『鋼の錬金術師』の名言・名セリフのランキング10選一覧まとめ

錬金術師の兄弟が「賢者の石」を求めて旅する物語の『鋼の錬金術師』。

全世界シリーズ累計発行部数は8000万部を突破し、その独特な世界観から今なおファンが多い作品です。

アニメ化も二回されており、オリジナルストーリーが加えられた1作目の『鋼の錬金術師』と、原作に忠実にアニメ化された2作目『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』が放送されました。

原作にも哲学的で心に響く名言が多く登場しますが、アニメにもオリジナルの名言が多く登場。

今回は、そんな『鋼の錬金術師』の原作とアニメ作品のなかから名言・名セリフを10個ご紹介します。

ピックアップ!『鋼の錬金術師』の名言・名セリフを厳選して3つ紹介

エドワード・エルリック 「返せよ!!たった一人の兄弟なんだよ!!」
アルフォンス・エルリック 「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない」
エドワード・エルリック 「等価交換だ。俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ」
  • 『鋼の錬金術師』にどのような名言・名セリフがあるのかがわかる
  • 『鋼の錬金術師』で誰が言った名言・名セリフなのかがわかる
  • 『鋼の錬金術師』のどのような場面で登場した名言・名セリフなのかがわかる
目次

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフのランキング10選とは?

鋼の錬金術師 名言
鋼の錬金術師©bones

今回紹介するのはアニメ『鋼の錬金術師』で登場した名言・名セリフです。

錬金術が基本の世界で登場人物たちは「等価交換」、つまり「何かを得るには同等の代価が必要」という法則で行動しています。

残酷な現実に直面したとしてもそれを解決するための魔法のような方法はなく、何かを成し遂げたげれば犠牲が必要というシビアなストーリーの中で懸命に生きているキャラクターたち。

それでも前を向いて進んでいくキャラクターたちの言葉は私たちの胸に刺さります。

この名言・名セリフを見れは彼らの熱い気持ちにこちらの心も揺さぶられるはずですよ。

『鋼の錬金術師』は自分を揺さぶられる名言が多い

少年ガンガンで連載されていた『鋼の錬金術師』にはジャンプの王道とされる「友情・努力・勝利」という原則がありません。

等価交換が絶対の世界で努力して必殺技を編み出せるわけでもなく、戦う相手も逃げてしまったりと明確な勝利というものがなく、読み手によってはもやもやした終わりを迎えるストーリーも多くあります。

なので、キャラクター達にはそれぞれ自分を信じて行動しています。

彼らの言葉を聞くと自分をしっかり持って現状に立ち向かっていこうという気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフを通して作品の世界を振り返ると同時に現実に立ち向かう勇気をもらってください。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフのランキング10選の基準

今回は『鋼の錬金術師』の名言・名セリフの中でも特に等価交換に関連した名言・名セリフをピックアップしてご紹介します。

アニメの最初に登場する有名なものから最終回の印象的なセリフまでありますのでぜひ最後までご覧ください。

画像や第何話で登場したかなど登場したシーンの詳細も一緒に説明していますので、気になった方はぜひ本編をチェックしてみてくださいね。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフ10選を一覧で紹介

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフ10選を一覧でまとめました。

エドワード・エルリック 「返せよ!!たった一人の兄弟なんだよ!!」
ロイ・マスタング 「うろたえるな!思考を止めるな!生きることを諦めるな!」
イズミ・カーティス 「貴方自身を信じなよ」
アルフォンス・エルリック 「10もらったら自分の1を上乗せして11にして次の人へ渡す」
ホムンクルス 「知識は何よりも宝になる。そして重荷にならない生きていくための力だ」
エドワード・エルリック 「立てよド三流 オレ達とおまえとの格の違いってやつを見せてやる」
エドワード・エルリック 「痛みを伴わない教訓には意義がない」
ホムンクルス 「私はどうすればよかったのだ!」
アルフォンス・エルリック 「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない」
エドワード・エルリック 「等価交換だ。俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ」

