ドラゴン桜ドラマ編の最終回ネタバレと心に残る桜木名言3選!

ドラゴン桜 ドラマ 最終回ドラゴン桜

周囲からバカと言われてしまう高校で、「東大合格者を5人出す!」と宣言した弁護士・桜木健二(阿部寛)。

理にかなっているその独特な勉強法は、関係本が発売されるほどブームになりました。

そんなドラゴン桜、最終回のストーリーを詳しく掘り下げ!また、ドラマ内で生まれた名言の中から筆者個人的に選んだ3選をご紹介します。

スポンサーリンク 

ドラゴン桜ドラマ編の最終回ネタバレ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

孤高の旅人(@shuchan_2012)がシェアした投稿

事の発端は、経営難の高校を管財人へ引き渡す仕事を弁護士・桜木健二が引き受けたことから始まります。しかし、桜木は「注目されて虎ノ門へ大きな法律事務所を建てたい!」という野心から勝手に計画変更

東大合格者を5人出すために特進クラスを急遽創設するも、既存の先生たちから反発に合い結局自分が担任を受け持つことになりました。

軽い気持ちで特進クラスに入ってきた生徒たちをバカ呼ばわりしながら、闘争本能に火をつけ、あおり、勉強させる桜木。

さて、最終回では合格者は出たのでしょうか?生徒たちのその後は?気になる最終回を見ていきましょう!

第11話「お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!」

約1年、特進クラスで独特な勉強法を続けてきた矢島勇介(山下智久)、水野直美(長澤まさみ)、香坂よしの(新垣結衣)、奥野一郎(中尾明慶)、緒方英喜(小池徹平)、小林麻紀(サエコ)の6人。

年が明けて1月、とうとうセンター試験が始まりました。特進クラスの生徒たちは、試験問題の難しさに頭を抱えながらもどうにか無事に終え、桜木が待つ龍山高校へ答え合わせに向かいます。

<センター試験 自己採点結果>
矢島勇介  645点
水野直美  636点
香坂よしの 649点
奥野一郎  662点
緒方英喜  651点
小林麻紀  656点
自己採点の結果、6人全員がセンター試験を無事に突破!涙を流しながら感激しているのは龍山高校唯一特進クラスの講師を任された井野真々子(長谷川京子)のみ。
生徒たちは2日目に向かってすでに気持ちを切り替えていました。

特別講師陣から最後のアドバイス

 

この投稿をInstagramで見る

 

いちごぶどうじゃむ🌹611(@amagakisuki)がシェアした投稿

6人全員がセンター試験を突破できたことで、特別講師陣達から最後のアドバイスが…

  • 数学担当 柳 鉄之助(品川徹)

特に証明問題では、「この問題、私は解き方をわかってますよ」と出題者へアピールする。解答の最初でこれから解こうとしている方法を文章で説明する。

  • 理科担当 阿院 修太郎(小林すすむ)

化学も物理も定理式が多い。極端な数値をあてはめてみることで、確実に間違いは少なくなる。そして、単位の確認。

  • 国語担当 芥山 龍三郎(寺田 農)

漢文・古文を読むときはキーワードらしきものに線を引いてみる。いい文章というのはいいリズムがあるので、心の中で音読するのがいい。

  • 英語担当 川口 洋(金田明) 

試験開始から45分後に始まる「リスニング問題」までが勝負。それまでに長文読解・和訳問題を片付け、英作文まで出来たらOK!

そして、最期に桜木からは

世の中に越えられない壁なんてねぇんだ。だからお前ら、どんなことにも「できない」という先入観を持つな!

お前ら全員勝てよ。そして東大へ入れ!

引用:「ドラマ ドラゴン桜より」

熱い先生…もとい弁護士ですね!

経験を積んでくると「できる」「できない」を勝手に判断してしまい、挑戦する前に諦めてしまうことってありますよね。この言葉、とても胸が熱くなります。

順調にいくと思いきや…

東大試験1日目。会場前で円陣を組み気合いを入れる6人。

1日目は順調に終了。さて、2日目・・・と思いきや、ここで事件が!!

