【映画名言】『シュレック』の名言・名セリフのランキング15選一覧まとめ【英語翻訳あり】

『シュレック』は、2001年に公開された映画で、原作は1990年にウイリアム・スタイグが発表した絵本『みにくいシュレック』です。

2001年、史上初のアカデミー長編アニメ映画賞を受賞。

さらに、英国映画テレビ芸術アカデミーから6つの賞にノミネートされ、脚色賞を受賞しています。

ストーリーは、主人公のシュレックが、ファークアード卿によって追放され、自分の沼地にやって来たおとぎ話のキャラクターたちを元の住処へ戻すために、相棒となるロバのドンキーと冒険に出る物語です。

この記事を読むと、この作品の『名言・名セリフ』がよく分かります。

また、それらの言葉が持つ意味や背景も理解でき、より深く作品を楽しむことができるでしょう。

ライターが何度も繰り返して作品を鑑賞し、厳選した『名言・名セリフ』15個。

ぜひ、これから紹介する『名言・名セリフ』に注目して、作品をご覧ください。

  1. 『シュレック』の名言・名セリフが分かる
  2. 名言・名セリフの意味と背景が分かる
  3. 名言・名セリフから推測できる作品のテーマが分かる

ここで作品『シュレック』の中から、3つの名言・名セリフを紹介します。

日本語だけではなく、英語訳もつけておりますので、ぜひ英語の勉強にもご活用ください。

英語で理解することで、日本語訳とのニュアンスの違いも分かり、より深く作品を理解できることでしょう。

魔法の鏡 「では、恋の花咲くお見合いタイム。男日照りなプリンセス達のーまずはプロフィール・チェック!」

So, just sit back and relax, my lord, because it’s time for you to meet today’s eligible bachelorettes. And here they are!

ドンキー 「ワォ!デッかい歯!白くてピカピカ!ドラゴンも歯が命ってこと?ホントに歯のお手入れ行き届いてるね。ミントの香りがフレッシュ!それに君は・・・女の子でしょ?決まってるよね。どう見たって女の子。全身から女の魅力があふれ出てる!」

Oh, what large teeth you have. I mean, white, sparkling teeth. I know you probably hear this all the time from you food, but you must bleach or something, ‘cause that is one dazzling smile you got there. Do I detect a hint of minty freshness? And you know what else? You’re…You’re a girl dragon! Sure. I mean, of course you’re a girl dragon. ‘Cause you’re just reeking of feminine beauty.

ドンキー 「チョイ待ち。そう焦るなって・・・オレそういう深い関係は心の準備ができていなくて・・・サイズ的にも不安だ。分かるでしょ?ちょっと!もうセクハラ!何すんの?待って冷静に手順踏もうよ。まず友達として。ペンフレンドはどう?絵葉書をもらうの大好き!本当は君とゆっくり・・・大事な尻尾に触るな!」

Slow down. Slow down, baby, please. I believe it’s healthy to get to know someone over a long period of time. Just call me old-fashioned. I don’t want to rush into a physical relationship. I’m not emotionally ready for a commitment of this magnitude, really, is the word I’m looking for. Magnitude. Hey, that is unwanted physical contact. Hey, what are you doing? Okay, okay. Let’s just back up a little and take this one step at a time. We really should get to know each other first as friends, or maybe even as a pen pals. ‘Cause  I’m on the road a lot, but I just love receving cards…Hey you know, I’d really love to stay, but …Hey, hey, don’t do that! That’s my tail! That’s my personal tail.

これらの言葉は、ストーリーのなかで見られるユニークなセリフ。

愛嬌のあるキャラクターの愉快な性格が見てとれるシーンです。

これから紹介する15個の『名言・名セリフ』と共に頭の隅に置いていただき、鑑賞いただければ幸いです。

目次

『シュレック』の名言・名セリフのランキングの15選とは?

