冷やしマスクの作り方!自宅にあるマスクで簡単誰でもすぐできる!

マスク

暑い中、マスクが辛いですね。

近頃、色んな種類の夏マスクが販売され始めました。

でも、できれば自宅にあるマスクを活用したい!という方に、簡単にすぐできる冷やしマスクの作り方をご紹介します!

スポンサーリンク 

冷やしマスクの作り方!自宅にあるマスクで簡単誰でもすぐできる!

保冷剤を使ってマスクを冷やす方法です。

まず用意するのは、マスク、保冷剤2個(小さめ)、ハンカチやガーゼ。

ハンカチは小さめが使いやすい。子供用のハンカチがオススメ。
保冷剤が大きいと耳への負担がかかるので、小さめが良いですよ。

ハンカチを4分の1の大きさに広げて、保冷剤を置きます。

ハンカチを二つに折って、保冷剤が落ちない方を下にします。

そして、それをマスクに置きます。

あとは、このまま装着すればOKです。

すごく簡単でしょ?

コツとしては、保冷剤を置くときに、鼻に当たる部分は少し隙間を開けておくことです。

そうすることで、息もしやすく、装着時も安定します。

もし、お子さんの場合やお肌の弱い方は、保冷剤が冷たすぎるとかぶれてしまうこともありますので、ご注意くださいね。そんな時は、保冷剤を包むハンカチを厚めにすることで調節できますよ。

プリーツタイプでも、立体タイプでもできますよ。

フィルターポケット付きマスクに保冷剤を入れる

立体マスクの裏にフィルターを入れるポケットがついているマスクなら、そこに保冷剤をインするだけで使えますね。

もし裏地が付いていなければ、自分で縫い付けても良いですよ。

ポケット付きマスクを作りたい人は、こちらの動画で紹介しています。

【夏用マスクに】保冷剤が入れられる立体マスクの作り方 (無料型紙)涼しいマスク / 冷たいマスク / ポケット付きマスク
・ゴムは二重にするか短くしておくと、保冷剤の重さにも耐えて長持ちします。
・生地は綿やリネン(麻)がオススメ。
型紙はこちらです↓
マスク.png

購入するならこちらのマスク↓

こちらのマスクは、夏にぴったりのリネン素材で、日本製というのも嬉しいマスクですね。

色は4色。

サイズは園児用、小学生用、大人普通、大人大きめと選べて、家族で使うことができますね。

真ん中を縫うと、保冷剤が鼻元へいきにくいのでオススメ

使っている人の口コミ

https://twitter.com/pandaisuki215/status/1261949465344110600?s=20

スポンサーリンク 

冷やしマスクの作り方!自宅にあるマスクで簡単誰でもすぐできる!まとめ

装着した感想は、ひんやりと呼気も冷たくなって気持ちが良いです。

まぁ、保冷剤が溶けてしまったら効果はなくなるのですが…。とはいえ、本当に気持ち良いので一度試してみてくださいね!

また、こちらの記事では、夏マスクの乗り切り方を紹介していますので一緒に読んでいただけたら嬉しいです。

マスクの夏対策を紹介!暑い苦しい夏のマスク生活を乗り切る方法

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました