人間に育てられたチンパンジービリーのその後は?衝撃のあの人に会ってみた

チンパンジービリー衝撃のあの人トレンド

2020年2月26日に『衝撃のあの人に会ってみた』で、人間に育てられたチンパンジーのビリーが紹介されました。34年前にテレビ放映された時は、チンパンジー社会に戻れなかったビリーですが、今はどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク 

人間に育てられたチンパンジービリーのその後は?衝撃のあの人に会ってみた

34年前、未熟児で生まれたので、保育器の中で、人間に育てられたチンパンジー。名前はビリーです。人間の子と同じように育てられたので、ビリーも自分は人間だと思っていました。

そもそもチンパンジーは、生後1年間母親にべったりで、生きていく術を教えてもらい成長します。しかし、その母親代わりは、人間。

当時のビリーは怖くて、はしごからも降りられない状態でした。

1歳の誕生日には、ケーキにローソクでお祝い。

チンパンジー世界に戻るため、母親ベロと兄のケンタとオリで生活を開始しました。まずケンタがビリーと遊ぼうと寄って行きますが、ビリーは理解できません。そこで、ケンタがビリーをいじめ始めました。どんどんいじめがエスカレートし、傷だらけになるビリー。

しかし、そのうち、母親のベロに変化が。ケンタがビリーをいじめると、母親がビリーを守るようになりました。

最後の試練は、ビリーの父親でチンパンジー村のボスのジョー。ジョーに気にいられないと群れには戻れません。同じオリに入れると、ジョーはビリーに近寄り、話しかけ、あやします。

しかし、ビリーは分かりません。最後は、ジョーに突き飛ばされてしまいました。

そこで、ビリーをチンパンジー社会に戻すことは中止されました。

あれから34年。その後ビリーはどうなっているのでしょうか?

当時ビリーがいた多摩動物公園。当時の飼育員さん島原さんは現在も飼育員をされていました。しかし、ビリーは多摩動物公園にはいませんでした。

ビリーはその後、チンパン人ショーで大人気だった伊豆シャボテン公園へ。

初めは馴染めませんでしたが、芸を覚え、チンパンジーショーにデビューしました。ビリーは大人気になり、グッズまで販売されたんです。

現在のビリーは、白髪が混じり、父親のジョーにそっくりになっています。2015年にテレビにも出演しました。

スポンサーリンク 
タイトルとURLをコピーしました