【映画名言】『マイ・インターン』の名言・名セリフのランキング10選一覧まとめ

本記事にはプロモーションを含みます。
このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

アン・ハサウェイが主演を務め、ロバート・デ・ニーロと共演したとして話題になりました。

また仕事を頑張る活力として観る人も多くいる、公開から6年たった今も多くの人に愛されている映画。

今回は、マイ・インターンで出てくる名言・名セリフをどのような場面で出てくるのかとともに紹介していきたいと思います。

仕事の活力となる名言・名セリフ、または心を揺れ動かす人生を考えるきっかけとなる言葉も多数出てきますので最後までチェックしてみてくださいね。

  1. 『マイ・インターン』で出てくる名言・名セリフ
  2. 『マイ・インターン』の名言・名セリフは誰が発した言葉なのか
  3. 『マイ・インターン』の名言・名セリフはどのような場面で発されている言葉なのか

またライターがおすすめする心動かされる名言・名セリフも3つ紹介します。

ベン You’re never wrong to do the right thing.ー正しい行いは迷わずやれ
ベン You should feel nothing but great about what you’ve done.ー君が作り上げた宝物を他のだれかに渡してほしくない
ベン Someone may come  in with more experience than you,but they’re never gonna know what you know.ー経験豊富な人が来ても君には及ばない

上記3点は、どれもベンとジュールズの最良な関係性が伺える名言・名セリフといえます。

目次

『マイ・インターン』の名言・名セリフのランキング10選とは?

マイ・インターン 名言

『マイ・インターン』の劇中には仕事を頑張ろうと思う言葉も多いです。

またロバート・デ・ニーロ演じるベンによって年を重ねることは素敵なこと。

人のために働くことは素晴らしいことと感じさせてくれる言葉が数多く出てきます。

人生の経験と年を重ねることに不思議と未来が楽しみと思えてくるでしょう。

もう一度仕事にやる気を持ちたい人や奮い立たせたい人、またはどうしてよいか分からなくなった人にヒントを与えてくれる映画です。

年齢を問わず、ぜひ1度は観てほしい映画です。

『マイ・インターン』は努力は簡単に手放してはいけないと思える名言が多い

シニア枠のインターンとして仕事を始めたベンをみているとにどのような人でも意欲があれば、年を重ねていても必要とされるということ。

また何かを始めるのに年齢は関係ないということがとても実感できるでしょう。

年を重ねていて様々な経験をしているからこその助言も出来ます。

またベンが大勢から好かれる理由として地道に真面目に仕事をしていることや人柄が評価され、年齢に関係なく様々な人と交流を深めています。

誰かのための決断よりも自分自身を大切にすること、自分が積み上げてきたものの大切さを再確認させられる映画でもあるでしょう。

『マイ・インターン』の名言・名セリフのランキング10選の基準

ここで紹介している名言・名セリフは人それぞれによって人生で大切なもの。

自分を犠牲にしても守るべきものとは何か考えさせてくれる名言。

または明日からそれぞれの人生の中でを仕事、育児をがんばろうと明るい気持ちになれる名言・名セリフを紹介しています。

また心揺さぶられる名言・名セリフを紹介していますのでぜひ最後までチェックしてくださいね。

『マイ・インターン』の名言・名セリフ10選を一覧で紹介

ジュールズ I love this house.It just looks happy to me.ーこの家が好きなの。幸せの象徴のように感じられるの。
ベン You’re never wrong to do the right thing.ー正しい行いは迷わずやれ
ジュールズ You know, I was thinking we need some awake time together.ー私思ったんだけど、私たちもっと一緒の時間が必要だと思う
ジュールズ I hope you’ll accept my apology and come back to work for me.ー私の謝罪を受け入れて戻ってくれる?
フィオナ And I finally met a man I actually wanna hang out with.ーやっと付き合いたい男性に出会うことができたのよ。
ベン I want it to be good for her.I want her to be happy.ーとにかく彼女に幸せになってほしい
ベン She deserves that. ー彼女は頑張った人だ
ベン You should be able to have a huge career and be who you are without having to accept that.ー君らしく仕事を続けるべきだ、夫の浮気がばちだなて思わずにね。
ベン Someone may come  in with more experience than you,but they’re never gonna know what you know.ー経験豊富な人が来ても君には及ばない
ベン You should feel nothing but great about what you’ve done.ー君が作り上げた宝物を他のだれかに渡してほしくない

『マイ・インターン』の名言・名セリフその1.「I love this house.It just looks happy to me.この家が好きなの。幸せの象徴のように感じられるの。」

ベンとペイジュ©公式Facebook

ここでは仕事を頑張りながらも家族を大切にしているジュールズが大切にしている自宅に帰宅したときの名言。

どれだけ一生懸命仕事をしていても家族との時間を大切にしようとしているジュールズだからこその名言でしょう。

仕事をやめて家庭に入ってくれた旦那に対して多少の罪悪感を感じるものの、感謝して仕事をしているジュールズ。

ジュールズにとって自宅は心を休められる場所ともいえるほど大切な場所という表現として受け取ることもできます。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその2.「You’re never wrong to do the right thing.正しい行いは迷わずやれ」

