【英語付き】『テッド(TED)』の名言ランキング15選一覧まとめ【かっこいい名セリフ集】

本記事にはプロモーションを含みます。
このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

可愛いクマのぬいぐるみが、可愛い見た目からは考えられないほど過激なことをする『テッド(TED)』。

テッドとともに幼いころから育ってきたジョンは沢山の時間をテッドと過ごしてきました。

大切な友人であるテッドを取るのか、将来を考える時期に入っている彼女を選ぶのか注目ポイントです。

ここでは人間とクマの喋るぬいぐるみの深い友情を感じられる名言・名セリフを紹介しています。

また、テッドとジョンがともに大切なロリーとの関係を読み取れる名言・名セリフも紹介していますのでチェックしてみてくださいね。

  1. 『テッド(TED)』での名言・名セリフ
  2. 『テッド(TED)』での名言・名セリフは誰が発したものなのか
  3. 『テッド(TED)』の名言。名セリフはどのような状況で発されたものなのか

またここではライターがおすすめする名言・名セリフも紹介してます。

こちらも日本語と英語で紹介していますので15選と合わせてチェックしてみてくださいね。

テッド You’re my best friend,John.ー友達だよ、ジョン
ロリー John,Ineed a man.Not a little boy with a teddy bear.ー大人になって、クマと一緒の子どもは嫌
ロリー I’m so sorry.You did everything you could.ー残念だわ、できることはした

ここで紹介しているのは主な主人公であるテッド、ジョン、ロリーがそれぞれ互いを大切に想っていることが伝わる名言・名セリフとなっています。

ジョンは大切な親友であるテッドと愛するロリー。

テッドもまたジョンが大切なものの、大切な人が愛しているロリーを。

ロリーもはじめはテッドを鬱陶しく感じるものの、最後には特別な存在だと感じるようになります。

この三角関係にも注目してみるとよいです。

目次

『テッド(TED)』の名言・名セリフのランキング15選とは?