水野直美…母親が倒れてしまい(意識不明)東大受験どころではない。

矢島勇介…幼馴染である直美の母親を見舞った際、突然倒れた直美母をかばい利き手である右手を骨折。

奥野一郎…常に自分をバカにしてきた双子の弟・次郎(水谷百輔)に渡されたサンドイッチを大喜びで食べる。

東大試験2日目。水野直美は、受験時間ギリギリに意識が戻った母親を確認して会場へ急ぐも入室時間に間に合わず龍山高校へ向かいました。
「人生を変えるつもりが360度回って元に戻っちゃった」という直美に、桜木は「時間は戻らない。お前はもう前のお前じゃない」と励まされます。
矢島勇介は、利き手である右手が骨折で使えなくなってしまい左手でどうにか受験することに。
奥野一郎は、弟に渡されたサンドイッチを喜んで食べましたが実は賞味期限が10日前に切れていたもの…。常に自分をバカにしてきた弟からの差し入れに、喜んでしまったのでしょうね。
賞味期限が切れているとも知らずに食べてしまい、試験会場で腹痛になり、脂汗を流しながらも受験しました。

そして、運命の合格発表…

ドラゴン桜 ドラマ 最終回
(引用:https://prcm.jp/
水野直美は受験をすることさえできませんでしたが、試験会場へ急ぎ、試験を終えた生徒たちを迎えました。「お疲れ!」と言いあう6人の顔には最善を尽くした笑顔が。
いよいよ、合格発表当日。合格ボードの前で自分の番号を探す6人。ボードにずらりと並んだ番号のシーン、次は受験番号を探す生徒の顔のシーンが交互に映って、長い!
まだ?どうなの?まだ探してるの?いい加減見つけてよ。と、見ているこっちも心拍数は上がっていきます。
「あったぁぁぁー!!」
まずは、奥野一郎。弟から傷んだサンドイッチを食べさせられ、腹痛と戦いながらもよくやり遂げました!次は・・・
「あった!私が東大!うそ、あぁ、すごい!」
どうやら、香坂よしのの番号もあったようです。特進クラスの東大合格者はこの2人だけなのでしょうか?
「・・・ありやがる!俺のあるって!やった、やった」
矢島勇介も、利き手を骨折してしまうハプニングに見舞われながらも合格することができました。
残念ながら、緒方英喜と小林麻紀は不合格となってしまいました。

桜木が送る最後の言葉、そして・・・

ドラゴン桜 ドラマ 最終回
(引用:PRTIMES
桜木は、合格した矢島勇介、香坂よしの、奥野一郎へおめでとうの言葉と共に、東大合格というプラチナチケットを手に入れたのだから自由に使え!と激励します。
一方、落ちてしまった水野直美、緒方英喜、小林麻紀には、
「3人のせいで「5人合格者を出す」という公約を守れなかった。頑張ったことに意味があるとか、今更言うと思ったか?そんな言葉並べたところで意味がねぇ!しっかり反省して自分の人生、自分で決めろ!」
なんとも、厳しい言葉ですね。これに怒った矢島は、桜木の胸倉をつかみ、今にも殴ってしまいそうな雰囲気です。
しかし矢島は
「殴れっかよ。アンタ、心の中で思いっきり泣いてんじゃん」
と、桜木から離れました。
桜木は公約を守れなかったという責任を取り、辞表を提出。教室を去った桜木を6人の生徒と井野が追います。
井野が桜木が去ったら特進クラスをどうするのか?と問うと、「それはお前がいるじゃないか。お前ならやれるよ。」と言います。
そして、本当に最後の言葉を6人に伝えます。

入学試験の問題にはな、正解は常に一つしかない。その一つにたどり着けなかったら不合格。これは厳しいもんだ。

だがな、人生は違う。人生には、正解はいくつもある。大学に進学するのも正解。行かないのも正解だ。

スポーツに夢中になるのも、音楽に夢中になるのも、友達ととことん遊び尽くすのも、そして、誰かのためにあえて遠回りするのも。これは全て正解だ。だからよ、お前ら生きることに臆病になるな!