シュレック©DreamWorks Pictures

『シュレック』の名言・名セリフのランキングの15選とは、ストーリーの中で一貫しているテーマに関する言葉を集めたものです。

『シュレック』は”自尊心”や”思いやり”の大切さを教えてくれます。

何気なく思える言葉でも、実は重みを持ったものがあり見逃すことができません。

ぜひ、ひとつひとつの言葉にご注目ください。

『シュレック』は”自尊心”と”思いやり”を表現した名言が多い

シュレック©DreamWorks Pictures

この作品では、”自尊心”と”思いやり”の表現が多く登場する特徴があります。

主人公のシュレックはもちろんのこと、他のキャラクターにも見える特徴です。

”自尊心”とは、自分はかけがえのない存在であると思う心情のことやプライドのことを言います。

そして、”思いやり”とは、他人の気持ちに配慮し、相手の気持ちを注意深く考え、接することです。

『言葉』に注目して作品を見ていくと、自分自身のプライドや相手の身になって考え、気遣いをしたりする言葉が多いことに気が付くことでしょう。

主人公シュレックをはじめとしたキャラクターたちの言葉に注目してご覧ください。

『シュレック』の名言・名セリフのランキング15選の基準

シュレック©DreamWorks Pictures

『シュレック』の名言・名セリフのランキング15選の基準は、作品のテーマに挙げられる”自尊心”と”思いやり”の大切さを表している言葉を元にしています。

この作品には”自尊心”や”思いやり”に関する表現が何度も登場します。

『名言・名セリフ』に注目しながら鑑賞すると、そのことに自然と気が付くことでしょう。

その”自尊心”と”思いやり”のセリフの中から厳選して選ばさせていただきました。

『シュレック』の名言・名セリフ15選を一覧で紹介

シュレック©DreamWorks Pictures
シュレック 「いいか。おしゃべりロバ。オレ様をよ~く見ろ!違う!泣く子も黙る怪物だ」

Listen, little donkey. Take a look at me. What am I ? – No! I’m an ogre.

シュレック 「怪物にだってプライバシーはあるんだ!出てけ!」

I’m a terrifying ogre! What do I have to do get a little privacy ?

シュレック 「皆よく聞け。おとぎ話のキャラたち!ここに住む事は出来ない!お前たちは招かれざる客なんだ。オレがそのファークアードに掛け合ってーお前らを元の場所に返してやる」

Attention, all fairy tale things. do not get comfortable. Your welcome is officially worn out. In fact, I’m gonna see this guy Farquaad right now, and get you all of my land and back where you came from!

シュレック 「オレがそばにいて心の支えになってやる。一歩一歩、慎重に歩きゃ何てことないさ」

Come on, Donkey. I’m right here beside ya, okay? For emotional support, we’ll just tackle this thing together one little baby step at a time.

シュレック 「よく渡ったな。お見事」

That’ll do, donkey. That’ll do.

ドンキー 「シュレックと?シュレックが”運命の人”?シュレックが”運命の人”」

With Shrek? You think …Wait. Wait. Wait a second. You think the Shrek is your true love?

シュレック 「物事見かけだけで判断してはいけない」

You know, Donkey, sometimes things are more than they appear.

シュレック 「オレは避けていない。世間がオレを避けるんだよ。オレを見ると”助けて!逃げろ” ”デカくて醜い怪物だ”って。オレのことを知りもせず…独りのほうがいい」

Look, I’m not the one with the problem, okay? It’s the world that seems to have a problem with me. People take one look at me and go, “Help! Run!” ” A big , stupid , ugly ogre!” They judge me before they even know me. That’s why I’m better off alone.

ドンキー 「オレは”デカくて醜い怪物だ”なんて思ってない」

You know what? When we met, I didn’t think you was just a big, stupid, ugly ogre.

ドンキー 「友達だからさ。友達は許し合う」

Because that’s what friends do! They forgive each other!

シュレック 「悪かった。オレはやっぱデカくて醜い怪物だ。許してくれる?」

I’m sorry, I guess I am just a big, stupid, ugly ogre.

シュレック 「仲直りだ」

Hey, that’s what friends are for, right?

ドンキー 「”意思あるところに道あり!”任せなって」

Never fear, for where there’s a will, there’s a way, and I have a way.

シュレック 「ホントにホント」

Really, really.

シュレック 「とても美しいよ」

But you are beautiful.

『シュレック』の名言・名セリフその1「いいか。おしゃべりロバ。オレ様をよ~く見ろ!違う!泣く子も黙る怪物だ」

シュレック©DreamWorks Pictures

シュレック:「いいか。おしゃべりロバ。オレ様をよ~く見ろ!違う!泣く子も黙る怪物だ」

Listen, little donkey. Take a look at me. What am I ? – No! I’m an ogre.

このセリフは、シュレックとドンキーが出会って間もないときにシュレックが言う言葉です。

自分は今までみんなから怖がれてきた恐ろしい怪物なのに、なんでこのロバは自分のあとをついてくるのか、シュレックが困惑している様子が伺えます。

その一方、ドンキーはこのシュレックの言葉に、「デカい」と一言だけ答え怖がる様子はありませんでした。

全く怖がっていない様子で、逆に頼もしい味方ができて喜んでいるドンキー様子が伺えて、微笑ましいシーンです。

また、このシーンからは、長年にわたり周囲のものに恐れられてきた、シュレックの悩みが見てとれます。

『シュレック』の名言・名セリフその2「怪物にだってプライバシーはあるんだ!出てけ!」

シュレック©DreamWorks Pictures

シュレック:「怪物にだってプライバシーはあるんだ!出てけ!」

I’m a terrifying ogre! What do I have to do get a little privacy ?