テッド©公式Twitter

『テッド(TED)』の名言・名セリフは互いの関係性を整理しようとしている名言・名セリフが多いです。

ですがその他にも自分自身が変わろうとする、強い意志を感じられる名言・名セリフが多くあります。

ロリーのためにテッドとの関係を改めようとするジョン。

ジョンとロリーが仲直りするために自分が消える決断をするテッド。

このように誰かのために自分自身を変えようと努力する様子が多く見て取れるでしょう。

大切な人のために自分を変えようとすることは簡単なことではありません。

その大きな決断をしようとするジョンやテッドに注目してみると心に残る名言があります。

『テッド(TED)』はテッドのいる世界が当たり前に感じる名言が多い

テッドに魂が宿ったと分かったジョンの幼少期、テッドは瞬く間に人気者となります。

その後も有名人のように街を歩けば声をかけられるテッドに、最初は違和感を感じるものの物語が進むごとに違和感なく感じます。

それどころかテッドの周りはいつも人で溢れかえっているほどの人気者。

ロリーがジョンに対してテッドとの関係を改めてほしいのも、テッドを友人として捉えているからこそ。

私たちの世界ではぬいぐるみと人間にこれまでの友情関係が芽生えるとは、考えもつきませんがこの映画では当たり前なのです。

そのため、テッドがいなくなった時には大切な友人がこの世からいなくなってしまったときと同じように感じるでしょう。

実際この世界にユーモアのあるテッドがいたらと考えてしまうような映画の世界観に夢中になってしまうこと間違いなしです。

『テッド(TED)』の名言・名セリフのランキング15選の基準

ここで紹介している名言はSNSで話題となったものや『テッド(TED)』の決め台詞になっているもの。

そして特に強調し、物語の重要な局面を現わす名言・名セリフを紹介しています。

観終わった後に『テッド(TED)』の内容を思い出すような印象的な名言・名セリフもあります

日本語、英語の2つの言語で紹介してますので照らし合わせながら最後までチェックしてみてくださいね。

『テッド(TED)』の名言・名セリフ15選を一覧で紹介

ジョン You know, I wish you could really talk to me.Because then,we could be best friends forever and ever.ーでもさ本当に話せたらいいのに、そしたら永遠の友達になれるよ
ジョンの母親 It’s a Christmas miracle.ークリスマスの奇跡よ
テッド I promise.ー約束するよ
ジョン Four years,we’ve been going out.ー4年の記念日だ、最高の店へ連れていく
ロリー I just wish he would get his life together.Our life.ー考えてほしいの、2人の将来をね
ジョン Ted,you gotta move out.ーテッド、うちを出ろ
ジョン I’m sorry,little guy,but my bear isn’t for sale.See,I’ve had him since Iwas about your age.ー悪いが売り物じゃないんだ、君ぐらいの年齢からずっと友達でね
ロリー To step up and change such a huge part of your life just to make your girlfriend happier…ー成長しようと人生の大きな部分を変えた、恋人のためにね
ジョン Oh,I’m all right.I’m just getting used to things,that’s all.ー大丈夫。ただ慣れないだけさ
ロリー I have given up a huge chunk of my life for you.ー私の大事な時間を返して
テッド Look,the point is,you’re blaming me for something  that you did to your self.ーなんでも人のせいにすんなってことさ
ロリー Listen,John and I may have our problems,but at least he tried.ー少なくとも彼は努力した
ジョン No,look at me,buddy.I promise, you’re going to be okay.ー俺の目を見ろ、絶対に救ってやる
ロリー I wished for may life back.ー私の人生のためよ
ジョン And I want you to know that,after last night I don’t ever want to lose anyone who matters to me ever again.ー二度と大事な人を失いたくない

『テッド(TED)』の名言・名セリフその1.「You know, I wish you could really talk to me.Because then,we could be best friends forever and ever.ーでもさ本当に話せたらいいのに、そしたら永遠の友達になれるよ」

ジョンとテッド©公式Twitter

幼少期のジョンは友達がいませんでした。

どうしても友達が欲しかったジョンは、クマのぬいぐるみが話せる様になることを願います。

クリスマスに心から願ったときの名言。

果たしてこの願いが真実になるとはジョン自身が一番思っていませんでした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその2.「It’s a Christmas miracle.ークリスマスの奇跡よ」

テッド©公式Twitter

クマのぬいぐるみと永遠の友達になりたいと願った次の日、朝目覚めるとジョンは驚きます。

それはクマのぬいぐるみに命が宿っていからでした。

急に話ができるようになっていることに驚きますが。ジョンはすぐに受け入れたのでした。

そして友達が出来たことがうれしかったジョンは、父親と母親にぬいぐるみに命が宿ったことを伝えに行きます。

すると両親は驚きましたが、夢のようだと言った母親の名言でした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその3.「I promise.ー約束するよ」

ジョンとテッド©公式Twitter

やっと友達ができたジョン。

雷が怖いジョンと同じように、テッドもまた雷が怖かったため2人は雷のときは一緒にいると誓いを立てます。

それと同時に、この先ずっと友達でいるという誓いを立てるのでした。

このころは数年後に皮肉の効いたジョークをいうようなクマになるなんて誰も思っていなかったことでしょう。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその4.「Four years,we’ve been going out.ー4年の記念日だ、最高の店へ連れていく」

テッド©公式Twitter

35歳になったジョンの側にもテッドがいました。

4年付き合っている彼女がいるジョンは、4年の記念日に特別なお祝いが必要だと考えます。

プロポーズが必要かとテッドに相談するジョンでしたが、皮肉屋テッドは必要ないと告げます。

ですが特別なお祝いをしたかったジョンは、高いレストランを予約するものの特別なことは必要ないというロリー。

ですがどうしても思い出に残るようなお祝いをしたいジョンがロリーに伝えた名言でした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその5.「I just wish he would get his life together.Our life.ー考えてほしいの、2人の将来をね」

