはエミリアの母親ではない

嫉妬の魔女サテラは作中の裏ヒロインとしてやっとアニメ2期で登場してきましたね。

この記事を読んで嫉妬の魔女の正体を知った今、アニメ・漫画・小説を読んでもっとリゼロの世界を楽しみましょう!