【映画名言】『ビリギャル』の名言・名セリフのランキング10選一覧まとめ

実話をもとにしたとしても話題になった『ビリギャル』。

大人気の有村架純が大胆な金髪を披露したとしても注目を集めました。

受験生だけではなく親子の絆をも描いている内容に冒頭から惹きつけられます。

主人公の母親から学ぶ親からの子への想いも共感を感じる人が多くいることでしょう。

『ビリギャル』を観た人の多くはやる気が出たり、『ビリギャル』に感動や学ぶことがあったという人が多いようです。

ここではそのような感動の名言や名セリフ、『ビリギャル』から学ぶことを紹介していきます。

  1. 『ビリギャル』の名言・名セリフ
  2. 『ビリギャル』の名言・名セリフは誰が発した言葉なのか
  3. 『ビリギャル』の名言・名セリフはどのような状況で発された言葉なのか

またライターがおすすめする心動かされる名言・名セリフも3つ紹介します。

工藤あかり 何も言わない娘を誇りに思います。
工藤あかり この子の笑顔が見られれば私は幸せなんだって。
工藤さやか 久しぶりだね、パパの背中。ああちゃん泣かせたら許さないからね。

ここで紹介している3つは親から子への想い、また子からの親への想いが表されているものです。

子どもを無条件に信じ愛し続ける母親と、苦労しても自分のために頑張っている母親に対しての子の感謝の想い。

家族の絆を描いている受験生だけではなく、すべての人に観てほしい映画といえるでしょう

目次

『ビリギャル』の名言・名セリフのランキング10選とは?

ビリギャル 名言

ここで紹介するのは『ビリギャル』の劇中に出てくる心を動かすような名言・名セリフ。

感動する言葉、また観終わった後にやる気の出る名言・名セリフを紹介しますのでぜひチェックしてみてくださいね。

受験生向けの映画のように思う方もいるかもしれませんが、実は家族の絆を描いている物語でもあります。

すれ違う家族が最後にどのようなきっかけでまとまることになるのかも必見。

親の気持ちも子の気持ちも痛いほどに分かる内容になっていますのでそこにも注目してほしいポイントです。

『ビリギャル』は誰かのためにがんばろうと思える名言が多い。

ビリギャルは受験に合格するためだけの映画ではなく、誰かの未来のために頑張ろうという意味も含まれている映画です。

きっかけはきれいごとだけでなく、悔しい気持ちや見返したいという反骨心からくるものもあります。

勉強を頑張るために自分を犠牲にして応援する母親や、その母親に対して感謝の気持ちからくるがんばろうという気持ち。

また、頑張っている生徒の姿を見て自分も頑張ろうという指導者の想いなど。

頑張る姿に影響されて沢山のひとが誰かの未来のために今を頑張るという気持ちを読み取ることができます。

『ビリギャル』の名言・名セリフのランキング10選の基準

紹介する『ビリギャル』の名言・名セリフ10選を選ぶ基準を紹介します。

ここで紹介している名言・名セリフは観た人が感動した場面や心動かされたと話題になったもの。

また物語のカギを握る重要なシーンでの名言・名セリフ。

そして劇中で強調されるように出てくるものを紹介しています。

ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

『ビリギャル』の名言・名セリフ10選を一覧で紹介

工藤あかり 娘の心がつぶされていくのを黙ってみているなんて出来ません
坪田義孝 無理ってことを成し遂げたら自信になるだろう
工藤あかり 娘の可能性を親が信じてあげないでどうするんです
森玲司 お前がいるから俺も頑張れてる
工藤さやか 他人の未来のために必死で頑張れる人
本田美果 誰に何言われても平気で頑張っているさやか超かっこいいよ
坪田義孝 可能性があるって知っておくことってすごく大事なの
工藤龍太 親父の夢かなえてやれなくてごめんな、でも楽しかった。親父と野球やれてよかったわ
坪田義孝 プレッシャーがあるってことは自信があるってことだ
坪田義孝 意志のある所に、道は開けるーWhere there’s a will,there’s a way.