テッド©公式Twitter

ジョンが4年目の記念日について考える一方でロリーもまた、不安に襲われていました。

2人の関係がこの先どうなるか不安になっていたのです。

また、その関係が不安になる原因はいつも一緒にいるテッドの事だったのです。

自分よりも、テッドのほうをいつも優先してしまうジョン。

将来のことを真剣に考えてほしいと思うロリーが同僚に相談した名言でした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその6.「Ted,you gotta move out.ーテッド、うちを出ろ」

テッド©公式Twitter

付き合って4年の記念日を無事に終えたジョンはあることを決意します。

それはロリーの希望でもあった、テッドに家を出てもらうことでした。

悩んだ挙句、決断に至ったジョンがテッドに伝えた名言。

必死にどうにかならないかと、もがくテッドでしたがジョンの決意は固く、テッドも辛い決断をするのでした。

そして困難だと感じながらも、家賃を払うために就職先を探すテッド。

1発OKでスーパーのレジ打ちとして働くことになります。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその7.「I’m sorry,little guy,but my bear isn’t for sale.See,I’ve had him since Iwas about your age.ー悪いが売り物じゃないんだ、君ぐらいの年齢からずっと友達でね」

テッドとジョン©公式Twitter

就職が無事決まり、2人で散歩をしていたジョンとテッド。

するとそこに昔からテッドのファンだと名乗る親子が現れます。

そして、2人にテッドを売ってほしいというのです。

その時にジョンがテッドとの関係を必死に説明する名言。

諦めようとしない親子は、連絡先をジョンに渡しさっていくのでした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその8.「To step up and change such a huge part of your life just to make your girlfriend happier…ー成長しようと人生の大きな部分を変えた、恋人のためにね」

テッドと遊び仲間©公式Twitter

いよいよテッドは一人暮らしを始めることとなります。

寂しい気持ちを押し殺してテッドの家を立ち去るジョン。

テッドもまた、これまでずっと一緒だったジョンと離れることになり寂しさを隠しきれませんでした。

家に戻ったジョンにロリーが感謝する名言。

良いことも悪いことも一緒にしてきたテッドと自分との将来のために離れ、新たな一歩を踏み出したしたジョンに感謝しているようでした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその9.「Oh,I’m all right.I’m just getting used to things,that’s all.ー大丈夫。ただ慣れないだけさ」

テッド©公式Twitter

テッドと離れて生活することとなり、心ここにあらずのジョン。

同僚が心配になり、大丈夫かと声をかけたときのジョンの名言でした。

ロリーのためにテッドと離れることを決断したものの、これでよかったのかと悩むジョン。

そこにテッドから今すぐ来てほしいと電話がかかってきます。

仕事中だったジョンは上司にロリーが怪我をしたと嘘をついてテッドの元に行くのでした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその10.「I have given up a huge chunk of my life for you.ー私の大事な時間を返して」

テッドとジョン©公式Twitter

仕事の上司に度々言い寄られていたロリー。

そんななか上司に誘われたパーティーにジョンと参加することに。

そこでロリーが上司にジョンを紹介するものの、上司は敵意むき出しでした。

ジョンがロリーを誘わないように上司に釘を刺している途中でテッドから電話が入ります。

それは2人の思い出の人がパーティーにいるから今すぐ来いとのことだったのです。

ここでもロリーを置いてジョンはテッドの元へ行ってしまうのでした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその11.「Look,the point is,you’re blaming me for something  that you did to your self.ーなんでも人のせいにすんなってことさ」

テッドのパーティーからすぐに戻ると決めていたジョンでしたが、

テッド©公式Twitter

結局約束も忘れてしまいロリーのことを置き去りにしてしまうのでした。

怒ったロリーはテッドの元にジョンがいると確信し、様子を見に来ます。

ロリーに必死に謝るジョンでしたが、ロリーは別れを告げたのでした。

ロリーとの別れをテッドのせいにしたジョンに対してテッドが言った名言。

テッドはいつも人のせいにしているということをロリーが悩んでいたこともジョンに伝えたテッドでした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその12.「Listen,John and I may have our problems,but at least he tried.ー少なくとも彼は努力した」

