【英語付】映画『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフのランキング20選一覧まとめ

本記事にはプロモーションを含みます。
このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

ジョニー・デップが主演を務めたとしても話題となった映画、『チャーリーとチョコレート工場』。

子どもが一度は夢に見る、お菓子の国のようなチョコレート工場。

子どもが観ても大人が見てもワクワクできるでしょう。

そして『チャーリーとチョコレート工場』の名言はたくさんの大切なことに気づかせてくれます。

最も注目されている部分として、『家族』というテーマがあるでしょう。

子どもが楽しめるお菓子の工場の物語であるにもかかわらず、家族は大切なものだと再確認させてくれる物語といえるでしょう。

この記事からわかること

  1. 『チャーリーとチョコレート工場』での名言・名セリフ
  2. 『チャーリーとチョコレート工場』での名言・名セリフは誰が発したものなのか
  3. 『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフはどのような状況で発されたものなのか

またライターがおすすめする名言・名セリフも3つ紹介しています。

日本語と英語で紹介していますのでぜひ照らし合わせながらチェックしてみてくださいね。

チャーリー Thank you.ーそうする
ウィリー・ウォンカ Why,I believe they’re going to treat us to a little song.It is a special occasion,of course.ー歌が始まるのさ、今日は久々にお客さんがいるから
ジョージおじいちゃん Holy buckets.ーこりゃたまげた

ここで紹介している3つの名言はチャーリーのどうしても金のチケットを当てたい思い。

それをかなえてやりたいジョージおじいちゃんとの絆が垣間見えるものが2つ。

2人は家族の中でも特に同じ考えを持った同志ともいえるでしょう。

2人が目を合わす場面が何度も出てきますが、会話をせずとも伝わるところに強い絆を感じられます。

そしてウィリー・ウォンカもウンパ・ルンパに対して絶大な信頼をおいていました。

家族ではなくても、心から信頼しあっている様子が伺えます。

最後には父親とも和解しますが、チャーリーの家族がウィリーにとっての本当の家族のような存在になるところも心温まる場面です。

目次

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフのランキング20選とは?

チャーリーとチョコレート工場©公式Facebook

紹介している名言・名セリフの多くは相手を思いやる名言が多いです。

優しいチャーリーはもちろんのこと、チャーリーが優しく育った理由が納得できるような環境も垣間見えます。

いつも様々な角度から助言してくれるおじいちゃんやおばあちゃん。

そして金のチケットを手にした時に、周りに群がる人から守ってくれた店主も注目ポイントです。

『チャーリーとチョコレート工場』は家族とはどのようなものか考えさせられる名言が多い。

ここで紹介している名言・名セリフは家族にまつわる物が多く出てきます。

最初から最後までどんな誘惑よりも家族を第一優先するチャーリー。

またチャーリーと一緒にチョコレート工場にいく子どもたちもさまざまな家庭環境で育っています。

良い悪いの基準はそれぞれ家庭によって異なるのだなと再確認させられるほど、個性の強いメンバーが登場。

家族の良さを感じたことのなかったウィリーが最後はどう変化するのか、最後までチェックしてほしいポイントです。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフのランキング20選の基準

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフの基準はSNSで話題になったもの。

また大切なことに気づかせてくれる場面での名言も紹介しています。

物語の重要な場面での名言・名セリフもあります。

日本語と英語の両方で紹介していますので、照らし合わせながら最後までチェックしてみてくださいね。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフ20選を一覧で紹介