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその1.「返せよ!!たった一人の兄弟なんだよ!!」

エドワード・エルリック
エドワード・エルリック©bones

原作第23話「叩け 天国の扉」でのエドワード・エルリックの名言・名セリフです。

二年の修行を終えてリゼンブールに戻ってきたエド。

さっそく母親をよみがえらせるために人体錬成の錬成陣を完成させます。

毎日努力を重ねてきた二人は必ず成功すると意気揚々と錬成を始めまが、様子が一変し突然黒い何かによって引きずられてしまうアルフォンス。

アルを助けようとしたエドも足が変形していくのを感じます。

気付くとエドは大きな扉の前にいました。

「真理を見せてやるよ」

という言葉とともに扉の前にいた何者かから真理を見せられたエド。

等価交換で左足を失ったエドは痛みに耐えながら自分の血で錬成陣を描き、アルを救うために渾身の力で錬成を行いました。

その時に発したのがこの名言・名セリフです。

この錬成でエドは右腕とアルの体を失うことになり、元に戻るために賢者の石を探すことになりました。

この言葉には「足だろうが両腕だろうが心臓だろうがくれてやる」という言葉が前にあり、エドの必死さと錬成にかける強い思いが感じられる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその2.「うろたえるな!思考を止めるな!生きることを諦めるな!」

ロイ・マスタング
ロイ・マスタング©bones

原作第40話「西の賢者」でのロイ・マスタングの名言・名セリフです。

軍の錬金術研究機関の一つ、第三研究所の深部での戦いで重傷を負ったマスタング。

そんな彼を見舞いにやってきていた部下のリゼ・ホークアイは先日の戦いで敵を前にして戦意喪失していたことを責められます。

その時のセリフがこの名言・名セリフです。

その後に引き続き背中を任せるから精進しろ、と続けるマスタングは誰よりも部下のことを考えているのでした。

生きることをあきらめず、考え続けるからこそ次の一手を見つけられる。

その気持ちを忘れずにいたいと思わせてくれる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその3.「貴方自身を信じなよ」

イズミ・カーティス
イズミ・カーティス©bones

原作第98話「底なしの強欲」でのイズミ・カーティスの名言・名セリフです。

キング・ブラッドレイがホムンクルスだとわかり、彼の目的が国すべてを犠牲にして不老不死を得て世界統一することだと判明。

それまで国のために働いてきた軍人たちは目的を見失い呆然としてしまいます。

信じていたものに裏切られ、何を信じたらいいのかわからない状態の彼らにイズミはこの名言を告げました。

ずっと信じていたものに急に裏切られることがあるかもしれません。

それでも前を向いて進んでいくためには自分自身を信じて自分が納得する道を選ぶしかないのです。

「あなたの魂に恥をかかせない生き方を選べばいいじゃない」

と続くこの言葉は、後悔のない選択を自分自身で決めていこうと思わせてくれる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその4.「10もらったら自分の1を上乗せして11にして次の人へ渡す」

エド、アル
エド、アル©bones

原作最終話第108話「旅路の果て」でのアルフォンス・エルリックの名言・名セリフです。

長い旅が終わり、肉体を得たアルは周りの人にもらった幸せを返すために旅立つ決意をします。

そんな彼がたどり着いた新しい法則がこの名言でした。

等価交換を否定する全く新しい法則は、未来をよりよくするために二人がたどり着いたものでした。

何かをもらったら自分なりの感謝と敬意を一つプラスして相手に返そう。

そう思わせてくれる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその5.「知識は何よりも宝になる。そして重荷にならない生きていくための力だ」

ホーエンハイム
ホーエンハイム©bones

原作第74話「フラスコの中の小人」でホムンクルスが発した名言・名セリフです。

生まれたばかりのホムンクルスはフラスコの中にいました。

そこに奴隷の23号、後のヴァン・ホーエンハイムが現れます。

このホムンクルスはホーエンハイムの血液を媒介にして造られた人造人間。

名前も知識もない彼に両方を授け、ホムンクルスはホーエンハイムをそそのかしこの名言を告げました。

その後生まれながらに持っていた人智を超えた知識を用いて当時の国王をだまし、クセルクセス国民すべてを賢者の石にしてしまうホムンクルス。

ホーエンハイムを利用するための言葉だったとはいえ、読み手に学ぶことの重要性を伝えてくる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその6.「立てよド三流 オレ達とおまえとの格の違いってやつを見せてやる」

エド
エド©bones

原作107話「最後の戦い」で登場したエドの名言・名セリフです。

ホムンクルスとの最後の戦いでエドは右腕のオートメイルが砕け、絶体絶命のピンチに陥ります。

その時、アルは自身の体を錬成しエドの右腕を復活させました。

バカ野郎、と等価交換でいなくなってしまったアルに叫ぶエドでしたが、アルが戻してくれた腕を使ってホムンクルスを殴りエドはこの名言を放ちました。

第1話にも登場するこの名言ですが、少し違うのは「オレ達」が加わっている点です。

長い旅の果てにいろんな人と出会い協力してきた二人だからこそ言えるようになったセリフです。

満身創痍ながら格上の相手にこの言葉を言ってのけるエドの覚悟がうかがえる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその7.「痛みを伴わない教訓には意義がない」