ノラ・ジョーンズとテッド©公式Twitter

別れた2人はそれぞれ気持ちが晴れないでいました。

するとロリーの上司が一緒に出掛けようと誘い、ロリーは気分転換のためについていくことにします。

するとそこはノラ・ジョーンズのライブ会場でした。

ノラ・ジョーンズのライブにロリーが上司と行くことを嗅ぎつけたテッドは、ジョンと仲直りをさせるために一肌脱ぎます。

ですが、結果失敗に終わってしまいロリーの上司はテッドのことを批判するのでした。

それについて怒ったロリーが告げた名言。

良い結果で終わらなくても、どうにかしようと行動を起こしたことにロリーは感心していたのでした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその13.「No,look at me,buddy.I promise, you’re going to be okay.ー俺の目を見ろ、絶対に救ってやる」

テッド©公式Twitter

テッドは諦めずどうにかして2人を仲直りさせようとロリーを説得しに行きます。

自分が消えるからどうか仲直りしてほしいと。

テッドのおかげでジョンと仲直りが出来たロリー。

その一方、テッドは以前ファンだと言った親子に誘拐されてしまいます。

助けに来たジョンとロリーは必死に親子と誘拐された、テッドを追いかけます。

ですが、助ける途中で誘拐した犯人がテッドのことを引きちぎってしまうのでした。

魂が抜けそうになっているテッドに対してジョンが告げた名言。

ですがこの後必死にちぎれた部分をロリーと縫い直しますが、ジョンの魂は戻ることはありませんでした。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその14.「I wished for may life back.ー私の人生のためよ」

テッドとリン

テッドの魂が抜けてしまい、悲しみに暮れるジョン。

そのまま眠りについたジョンを見てロリーは決心します。

それはジョンが幼いころにお願いしたように、ロリーもまたテッドに魂が宿るようにお願いすることでした。

次の日の朝、ジョンはもう一度テッドの抜け殻を見て落ち込みます。

するとテッドの目が開き、再び魂が戻ったのです。

自分のために願ってくれたのかと告げるテッドに対してロリーが告げた名言。

『テッド(TED)』の名言・名セリフその15.「And I want you to know that,after last night I don’t ever want to lose anyone who matters to me ever again.ー二度と大事な人を失いたくない」

ロリーとジョンとサム・ジョーンズ©公式Twitter

一度は別れを決めたジョンとロリー。

ジョンはテッドを一度は失いかけたものの、再びテッドを取り戻すように願ってくれたロリーに感謝していました。

自分の大切なものを同じように愛してくれること。

そして一度失ったときの喪失感を再び考えた時、ロリーにいてもたってもいられず告げた名言。

そして結婚しようとロリーにプロポーズします。

ここから再び2人と皮肉の効いたジョークを言うテッドとの生活がまた再スタートするのでした。

まとめ:『テッド(TED)』の名言・名セリフから熱い友情を感じよう。

この映画ではジョンとテッドの深い絆が多く感じられます。

幼いころに友達のいなかったジョンにとって、沢山の時間を共有してきたテッドとの時間はかけがえのないものでした。

ロリーが引き離そうとしてもなかなか離れられないテッドとジョン。

そんな2人に呆れ、一度はジョンの元を離れようとするロリーでしたが最後は2人の熱い友情を受け入れることにします。

それはきっとお互いが大切に想っていて、深い絆で結ばれているからだと感じられるでしょう。

この映画は観終わった後に熱い友情を思い出し、友達に連絡したくなるような映画です。

また、誰かと一緒に観ると盛り上がる映画なので友達と一緒に観るのもおすすめです。