ジョージおじいちゃん I’d give anything in the world just to go in one more time and see what’s become of that amazing factory.ーせめてもう一度あの中に入れたらな、胸がわくわくする不思議な工場だった
ジョージーナおばあちゃん Nothing’s impossible,Charlie.ーこの世に不可能はないわ
チャーリー It’s my candy bar,and I’ll do what I want with it.ーだから僕の好きなようにする
ジョージおじいちゃん Bring it straight back,and we’ll apen it together.ー持って帰ったら一緒に開けよう
ウィリー・ウォンカ Good morning、Starshine.The Earth says hello.ーおはよう、星明かり。地球からこんにちは
ウィリー・ウォンカ And you.Well,you’re just lucky to be here,aren’t you?ー君は運よく来れただけ
チャーリー It’s beautiful.ーすごいや
ウィリー・ウォンカ Of course they’re real people.ーそうとも。ウンパ・ルンパだ。
チャーリー Do you even remember what it was like being a kid?ー子どものころ、覚えてる?
ウィリー・ウォンカ I’m terribly soory.ーホント申し訳ない
チャーリー Can you remember the first candy you ever ate?ー初めてのチョコ覚えてる?
ウィリー・ウォンカ Well…let’s keep on truckin’.ーでは見学を続けよう
チャーリー Candy doesn’t have to have a point.ー理屈抜きで楽しいのがチョコさ
ウィリー・ウォンカ Don’t push my button.ーボタンは押すな!
ウィリー・ウォンカ I had a much,you know,right from the beginning.君じゃないかと思ってた
ウィリー・ウォンカ I’m gonna give this little boy my entire factory.ー工場をそっくり彼に譲る
チャーリー Then I’m not going.I wouldn’t give up my family for anything.ーじゃあ行かない、家族は一番大事だもん
チャーリー Usually they’re just trying to protect you, because they love you.ー愛しているから心配なのさ
ウィリー・ウォンカの父 Do you have an appointment?ー予約は?
ウィリー・ウォンカの I think you’re onto something,though,Charlie.ー君の言う通りだった

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその1.「I’d give anything in the world just to go in one more time and see what’s become of that amazing factory.ーせめてもう一度あの中に入れたらな、胸がわくわくする不思議な工場だった」

チャーリーの家族©公式Facebook

チャーリーは貧しいながらも家族と楽しく暮らしていました。

そんな中チャーリーの楽しみは、父親がたまに持って帰ってくる不良品の歯磨き粉の蓋。

それを沢山つなげ合わせてウィリー・ウォンカのチョコレート工場の模型を作っていました。

以前そこで雇われていたジョーおじいちゃんは、今は謎に包まれているチャーリーにチョコレート工場について話します。

どんなチョコレート工場だったかについて語っているジョーおじいちゃんの名言。

話を聞く中で、見たことのないチョコレート工場に想いを馳せるチャーリーでした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその2.「Nothing’s impossible,Charlie.ーこの世に不可能はないわ」

ジョージおじいちゃん©公式Facebook

チャーリーはチョコレート工場のことをもっと知りたいと思っています。

ですが今のチョコレート工場は出入りを誰かがしている姿もありません。

それどころか、ウィリー・ウォンカの姿を最近は誰も観ていなかったのです。

せいぜい模型で我慢しろとジョージおじいちゃんに言われてしまいます。

そこでこっそりとジョージーナおばあちゃんが、囁いた名言。

この言葉にチャーリーは笑顔を見せるのでした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその3.「It’s my candy bar,and I’ll do what I want with it.ーだから僕の好きなようにする」

チャーリー©公式Facebook

ある日、ウィリー・ウォンカからチョコレート工場に5人の子どもを招待するという案内がでます。

その5人はチョコレートにランダムに入っている金のチケットを手に入れたもの。

世界中からこぞってチョコを買う人が出ました。

チャーリーも挑戦しようとしますが、チャーリーが買えるのは誕生日に1枚だけ。

やっと手に入れた1枚のチョコレートでしたが、中に金のチケットは入っていませんでした。

落ち込むチャーリーだったものの1枚の板チョコを家族みんなで食べようというのです。

ですがチャーリーの誕生日なので1人で食べろと言われたにもかかわらず、チャーリーが言った名言でした。

本当に心の優しい少年だということが感じられる場面でした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその4.「Bring it straight back,and we’ll apen it together.ー持って帰ったら一緒に開けよう」

チャーリーとジョージおじいちゃん©公式Facebook

金のチケットが当たらなかったチャーリーに対してジョーおじいちゃんがある提案をします。

それはジョーおじいちゃんのへそくりを使って1枚チョコレートを買ってこいとの事でした。

チャーリーが楽しみにしていた金のチケットは、ジョーおじいちゃんもまた希望を持っていたものだったのです。

チョコレート代を渡したジョーおじいちゃんがチャーリーに言った名言にチャーリーはまた、嬉しそうな顔をするのでした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその5.「Good morning、Starshine.The Earth says hello.ーおはよう、星明かり。地球からこんにちは」

ウィリー・ウォンカ©公式Facebook

ジョーおじいちゃんからもらったへそくりでも金のチケットを当てることの出来なかったチャーリー。

ですがある日、チャーリーはお金を拾います。

お金を持って一目散にチョコを買いに行ったチャーリー。

そこで金のチケットを手に入れることが出来たのです。

チョコレートには案内の日時が書かれていて、その日時にチャーリーはジョーおじいちゃんとともにチョコレート工場に向かいます。

チョコレート工場に入って、ウィリー・ウォンカが姿を現わしたときの名言。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその6.「And you.Well,you’re just lucky to be here,aren’t you?ー君は運よく来れただけ」