『ビリギャル』の名言・名セリフその1.「娘の心がつぶされていくのを黙ってみているなんて出来ません」

工藤あかり©公式Twitter

学校にうまくなじめず学校を拒む小中学生のさやか。

先生に呼び出され「長いものにはまかれてください」といわれた時に母親である、ああちゃんが先生に言った名言。

子どもを守るために転校を提案する程、さやかの気持ちを大切にするああちゃんだからこそ言えた名言でしょう。

『ビリギャル』の名言・名セリフその2.「無理ってことを成し遂げたら自信になるだろう」

工藤さやかと坪田義孝©公式Twitter

塾に通い始めたさやかが志望大学を決めようと提案する塾講師の坪田。

だが大学進学を無理だというさやかに対して坪田が発した名言です。

この言葉にさやかは触発され慶応大学を目指そうと決意するきっかけとなります。

『ビリギャル』の名言・名セリフその3.「娘の可能性を親が信じてあげないでどうするんです」

安田顕・伊藤淳史・有村架純・吉田羊©公式Twitter

さやかの弟である龍太にのみ期待をしている父親。

そんな父親にもっとさやかのことも気にかけてほしいと伝える母親である、ああちゃん。

一生懸命頑張っているさやかに対してもっと娘の可能性を信じて応援してほしいと伝えるああちゃんの名言。

『ビリギャル』の名言・名セリフその4.「お前がいるから俺もがんばれている」

キャスト©公式Twitter

同じころに塾に通い始めた森玲司。

玲司もまた親に対しての復讐のために勉強しようと坪田にきっかけを作ってもらった一人。

同じように頑張るさやかに対して森が発した名言です。

ひたむきにがんばるさやかに影響されて玲司もがんばろうと思えたのでしょう。

『ビリギャル』の名言・名セリフその5.他人の未来のために必死に頑張れる人

楽しそうに勉強をしているさやかに対してうれしい気持ちでいっぱいのああちゃん。

坪田のような人になりたいというさやかにどのような人になりたいのかと聞くああちゃんに対してさやかが言った名言。

坪田が生徒一人一人のために寝ずに頑張っていることを、感謝し凄いと感心しているさやか。

坪田の努力に自分も頑張ろうと奮起したことでしょう。

『ビリギャル』の名言・名セリフその6.「誰に何言われても平気で頑張っているさやか超かっこいいよ」

本田美果©公式Twitter

寝ずに勉強して友達とも必死に遊んでいたさやかに、もう遊ぶのをやめると伝える美果と友達。

嫌われたのかと不安になるさやかに対して本気で頑張ってほしいと伝え、頑張っている姿がかっこいいと褒める美果。

これからさやかを見習って自分たちも夢中になれるものを見つけようとします。

友達として心から応援しようとする友人である美果の名言。

『ビリギャル』の名言・名セリフその7.「可能性があるって知っておくことってすごく大事なの」

野村周平・有村架純・伊藤淳史・土井監督

必死に頑張ってきたさやかは壁にぶち当たってしまいます。

落ち込むさやかに対して大学に受かることを信じていると伝える坪田。

どんなことも可能性があると知ることによって頑張れることがある、と伝える坪田の名言です。

この言葉をきっかけにまたがんばってみようと考え直すさやかでした。

『ビリギャル』の名言・名セリフその8.「親父の夢かなえてやれなくてごめんな、でも楽しかった。親父と野球やれてよかったわ」

工藤さやか©公式Twitter

父親の過度な期待を必死に受け、プレッシャーに耐えながら続けた野球を挫折によってやめてしまった龍太でした。

やめてしまったことに罪悪感を感じていた龍太だったが、父親の夢をかなえてあげられなかったことを謝り和解する場面での名言。

ですが必死に頑張ったことに後悔はないと伝える感動的な場面です。

『ビリギャル』の名言・名セリフその9.「プレッシャーがあるってことは自信があるってことだ」

モデルとなったさやか本人と有村架純©公式Twitter

塾に通う最後の日、最後にしてあげられることはないかと聞く坪田。

さやかはプレッシャーに打ち勝つ方法を教えてほしいと伝えます。

そんなさやかに対して坪田が伝えた名言でした。

この言葉によって自信を取り戻したさやかは坪田に感謝して受験をがんばろうと奮起します。

『ビリギャル』の名言・名セリフその10.「意志のある所に、道は開けるーWhere there’s a will,there’s a way.」

有村架純と友人役のキャスト©公式Twitter

沢山使い込んだ辞書に坪田のサインが欲しいと伝えるさやかでした。

少し考えた坪田が辞書に書いた言葉でした。

必死に頑張ってきたさやかを信じていた坪田。

どのような結果になっても頑張ったことに意味があったと思わせてくれる名言といえるでしょう。

まとめ:『ビリギャル』の名言・名セリフから自信をもらおう。

『ビリギャル』は生きる糧になりそうな名言が沢山出てきます。

夢に向かって頑張ってみようと思える名言もあるでしょう。

また誰かのために頑張ることは悪くないと思える映画になっているので、頑張る意味をまた別に見出すことで頑張る糧にもなります。

なんのために頑張ったらよいか分からなくなってしまったときに、きれいごとだけではなく反骨心や誰かのために頑張ってみようとおもうことも良いと思わせてくれます。

また頑張っていることは無駄にならないと自信を持たせてくれる映画にもなっているでしょう。

頑張っていることの意味ややりがいが見出せなくなってしまったとき、心が折れそうになったときに観てほしい映画になっています。

あなたが頑張ろうを思える名言・名セリフが必ず見つけられる映画になっているでしょう。

ぜひたくさんのひとに観てもらい、自信を取り戻すきっかけになるであろう映画だといえます。