ドンキーを泊めた夜、シュレックの家のある沼地にたくさんのおとぎの話に出てくるキャラクターが入り込み、彼のプライバシーを侵害します。

この言葉は、彼らを追い出すときにシュレックが口にしたセリフです。

ここでシュレックは「I’m a terrifying ogre! 」(オレは恐ろしい怪物だぞ!)と言っています。

この言葉からも、シュレックが自分自身のことをどのように思っているのかよく分かりますね。

『シュレック』の名言・名セリフその3「皆よく聞け。おとぎ話のキャラたち!ここに住む事は出来ない!お前たちは招かれざる客なんだ。オレがそのファークアードに掛け合ってーお前らを元の場所に返してやる」

シュレックとドンキー©DreamWorks Pictures

シュレック:「皆よく聞け。おとぎ話のキャラたち!ここに住む事は出来ない!お前たちは招かれざる客なんだ。オレがそのファークアードに掛け合ってーお前らを元の場所に返してやる」

Attention, all fairy tale things. do not get comfortable. Your welcome is officially worn out. In fact, I’m gonna see this guy Farquaad right now, and get you all of my land and back where you came from!

おとぎ話のキャラクターたちにずっと自分の沼地にいられたらたまったもんではないと思い、シュレックは話をつけにファークアード卿のところへ行くと宣言します。

その道案内役にはドンキーを選び連れていくことになりました。

そのドンキーは「冒険に出発だ!」とワクワクウキウキしてる様子。

誰から頼まれたわけでもなく、自ら交渉しに行くと宣言して行動にうつす、シュレックの男気が感じられるシーンです。

『シュレック』の名言・名セリフその4「オレがそばにいて心の支えになってやる。一歩一歩、慎重に歩きゃ何てことないさ」

ドンキー©DreamWorks Pictures

シュレック:「オレがそばにいて心の支えになってやる。一歩一歩、慎重に歩きゃ何てことないさ」

Come on, Donkey. I’m right here beside ya, okay? For emotional support, we’ll just tackle this thing together one little baby step at a time.

フィオナ姫が閉じ込められているお城にかかる橋の下は溶岩が流れる恐ろしい場所。

橋の下を見て怖くなり前へ進めないドンキー。

そんな怯えるドンキーの不安を取り除きたいシュレックがドンキーにかけた優しい”思いやり”のある言葉です。

シュレックが醜くて、恐ろしい怪物だなんて、このシーンを見て言えるひとはいるでしょうか。

いざというときに、その人の真の姿が見えてきますね。

『シュレック』の名言・名セリフその5「よく渡ったな。お見事」

シュレックとドンキー©DreamWorks Pictures

シュレック:「よく渡ったな。お見事」

That’ll do, donkey. That’ll do.

溶岩が真下を流れていて渡るには恐ろしい一本橋。

この一本橋を、荒っぽい方法ではあるがシュレックの導きで無事に渡りきったときに、シュレックがドンキーの顔を撫でながら優しく掛けた言葉です。

このシーンからも、シュレックの”思いやり”のある優しさが見て取れますね。

『シュレック』の名言・名セリフその6「シュレックと?シュレックが”運命の人”?シュレックが”運命の人”」

シュレックとドンキー、フィオナ姫©DreamWorks Pictures

ドンキー:「シュレックと?シュレックが”運命の人”?シュレックが”運命の人”」

With Shrek? You think …Wait. Wait. Wait a second. You think the Shrek is your true love?

助け出されたフィオナ姫は、勇敢な騎士がプリンセスを救出し、その”運命の人”とキスをする話をします。

だから、自分を助け出してくれたシュレックが”運命の人”だというのです。

この話を聞いて、シュレックとドンキーはとんだ人違いだと答えます。

たしかに助け出しはしたが、その勇敢な騎士は醜い怪物。

フィオナ姫の想像しているものとは違うことを、シュレックとドンキーは腹を抱えて笑うのでした。

フィオナ姫に、被っている兜を取って顔を見せるようにと言われたシュレックは、一瞬戸惑います。

自分の顔を見たら姫がきっと怯えてしまうだろうという恐れと、自分自身が持つ外見のコンプレックスに関する恐れが表れているシーンです。

『シュレック』の名言・名セリフその7「物事見かけだけで判断してはいけない」

シュレックとドンキー©DreamWorks Pictures

シュレック:「物事見かけだけで判断してはいけない」

You know, Donkey, sometimes things are more than they appear.