チョコレート工場を見学した人たち©公式Facebook

チャーリーの他に選ばれたのは食いしん坊のオーガスタス。

お金持ちで、どんなものも手に入れたいベルーカ。

そして独自の計算式で金のチケットを当選させたマイク。

どんな場面でも1番を目指すバイオレットと最後に当選したチャーリーでした。

1人だけ選ばれる優秀賞を狙っているため、みんな自己紹介をしてアピールします。

そこでウィリー・ウォンカがチャーリーに対して言った名言でした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその7.「It’s beautiful.ーすごいや」

チョコレート工場を見学した人たち©公式Facebook

チョコレート工場の長い長い入り口を抜けると、そこには異次元が広がっていました。

全てがチョコレートや生クリームでできているのです。

今まで見たことのない景色に訪れた人は全員驚きます。

思わず心の声が漏れたチャーリーの名言。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその8.「Of course they’re real people.ーそうとも。ウンパ・ルンパだ。」

ウンパ・ルンパ©公式Facebook

自由に見学をしている中で、謎に包まれていた働く人を見つけます。

そこで見たことないような、小さな人間たち。

ルンパランドの住人達だと紹介するウィリー・ウォンカの名言です。

ウンパ・ルンパたちはチョコレート工場で全ての業務を行う社員たち。

懸命に働き、冗談が好きなのが特徴でした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその9.「Do you even remember what it was like being a kid?ー子どものころ、覚えてる?」

チョコレート工場©公式Facebook

オーガスタスがチョコレートの中に吸い込まれてしまいいなくなってしまいます。

4人組になった一行は次の場所へ向かいます。

その時、チャーリーがウィリーに質問した名言。

この言葉によってウィリーは忘れていた自分の辛い幼少期を思い出します。

それは司会の父に生まれたため、一切のおかしを食べることを禁止されていたウィリー。

反抗心もあり、ウィリーはチョコにまみれた生活を送ることとなったのです。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその10.「I’m terribly soory.ーホント申し訳ない」

べルーカ©公式Facebook

次にやってきたのは様々な特徴をもつチューイングガムの工場。

そこでガムを噛み続けているバイオレットは制止するにも関わらず、フルコースの味がするガムを食べてしまいます。

それはまだ実験段階のガムで、デザートであるブルーベリーのようになってしまうものだったのです。

ウィリーがブルーベリーのようになってしまったバイオレットに放った名言でした。

バイオレットもまた、応急処置をするため一行から離れ、また1組減ることとなってしまいます。

オーガスタスに続きバイオレットにもウンパ・ルンパが歌をつくり楽しませてくれました。

それはまるで最初から結果が予想されているようでした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその11.「Can you remember the first candy you ever ate?ー初めてのチョコ覚えてる?」

マイク©公式Facebook

様々なお菓子を作るウィリーに対してチャーリーが聞いた名言。

この言葉によってまた、ウィリーは幼少期を思い出します。

ウィリーが初めてチョコレートを食べた時の感動。

そこからウィリーはチョコレートの虜になるのでした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその12.「Well…let’s keep on truckin’.ーでは見学を続けよう」

オーガスタス©公式Facebook

次はナッツの殻を剥いている工場を見学します。

そこではリスが無傷の中身を取り出すため、沢山働いていました。

そこでベルーカはそのリスが欲しいと言い、勝手に工場の中に入っていってしまいます。

リスがベルーカに群がってきてしまい、リスはベルーカのことを不要なものだと判断します。

そしてナッツの殻を捨てる場所にベルーカを入れてしまうのでした。

ここでまた1人見学者が減ってしまうものの、見学を続行しようとするウィリーの名言。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその13.「Candy doesn’t have to have a point.ー理屈抜きで楽しいのがチョコさ」

バイオレットと母親©公式Facebook

チョコレート工場の様々な仕組みに、意味がないというマイク。

それに対して、チャーリーが告げた名言。

この会話を聞いていたウィリーは、微笑ましい顔でチャーリーを見ます。

2人の会話は昔の自分と父親の会話を思い出させる内容だったのです。

父親の元を飛び出してでも始めたチョコレート工場への道。

初心を思い出しているウィリーだったのです。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその14.「Don’t push my button.ーボタンは押すな!」

