木村拓也(巨人)の息子の今は?衝撃のアノ人に会ってみた

木村拓也息子衝撃のアノ人トレンド

2020年3月17日の「衝撃のアノ人に会ってみた」では、37歳の若さで突然他界した、巨人の木村拓也さんの息子さんに会いに行きました。

当時10歳だった息子さんの恒希さんは、現在20歳になっています。当時の夢はプロ野球選手でした。では、現在どうなっていらっしゃるのでしょうか?

スポンサーリンク 

木村拓也(巨人)の息子の今は?衝撃のアノ人に会ってみた

巨人の木村拓也選手は、広島カープを経て読売ジャイアンツへ。2男1女の3人の子宝に恵まれました。

日本代表としてアテネオリンピックに出場。「とにかく野球が好き」と言っていた木村拓也選手ののバッグの中には5つのグローブが入っていました。

巨人時代、木村拓也の頭にデッドボールが。その時、巨人にはもう、キャッチャーの控えはいませんでした。デッドボールでしばらくは動けなかった木村選手でしたが、その後、キャッチャーとして試合に出場したんです。

37歳でプロ野球を引退。その引退セレモニーでは、「最後になりますが、家族に一言言わせてください。パパ頑張ったよ」と語りました。

その後コーチとして巨人に残りました。しかし、その4ヶ月後、練習中に突然倒れ、救急車で運ばれました。くも膜下出血でした。

5日後の2010年4月7日に他界。追悼試合では、東京ドームがオレンジ一色に染まり、始球式は長男の恒希さんでした、見事ホームベースまで届き、ストライク。

その時、原監督は恒希さんに「大きくなったら巨人に来いよ」と話かけました。

あれから10年。20歳になった恒希さんは今。

当時、「夢はプロ野球選手」と言っていた恒希さん。20歳になった今、どうされているのでしょうか。

木村選手は、長男が小学生低学年の時から、「何かあったら母を助けるように」言われて育ったそうです。

現在でも、兄弟3人は広島の実家に住んでいます。長女生吹(いぶき)さんは、広島観音高校のバスケ部で全国大会出場。次男の俊生さんも中学でバスケをしています。

そして、長男の恒希さんは、高校1年の秋、野球をやっていてキャッチャーでした。しかし練習中に膝を怪我してしまいます。

心が折れそうになった時、「やると決めたら 最後までやりとおせ」という父の言葉を思い出しました。その言葉を胸に、必死にリハビリをし、練習に励んだ結果、最後の夏の大会ではレギュラーを勝ち取りました。

しかし、その後本格的に野球をするのは辞めてしまいました。

大学で建築士を目指して勉強中。しかし、野球に携わりたい思いがある。野球を取ったら父を忘れてしまうのではないか、という気持ちがあるそうです。

スポンサーリンク 
タイトルとURLをコピーしました