お城へ戻る前に日が暮れて、一晩夜を外で過ごすことになりました。

シュレックとドンキーは綺麗な夜空を眺めて話を始めます。

この言葉は、夜の星を眺めながら、シュレックがドンキーに伝えるセリフです。

シュレックが言うから、より重みのある言葉ですね。

彼の言う通り「物事見かけだけで判断してはいけない」。

しかし、ひとは物事を見かけだけで判断する。

長年苦しみ、嫌な思いをしてきたシュレックの経験が込められている重要な言葉ですね。

『シュレック』の名言・名セリフその8「オレは避けていない。世間がオレを避けるんだよ。オレを見ると”助けて!逃げろ” ”デカくて醜い怪物だ”って。オレのことを知りもせず…独りのほうがいい」

シュレックとドンキー©DreamWorks Pictures

シュレック:「オレは避けていない。世間がオレを避けるんだよ。オレを見ると”助けて!逃げろ” ”デカくて醜い怪物だ”って。オレのことを知りもせず…独りのほうがいい」

Look, I’m not the one with the problem, okay? It’s the world that seems to have a problem with me. People take one look at me and go, “Help! Run!” ” A big , stupid , ugly ogre!” They judge me before they even know me. That’s why I’m better off alone.

沼地が元に戻ったら、自分の住処を高い壁を作り囲みたいというシュレック。

誰にも近づいてほしくないというシュレックへドンキーがしつこく質問したときに、それに答えたシュレックの言葉です。

「オレは避けていない。世間がオレを避けるんだよ。オレを見ると”助けて!逃げろ” ”デカくて醜い怪物だ”って。オレのことを知りもせず…独りのほうがいい」と、シュレックは感情を爆発させて言います。

心の内に抱えている繊細な悩みをドンキーにいじられ、我慢ならなかったようですね。

長年ずっと嫌な目にあってきたシュレックの心の傷は、計り知れないほど深いものなのでしょう。

『シュレック』の名言・名セリフその9「オレは”デカくて醜い怪物だ”なんて思ってない」

ドンキー©DreamWorks Pictures

ドンキー:「オレは”デカくて醜い怪物だ”なんて思ってない」

You know what? When we met, I didn’t think you was just a big, stupid, ugly ogre.

「オレは避けていない。世間がオレを避けるんだよ。オレを見ると”助けて!逃げろ” ”デカくて醜い怪物だ”って。オレのことを知りもせず…独りのほうがいい」というシュレックの言葉に対して、ドンキーは「分かってる」と答えます。

そして、「オレは”デカくて醜い怪物だ”なんて思ってない」と続けてシュレックへ言葉をかけます。

この言葉はドンキーの本心から出たものであり、シュレックにとったらとても嬉しい言葉だったに違いありません。

シュレックの悩みを聞いて切なくなり、申し訳ない気持ちでドンキーはシュレックへ寄り添います。

ふたりの距離が近くなった、とても気持ちが和むシーンです。

『シュレック』の名言・名セリフその10「友達だからさ。友達は許し合う」

シュレックとドンキー©DreamWorks Pictures

ドンキー:「友達だからさ。友達は許し合う」

Because that’s what friends do! They forgive each other!

「そんならなぜここに戻ってきたんだ」というシュレックの言葉に対する、ドンキーの言葉です。

「友達だからさ。友達は許し合う」

素敵な言葉ですね。

ドンキーはシュレックとの間に、友情を感じるところまで関係を深めていたことが読み取れます。

しかし、この言葉にシュレックは「そうか、それじゃオレもお前を許そう 裏切ったことをな!」と怒りに火が付き、ドンキーを相手にしませんでした。

『シュレック』の名言・名セリフその11「悪かった。オレはやっぱデカくて醜い怪物だ。許してくれる?」

シュレック©DreamWorks Pictures

シュレック:「悪かった。オレはやっぱデカくて醜い怪物だ。許してくれる?」

I’m sorry, I guess I am just a big, stupid, ugly ogre.