ウンパ・ルンパ©公式Facebook

次に一行が訪れたのは、テレビの中に手を入れるとおやつが取り出せるという不思議な仕組みを研究する工場。

驚く機会に感動する一行でしたが、マイクが自分自身も転送出来るのではないかといい始めます。

そして、マイクを制止しようとするウィリーの名言。

制止するものの、マイクはいうことを聞かず自分自身が転送装置の中に入ってしまうのでした。

結果、ウンパ・ルンパの様に小さな姿になってしまったマイクだったのです。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその15.「I had a much,you know,right from the beginning.君じゃないかと思ってた」

ウンパ・ルンパ©公式Facebook

マイクもいなくなってしまいウィリーとチャーリー、それからジョージおじいちゃんの3人になってしまいました。

そこでチャーリーだけが残ったことを不思議には思わなかったウィリーの名言。

みんなが欲しがった優勝はチャーリーの手に

そこでまた3人は新たな場所にエレベーターで向かうことになります。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその16.「I’m gonna give this little boy my entire factory.ー工場をそっくり彼に譲る」

ウィリー・ウォンカ©公式Facebook

エレベーターに乗ると外に出るというウィリー。

外に出ること自体初めてだったウィリーも興奮気味です。

3人がチョコレート工場の空から見た景色は、チョコレートまみれのオーガスタス。

紫色でグネグネになってしまったバイオレットにゴミまみれのベルーカ。

そして紙のように薄くなってしまったマイクでした。

3人はその姿を眺めながらエレベーターでチャーリーのもとへ向かうのでした。

家に着いたチャーリーに優勝の商品について話したときの名言でした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその17.「Then I’m not going.I wouldn’t give up my family for anything.ーじゃあ行かない、家族は一番大事だもん」

チョコレート工場©公式Facebook

優勝の商品はチョコレート工場でした。

ですが優勝賞品には深いわけがありました。

それは自分が死んだ音のことを不安に思ったためだったのです。

チョコレート工場の後継者を探すために、5人の子供を招待したというのです。

優勝賞品のことを聞いたチャーリーが真っ先に聞いたのは家族も一緒なのかということ。

ですがチョコレート工場に行けるのはチャーリーのみというのです。

そこでチャーリーがはっきりと言い放った名言。

世界中のチョコよりも、どんなに貧しい生活でも家族といるという生活を手放さないチャーリーでした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその18.「Usually they’re just trying to protect you, because they love you.ー愛しているから心配なのさ」

チョコレート工場を見学した人たち©公式Facebook

チャーリーが決めた決断に対してジョージーナおばあちゃんはこれからいいことがたくさんあるよとチャーリーに告げます。

その言葉の通り、チャーリー家族はそれからどんどん良い方向に向かっていきます。

ですがウィリーは違いました。

なにもかもやる気にならず助言を求めにウィリーのもとに向かいます。

するとウィリーに必要なのは家族だと言います。

何事も邪魔をしてくる家族が嫌だというウィリーにチャーリーが告げた名言でした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその19.「Do you have an appointment?ー予約は?」

ウィリー・ウォンカ©公式Facebook

独りで父親のもとに行く勇気がないウィリーに対してチャーリーは一緒に行こうかと提案します。

一緒に来てもらうことにしたウィリーが実家に向かうと父親が出てきます。

訪ねてきたのはウィリーだとは気づいていないようすの父親の名言。

歯を見てもらうと珍しい小臼歯をみた父親がウィリーだと気づきます。

そこでウィリーは父親と和解するのでした。

『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフその20.「I think you’re onto something,though,Charlie.ー君の言う通りだった」

チャーリー©公式Facebook

そしてチャーリーは工場を受け継ぐことになります。

ですが1つの条件付きで。

それは毎日家族のもとに帰ること。

条件を受け入れたウィリーもチャーリーの家族と仲良くなり、チャーリーの大切にしていたものに気づくのでした。

大切なものに気づいたことをチャーリーに告げた名言。

それはウィリーが感じたことのなかった家族の温かみだったのです。

まとめ:『チャーリーとチョコレート工場』の名言・名セリフで家族について考えるきっかけにしよう

家族について改めて考えることはなかなか少ないものです。

これをきっかけに、離れている家族のことを考えてみるのもよし。

また子どもが観た場合であれば、親はこれだけ子どものことを想っているということも感じられます。

親子で一緒に観るとより楽しく観ることが出来るでしょう。

家族の大切さを考えるきっかけにしてみてくださいね。