ネタバレ!!魔入りました入間くん15話キリヲの過去が気になる〜

魔入りました入間くん

前回の最後でキリヲの正体が少し判明しましたね!悪魔学校を爆破したい?!気になります。そして、バトラパーティーにサリバン理事長が無事おじいちゃんとして出席できのかも心配なところ。

スポンサーリンク 

キリヲの隠し部屋のネタバレ

1年生向けのバトラパーティーの動画説明を見ている。バトラパーティーとは、バトラに入会した1年生のお披露目会。前夜祭、本祭、後夜祭の3日間。

参加は全学年OKだけど、上級生は実習などで忙しいので、実質は3年生までが活躍するお祭りだという。主役はもちろん1年生。場所は前庭と中央庭。

そして、パフォーマンスの良かったバトラには、豪華特典が!

努力賞:豪華バトラ室。フカフカの高級ソファーセットを備えた上質なお部屋を部室として使える。
スゴイで賞:活動費増額と、欲しい商品何でも一つ贈呈。
特賞:団長のランク2ランクUP。団員も1ランクUP。

やる気満々で盛り上がる1年生たち。入間、アスモデウス、クララも魔具研究師団を盛り上げるべくテンションアップ。魔具研究師団は、ちなみに「ごみバトラ」と呼ばれている。
明日の前夜祭に備えて、各バトラが念入りに準備をし、士気を高めている。しかし、キリヲ先輩は個人的な準備がるといい、姿を表さない。

そのキリヲは、というと、何やら隠し部屋のようなところに一人入っていく。

前話の最後にキリヲの目的が…。キリヲのさらに先輩と結託して、悪魔学校バビルスをぶっ壊す計画。前夜祭の最後、本祭へのカウントダウンのために中央広場に全生徒が集まる。そこを狙うらしい。被害は大きい方が良い。そして、この計画に必要なのは、キリヲの能力とガブコという装置。

一人で明日の企みのための準備しているキリヲのもとに、何も知らない入間が入ってくる。焦るキリヲ。「何してるんですか?」と。しかし、ここは隠しボタンを押さないと入れない隠し部屋。なぜここが分かったのか。

入間がキリヲを探して校舎内をうろついていると、いきなりソロモンの指輪が反応し、すごーいスピードと勢いでこの隠し部屋に引き寄せられたのだ。かなり離れていても反応することが分かった。校舎3つ分ほど離れていたけど反応した。

「ここで何をしていたんですか?」と無邪気な入間の問いに、キリヲは、もちろん明日の計画のことは言わない。大きなカーテンを開けると、中央広場が見渡せる大きな窓があった。それを入間に見せる。そこからは、明日の前夜祭のカウントダウンの時に鳴らされる鐘も見える。

何も知らない入間は、中央広場を歩くカルエゴ とロビン先生の絡みを見て喜んでいる。この窓は特殊ガラスで、外からは絶対に見えない。そして大きな声を出しても聞こえない。

キリヲは「上から見てたら、誰がランクが高くて低いかなんて、ちっとも分からない。みんな同じ。差なんてない。そんな綺麗な世界を無性に見たい」と笑顔で語る。こんなことを話せるのは入間だけだ、と。

突如キリヲの手を持ち、「バトラパーティーで特賞を狙いませんか?!」と持ちかける入間。顔がキラキラ輝いている。「弱小だからこそ、僕らが特賞を取ったら、ハイランクじゃなくてもできるんだと周りに知らせることができる。先輩の野望に近付けます!」と力説する。


(引用:NHK

そして前夜祭当日。

アスモデウスの屋敷。アスモデウスは、執事のダビデに今日から3日間学校から戻らないことを伝える。ダビデが、アスモデウスの母からの伝言を伝える。「明日のパトラパーティーには絶対行くから」とのこと。全力で阻止することを命令するアスモデウス。

入間は。サリバンはまだ取り調べから帰らない。サリバンは人間界の不正渡航の疑いで魔官署の取り調べを受けている。そして、その垂れ込みをしたのは、どうやらキリヲの先輩である。悪魔学校バビルスを破壊するために、サリバンに足止めを食らわせようという魂胆。

オペラは、サリバンのことを散々ボロクソに罵った挙句、「必ず約束を守お方です」と入間に告げる。サリバンは絶対に入間のバトラパーティーを見に行くと約束していたのだ。

つづく

スポンサーリンク 

次回予告「前夜祭」


(引用:NHK

キリヲが語った「野望」。魔力が弱い悪魔も強い悪魔も関係ない、上下関係のない世界――に共感した入間は師団披露(バトラパーティー)で特賞を狙おうと宣言。自分たちが特賞をとれば、ハイランクの悪魔から魔具研究師団、そしてキリヲの努力も注目されるはず…。ついに始まった前夜祭では、屋台や出し物など、お楽しみが盛りだくさん! しかしその裏で、入間たちが準備していた花火の玉がなくなっていて…?

スポンサーリンク 
タイトルとURLをコピーしました