テレビアニメ『半妖の夜叉姫』2話ネタバレ!三匹の姫

半妖の夜叉姫の2話ネタバレを書いています。

スポンサーリンク 

テレビアニメ『半妖の夜叉姫』2話ネタバレ!

幼い頃、私には双子の妹がいて、ずっと森の中で過ごしていた。

とわと、せつなだ。

二人は仲良く助け合って暮らしていた。

ある日、大木の根元で寝ていると、森が火事になっていた。

二人は手を繋いで逃げた。

しかし、とわは、せつなの手をとっさに離してしまった。慌ててせつなの元に戻った。しかし、木が倒れてきたのだ。木によって吹っ飛ぶせつな。

二人は引き離されてしまう。

せつなを探す、とわ。とわ姉ちゃーん、というこえは聞こえるが「せつなの匂いがしない」。

その時、大きな渦が出現し、とわは吸い込まれてしまった。

トワは、時を飛び越えていた。

ひぐらしそうたと名乗る男性が、とわに声をかけてきた。

そうたは、とっさにとわが遠いところからやって来たことを察知した。せつなを一緒に探したが、せつなは見つからなかった。

そこから、草太パパに育てられ10年が経った。

とわには一緒に暮らす、義理の妹めいがいた。

めいは、草太の本当の娘だ。

朝の身支度を終え、家を出るとわ。今日から新しい学校に転校するのだ。にも関わらず、男っぽい格好をしている。

なぜなら、喧嘩がしやすいように、だ。

草太はそんなとわを心配して、女子校に転校させた。が、過去に喧嘩した相手はいつまでもつきまとう。

この日の朝も、喧嘩を吹っかけられ、河原で数人をやっつけた。

過去では

賞金稼ぎのもろは。紅夜叉である。

翡翠がもろはを見つけて、成敗すると言ってきた。

しかし、それは間違いだった。もろはは、紅を取り出して、戦いを挑んだ。

そこに止めに入ったのは、せつなだった。

せつなは、もろはと互角だ。お互いに剣を交わらせていると、せつなの右目が光った。

もろはは、「もしかしてお前も虹色の真珠を持っているのか?」と。

そこに、虹色真珠を狙った妖怪が現れた。三つ目じょうろだ。

しかし、もろはは、初めから三つ目じょうろを狙っていた、と攻撃していく。封印の矢を放った。たくさんの矢が刺さる。

喜んだのも束の間、もろはの胸元から紅色真珠が宙に浮かんだ。

宙に浮かんだ紅色真珠が、三つ目じょうろの元へいってしまった。三つ目じょうろは、せつなの真珠も欲しがった。

現代のとわ

とわは、初日から先生に説教をされていた。学校初日から喧嘩で遅刻するとは!と。しかし、1度目なので多めに見てもらえた。

放課後、国宝の刀を学校の屋上で磨いていると、とわは察知した。「めいが危ない!」

めい、祖母、祖父は朝の喧嘩相手につかまっていた。神社の木に括り付けられていた。

助けにいく、とわ。早速攻撃するが、その時、めいが人質に取られてしまう。

一気に反撃される、とわ。危ない。

その時、草太パパとの約束を思い出していた。「この能力は人前では使わないこと」と。

とわには、特別な能力があるのだ。

しかし、「ごめんね草太パパ」とつぶやくと、人間離れした技で攻撃をかけた。あっという間に、悪い奴らは逃げて行った。

ふと、風の匂いを感じたとわ。「この匂い知っている」と。

過去

その頃、せつなは、三つ目じょうろと戦っていた。「これ以上語る言の葉はない。それがお前が死ぬ理由だ」と攻撃をかけていたところ、もろはが邪魔をしてきた。

せつなが、三つ目じょうろに捕らえられた。その時、右目の金色の真珠を吸い込んだ。

三つ目じょうろは、虹色真珠を口にして進化した。

そして、勢力を増し、せつなともろはを取り込んだのだ。

とわとせつなの再会

とわたちがいる神社の木が、虹色に渦巻き始めた。

そして、中からせつなと、とわが出てきたのだ。さらに三つ目じょうろも。

すぐに、妹のせつなだと気付いたとわ。三つ目じょうろに国宝の刀で攻撃をする。が、刀の歯が折れた。

ー続くー



 

タイトルとURLをコピーしました