「分った 謝るよ 悪かった」とドンキーへ謝るシュレック。

しかし、気持ちがこもっていない為、ドンキーは謝罪を受け入れなかったため、シュレックは、考え直して丁寧に謝ることにしました。

そのときに、丁寧に気持ちを込めてドンキーへ謝るシュレックの言葉です。

ここでも、シュレックは自分自身のことを”デカくて醜い怪物”だと表現します。

シュレックが抱える”デカくて醜い怪物”という呪縛から解き放たれるのは簡単ではなさそうですね。

『シュレック』の名言・名セリフその12「仲直りだ」

ドンキーとフィオナ姫©DreamWorks Pictures

シュレック:「仲直りだ」

Hey, that’s what friends are for, right?

シュレックとドンキーがお互いに歩み寄り、仲直りをします。

ドンキーも快く謝罪を受け入れる、心温まるシーンです。

シュレックはドンキーと旅してきた中で、少しづつ自分の中の何かが変化しつつあることに気付きます。

また同時に、シュレックにとってドンキーは、自分を理解してくれる唯一無二の存在になっていることにも薄々気づいているシーンですね。

『シュレック』の名言・名セリフその13「”意思あるところに道あり!”任せなって」

ドンキーとフィオナ姫©DreamWorks Pictures

ドンキー:「”意思あるところに道あり!”任せなって」

Never fear, for where there’s a will, there’s a way, and I have a way.

フィオナ姫の結婚式に間に合わなくなると焦るシュレックに、ドンキーがかける言葉です。

ドンキーがとても心強く、頼もしく見えるシーンです。

「”意思あるところに道あり!”任せなって」このドンキーの心強さはどこから来るのか、注目してご覧ください。

あっと驚くシーンが待っています。

『シュレック』の名言・名セリフその14「ホントにホント」

フィオナ姫とファークアード卿©DreamWorks Pictures

シュレック:「ホントにホント」

Really, really.

なんとかフィオナ姫の結婚式に間に合ったシュレックは、フィオナ姫に愛を告白します。

「愛してる」とフィオナ姫に伝えると、姫は「本当に?」と質問。

その姫の質問に「ホントにホント」と答えるところは、シュレックらしい表現の仕方で、思わず笑みがこぼれてしまうことでしょう。

とても良い表情をしており、愛嬌のあるシュレックそのままの姿が見て取ることができます。

『シュレック』の名言・名セリフその15「とても美しいよ」

シュレック©DreamWorks Pictures

シュレック:「とても美しいよ」

But you are beautiful.

「でも、ヘンだわ 美しくなるはずなのに」というフィオナ姫の言葉を受けて、シュレックが言ったセリフです。

フィオナ姫は、夕暮れ時がくると体が変化してしまい醜くなってしまう呪いをかけられていました。

それは、誰にも言えない姫の大きな悩みの種。

しかし、そんな姫の姿を見ても「とても美しいよ」と言ってくれたシュレック。

この言葉に姫はどれだけ助けられたことでしょう。

”見かけだけで判断してはいけない”という、シュレックの信念も感じるシーンです。

まとめ:『シュレック』の名言・名セリフから『自尊心と思いやりの素晴らしさ』を教えてもらおう!

シュレック©DreamWorks Pictures

ここまで、映画『シュレック』の中から、15個の名言・名セリフを紹介してきました。

心の残る言葉はあったでしょうか?

『シュレック』は、”自尊心”と”思いやり”の大切さを教えてくれます。

例えば、日頃、無意識で見た目などでひとを判断していませんか?

少なからず無意識でしているひとはそれなりにいるのではないでしょうか?

シュレックのように見た目で判断される苦しみは、自分が逆の立場になったときに初めて、その辛さが分かります。

この作品では、見た目だけで判断される主人公の苦しみが描かれています。

シュレックはどんなに嫌な目に合っても自分らしさを失わない強さを持っており、そのうえ”思いやり”の気持ちも兼ね添えていました。

相棒になるドンキーも”思いやり”があり、とてもハートウォーミングなストーリーになっています。

この世の中、色々と悩むひともいることと思います。

また、大切な何かを忘れてしまっているひとも多いのではないでしょうか?

そのようなひとに是非ともシュレックを見て元気を受け取ってもらいたいです。

あなたらしくそのままの自分を大切にしてほしい”自尊心”と、悩みや苦労を乗り越えたからこそひとに優しくできる”思いやり”の大切さ。

”自尊心”と”思いやり”の大切さは、何かの機会がなければ振り返ることもないことでしょう。

だからこそ、この記事を読んでから、映画『シュレック』をご覧ください。

ひとつひとつの言葉に注目して作品をご覧になり、『”自尊心”と”思いやり”の大切さ』を感じ取っていただけたら、執筆者としてこれ以上ない幸せです。