矢島。水野。緒方。小林。香坂。奥野。お前ら自分の可能性を否定するなよ!受かったヤツも、そして落ちたヤツもだ。お前ら胸を張って堂々と生きろ!

引用:「ドラマ ドラゴン桜」

なぜ、こうも心に響く名言が出てくるのでしょうかね!?龍山高校の先生たち、特進クラスの生徒たちに見送られて桜木は去っていきました。

それぞれのその後・・・

弁護士事務所に戻った桜木のもとには東大合格者を出した噂を聞きつけ、「高校再建」の相談がたくさん舞い込んできました。さて、特進クラスの生徒たちはどうしたのでしょうか?

矢島勇介…東大は進学せず、バイトをしながら六法全書を読み漁る日々。

水野直美…母親の看病をしながら、独学を続ける

香坂よしの・奥野一郎…東大へ進学し、勉強に励む。

緒方英喜・小林麻紀…井野先生の計らいで後輩の特進クラスへ特別講師として招かれる。

皆がそれぞれ、目標に向かって進んでいる姿が描かれていました。
スポンサーリンク 

筆者の心に残った名言3選

ドラゴン桜 ドラマ 最終回
(引用:https://prcm.jp/
元暴走族、独学で弁護士になった桜木健二。最終回のネタバレを読んでもわかるように、人生の山も谷も経験したであろう彼が放つ言葉には、とても説得力があると感じました。
ということで、筆者個人的に心に刺さった名言3選を紹介します。

繰り返すんです。子供の話をよく聞いて、そして子供の言葉を繰り返す。子供の話を繰り返すことで、子供は親から話をきちんと聞いてもらえているんだという安心感を持つことが出来るんです。

また、繰り返すだけでその先の結論を強要しないことにより、子供は親が自分のことをきちんと一個の人格として認めてくれているんだということも感じることが出来るわけです。

ぜひこの方法でこれからはお子さんとの対話を図って下さい。」

引用:ドラマ ドラゴン桜<第9話 「信じろ!成績は必ず上がる!」>

子どもの話を家事をしながら聞いてしまっている自分に喝!と感じました。子育て真っ最中のママ・パパにも届いてほしい言葉です!

数学とはゲーム。遊びだ。勉強と思うから嫌になる。これは解答という結果を出し、達成感を味わうゲームだ。

テレビゲームだってそうだろ?出来た時は嬉しい。だから面白い。

数学だって同じだ。きちんと解ければセーフする醍醐味を味わえる。
引用:ドラマ ドラゴン桜<第3話 「遊べ!受験はスポーツだ!」>
物事は考え方・とらえ方次第で随分と気持ちもかわってくるものなんですね。
挫折を知らないやつは打たれ弱いんだ。壁にちょこちょこぶち当たってその都度乗り越える。そういうやつの方がな、打たれ強いんだ。たくましく成長出来るんだ。

引用:ドラマ ドラゴン桜<第4話 「壁にぶつかるまで我慢しろ」>

生きていればうまくいかない事だって、うまくいきすぎて調子に乗る事だってありますよね。挫折しても腐らずに進む、そんな身を引き締められる言葉です。

スポンサーリンク 

ドラゴン桜ドラマ編の最終回ネタバレ!心をグッと掴まれる桜木名言3選まとめ

  • ドラゴン桜ドラマ編最終回は、受験日と合格発表の回。
  • 受験1日目は順調に終わるものの、2日目にはトラブル発生。
  • 特進クラス6人中3人東大合格できたが、公約を守り桜木は辞職する。
  • ドラゴン桜は名言も多い。

ドラゴン桜の最終回、受験結果がわかるという事でかなり心拍数が上がった回でした。軽い気持ちで特進クラスに入った6人が桜木や特別講師から勉強を教わることで、とても成長した姿が描かれてたように思います。放送から何年経っても感動は色褪せません!

 

タイトルとURLをコピーしました