エドワード
エドワード©bones

第108話「旅路の果て」でのエドワード・エルリックの名言・名セリフです。

長い旅を終え、アルと同じく再び旅立つエド。

彼の左脚は自戒を込めてオートメイルのままでした。

汽車に乗ったエドを見送るウィンリィ。

最後のページでその後のエドやアルの様子が写真で描かれており、そこにこの名言が記載されています。

この名言は、

「しかしそれを乗り越え自分のものにした時、人は何にも代えがたい鋼の心を手に入れるだろう」

と続きます。

様々なものを犠牲にして乗り越えたエルリック兄弟は体ではなく心を鋼にして旅立っていきました。

そして更に周りの人々を幸せにする旅を続けていくのだと思います。

痛みを伴いながら成長し、それを糧にして成長していくことが人間にとって一番大切だと気づかせてくれる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその8.「私はどうすればよかったのだ!」

ホムンクルス
ホムンクルス©bones

こちらはアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第63話「扉の向こう側」のホムンクルスの名言・名セリフです。

エドとの戦いで真理の力に飲み込まれたホムンクルスは真理の扉の前にいました。

真理と対峙した彼は、かつて人間に発した「思い上がったものに絶望を」という言葉を引用され、自分を神だと思いあがったが故に絶望を与えられます。

じわじわと真理の扉に飲み込まれながらホムンクルスはこの名言を叫びました。

アニメオリジナルのこのセリフはホムンクルスの人間を見下し続け、何の成長もしなった姿を現しています。

優越感に浸り、他人を見下して本当に大切なことに気付かずにいることがどれほど恐ろしいかがわかる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその9.「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない

エドワード、アルフォンス
エドワード、アルフォンス©bones

アニメ『鋼の錬金術師』毎話ごとの最初のセリフになっている名言・名セリフです。

アルフォンス・エルリックがナレーションしているこの名言は物語の基本である等価交換についての説明です。

何かを得るためには同等の代価が必要になる。
それが、錬金術における等価交換の原則だ。
その頃僕らは、それが世界の真実だと信じていた。

と続くこの名言はアルの後悔の言葉のようにも聞こえますが、先程の名言にもあるように世界は等価交換だけではないとストーリーを見終えた人なら新しい法則を予感させる言葉にも聞こえます。

現代風に解釈するのなら「何かを得るためにはリスクを負って挑戦しなければならない、そして得たものこそ自分の経験になる」という意味になるのではないでしょうか。

何事も恐れず、挑戦していきたいと思わせる名言・名セリフです。

『鋼の錬金術師』の名言・名セリフその10.「等価交換だ。俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ」

ウィンリィ
ウィンリィ©bones

原作最終話第108話「旅路の果て」で出たエドワード・エルリックの名言・名セリフです。

再び旅立つエドを見送りに来たウィンリィ。

オートメイルの整備をちゃんとするようにと小言をいう彼女にエドは何か言いたそうにもごもごと口を動かします。

上手い言葉が見つからず、エドは等価交換に置き換えてこの名言で彼女にプロポーズしました。

「錬金術師ってどうしてこうなのか」とあきれるウィンリィは、

「等価交換の法則とか、バカなんじゃないの?半分どころか、全部あげるわよ」

と等価交換を全く無視した返事をします。

それを聞いてエドは大爆笑。

全部あげると言い切れるウィンリィのきっぱりとした性格も見習いたいですが、等価交換以上のものが人間関係にはあると気づかせてくれるぜひセットで覚えておきたい名言・名セリフです。

まとめ:『鋼の錬金術師』の名言・名セリフでよりアニメや漫画を楽しもう!

今回は『鋼の錬金術師』で心に刺さる名言ランキングを10選ご紹介しました。

少年マンガというファンタジーの中にリアリティがあるこの作品の中には、観る側の心を動かし勇気づける名言が多くありました。

等価交換という残酷なルールの世界でもあきらめず立ち向かうキャラクター達の姿は私たちの背中を押してくれます。

原作はもちろん、アニメ2作品や実写劇場版など『鋼の錬金術師』に触れる方法はたくさんありますので、ぜひ気になったものからチェックしてみてください。