ハイキュー!!TO THE TOP13話ネタバレ「2日目」

ハイキュー13話ネタバレハイキュー!!

春高2日目!烏野の相手は兵庫県代表の稲荷崎高校です。高校セッターNo.1の宮侑を要する強豪校ですが、どんな戦いが繰り広げられるのでしょうか。

スポンサーリンク 

ハイキュー!!TO THE TOP13話ネタバレ「2日目」


(引用:https://haikyu.jp/story/13.html

田中はミーティング後に叶歌と待ち合わせしていたようですが、他の男性が叶歌と親しく話してるのを見て勘違いします。

宿舎に戻り、全国での初勝利に一瞬喜び、すぐ明日のミーティングに入った烏野高校・排球部一同。次の対戦相手は高校ナンバーワンセッターと言われる宮侑が率いる兵庫県代表の稲荷崎高校。

稲荷崎高校は、マスコミも注目するインターハイ2位、アランや角名など実力選手をはじめ、高校セッターNo.1の宮侑を要する強豪校です。

ハイキュー!!スターが揃う稲荷崎高校メンバー全員集合!!

しかし、日向は、全国の1番と2番両方と戦えることにワクワクを隠せません。「全国の1番と2番とやれるのかー!」と叫び、この一言でその場の空気が変わり、戦う勇気をもらうのでした。

ユース合宿で一緒になっていた影山は、試合前練習で宮侑から「今日頑張ってや。下手くそと戦うのほんま嫌いやねん」と声を掛けられ「弱くはないので大丈夫だと思います。」と返す。

(引用:https://haikyu.jp/story/13.html

そして当日、オレンジのユニホームを身にまとい会場入りする烏野を待っていたのは、敵の圧倒的な応援とプレッシャーだった。稲荷崎は吹奏楽も強い高校らしく、相手の応援団に飲み込まれていました。

いよいよ稲荷崎高校との試合が開始。

まずは宮侑のサーブが鮮やかに西谷、田中の間に決まります。負けじと、日向は感触をつかんだジャンプを披露すします。が、跳んだだけでボールは地面に落下。日向の実験だったのです。

稲荷崎のメンバーは、そんな日向を見て、影山以外にも厄介な相手がいると認識し、烏野全体と対峙するのでした。また双子の弟、治とコンビ攻撃をしてきますが、烏野高校の必殺技をこの兄弟は模倣してきます。

さて烏野高校はこの強敵ライバルを一体どのように勝つのか。それとも負けるのか。楽しみにしています。

ハイキュー!!TO THE TOP13話「2日目」を無料視聴しよう

タイトルとURLをコピーしました