ベンとジュールズ©公式Facebook

この言葉はベンが一生懸命フェイスブックを登録しようとしてジュールズに手伝ってもらっている場面での名セリフ。

フェイスブックを登録する中でパーソナルな自己紹介で好きな言葉として紹介しています。

その言葉通り、ベンは正しいと思うことは誰に何と言われようとやり続けます。

毎日のルーティーンも古いと言われていも続けていることがのちに認められるきっかけとなってくるでしょう。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその3.「You know, I was thinking we need some awake time together.私思ったんだけど、私たちもっと一緒の時間が必要だと思う」

ジュールズ©公式Facebook

夫婦関係がうまくいってないと感じているジュールズがどうにか夫婦関係を修復しようと試みる名セリフ。

一見なんともないセリフに思えますが、同じような悩みを抱えている夫婦関係の人であれば大きな一歩を踏み出していると感じる言葉でしょう。

うまくいっていないことを嘆くことは簡単だが、その原因を修復しようとしていることは誰にもできることではないのです。

大切な人との関係を修復したいと考えている人にとっては、心打たれる場面であることでしょう。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその4.「I hope you’ll accept my apology and come back to work for me.私の謝罪を受け入れて戻ってくれる?」

ジュールズとベン©公式Facebook

ここではジュールズがベンに心開く前にベンの異動を頼んでいたため、思わぬ異動になってしまったことをベンに謝罪する場面での名セリフ。

上に立つ人はなかなか素直に自分の間違いを認めることが難しいが、ジュールズは素直に謝りベンが必要だと伝えるシーンです。

ベンは快く謝罪を受け入れ、元の直属のインターンに戻ることを了承します。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその5.「And I finally met a man I actually wanna hang out with.やっと付き合いたい男性に出会うことができたのよ。」

フィオナとベン©公式Facebook

会社のマッサージ師として働くフィオナとベンが心通わせる場面での名セリフ。

フィオナに対して好感を持っていたベン。

そこでフィオナもベンに対して好感を持っていることが分かる場面といえるでしょう。

よいパートナーになれるかも観る時の気になるポイントになります。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその6.「I want it to be good for her.I want her to be happy.とにかく彼女には幸せになってほしい。」

ベンとジュールズ©公式Facebook

マットの浮気を見つけてしまったベンは直接マットに言及しないもののどうにか分かってほしいベンの名セリフ。

ジュールズがどれだけ仕事を頑張っているか、その合間にも家族を大切にしているか知っているのでもっと大切にしてほしいと思ったことでしょう。

マットの苦労も分かるものの、やはり大切な人を裏切ってはいけないと分かってほしい場面といえます。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその7.「She deserves that. 彼女は頑張った人だ」

ジュールズと会社の仲間©公式Facebook

ここでもマットにジュールズの苦労を知ってもらおうと伝えようとするベンの名言。

少しずつマットにも反応に変化が見えてくる場面です。

果たしてベンの気持ち、ジュールズの気持ちはマットに届いて夫婦関係は修復できるのでしょうか。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその8.「You should be able to have a huge career and be who you are without having to accept that.君らしく仕事を続けるべきだ、夫の浮気がばちだなて思わずにね。」

ベン©公式Facebook

夫婦の時間をとるためにCEOを受け入れようとするジュールズ。

マットの浮気のために今までとは異なった方法で仕事をしようとするジュールズに対してのベンの気持ちともいえるでしょう。

夫婦関係が修復不可と考えているベンでもあるが、ジュールズは修復が可能だと考えています。

マットの浮気1つで夢を諦めないでほしいと伝えるベンの名セリフといえるでしょう。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその9.「Someone may come  in with more experience than you,but they’re never gonna know what you know.経験豊富な人が来ても君には及ばない」

ベン©公式Facebook

経験豊富でさまざまな助言をすることのできるベンであったが、そのようなベンが感心するほど努力の塊ともいえるジュールズには勝る人はいないと伝えるベン。

そんな頼りにしているベンに褒められるジュールズは本当に努力の人でしょう。

『マイ・インターン』の名言・名セリフその10.「You should feel nothing but great about what you’ve done.君が作り上げた宝物を他のだれかに渡してほしくない」

ベンとジュールズ©公式Facebook

一度はCEOを受け入れる決意をしたものの、やはり受け入れず自分の力で行いと考えたジュールズだが後押ししてほしくてベンのもとへと向かいます。

同じことを考えていたベンは間違っていないとジュールズに伝え、そして努力して積み上げたものを誰かに渡すなと伝えるときの名言。

それまでは諭すようなベンでしたがこの時ばかりは切にジュールズの幸せを願っているようでした。

あくまでの友人として助言しているベンですがジュールズにとっては最良の友人といえるでしょう。

まとめ:「マイ・インターン」の名言・名セリフからやる気をもらおう。

毎日の仕事がうまくいかないと感じた時にやる気をなくしてやりたくないなと思うこともありますよね。

そんな時に『マイ・インターン』を観ることによって仕事をするときの活力になるでしょう。

また積み上げてきたものを犠牲にしても守るものがあるのかなど考えさせられることがたくさんあります。

仕事だけではなく生きていると様々な悩みが出てきますよね。

そのようなときに、また明日も少しがんばってみようかなと思わせてくれるすてきな映画といえるでしょう。

仕事をしている人、していない人に限らず沢山のひとに観てほしい映画です。