マスクを長持ちさせる方法!ボロボロのマスクに手作りカバーを付けよう!

このご時世、不織布マスクを家で洗濯して再利用している方が多いと思います。もちろん我が家もです。同じマスクを3回、4回と洗濯しています。詳しくはこちら

ですが、そろそろ寿命かな?と思う時ありますよね。今回紹介するのは、ボロボロになったマスクに手作りカバーを付けて長持ちさせる方法です。是非試してくださいね!

[affi id=2]

マスクを長持ちさせる方法!洗ってボロボロのマスクにカバーを付けよう!

何度も洗濯したマスクに、カバーをつければ再利用できますよ。カバーを付けることで、何度も洗うと毛羽立ちが出てきて、肌に当たるとかゆくなりませんか?

でも、カバーを付けて着用すればそれも解決ですね!作り方をいくつか紹介いたします。

ミシンで作る

布は、通気性の良い薄めの綿素材がオススメです。
綿の生地が家にない!という時は、ネット通販でも色んな生地が選べて外出する必要もありません。

 

手縫いで作る

簡単さを求めるなら、これです。家族分を一気に作ることもできそうです。休校中のお子様と作ってもいいですね!

生地にはガーゼや手拭いがオススメです。

 

縫わずに作る

布を切って、マスクに挟むだけ!

衛生面が気になるなら

何度も洗濯しているマスク。洗濯していても衛生面が気になりますよね。そんな時のために、除菌スプレーが人気です。